今年も有難うございました ~2018年カレンダー~

早いモンで今年最後のブログ^^

って事で、恒例の今年のカレンダーを♪

表紙

a0155467_16283575.jpg
1月

a0155467_16291049.jpg
2月

a0155467_16293225.jpg
3月

a0155467_16295746.jpg
4月

a0155467_16301853.jpg
5月

a0155467_16304221.jpg
6月

a0155467_16310583.jpg
7月

a0155467_16312661.jpg
8月

a0155467_16314894.jpg
9月

a0155467_16320724.jpg
10月

a0155467_16322793.jpg
11月

a0155467_16325304.jpg
12月

a0155467_16332756.jpg


今年はダイブ本数も少し減ったし、ブログアップの
ペースも落ちちゃった。。。

実は今年は2回ほど、もうこのブログをやめようと
思った事があった。
1回はコメント欄を削除したりして・・・(笑)

何故か気が変わって、何とか2018年も最後まで
来る事ができた。

来年はどーなるか分からないけど、このブログを見て下さった方、
コメントをくれた方、FBなんかで「いいね」を下さった方、
ホントにアリガトウございました。


どうぞ良いお年をお迎え下さい。























by ikechannomp | 2018-12-29 16:48 | その他

保護色? ~フタイロカエルウオ~

ギンポの仲間は総じて可愛い子が多いし、表情を
クルクルと変えて、撮影していても楽しい・・・事が多い。

今日の被写体のフタイロカエルウオだって、そりゃ幼魚は
かなり可愛い(^0^)

成魚だって、そりゃイソギンポ科のはしくれだもん(笑)、
それなりに可愛い。

が、可愛いらしさを引き出しての撮影って、
けっこう難しい。


だって、顔が黒いんだも~~~ん(笑)


って事で、今回も可愛くは撮れていない。。。

なぜ、そんな幼魚ではないフタイロにカメラを向けたのか?
なぜ、可愛く撮れていないのに、ボツにしていないのか?

2番目の「なぜ」は、自分に甘いからだろ!!

との意見もありそうだが、今日のトコロは却下させていただく^^

まずはコレを♪

フタイロカエルウオ

a0155467_17375278.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(18年11月11日 名護湾にて)

確かに表情も可愛く撮れていないんだけど、それはさておき、
フタイロカエルウオって、なぜもこうも


ハッキリとしたツートンカラー

なのだろうか!?


そりゃ、上半身が黒いのは分かる。

海の中には、周りが黒かったり、黒くはないんだけど、
陰になって暗い場所がどっさりある。

全身黒の方が、外敵から身を守るのにも、都合がよさそうに
思える。

ただノンダイバーさんは以外に思うかもしれぬが、
海の中にはこうした黄色いカイメンがけっこうある。


黒かったり暗い場所に下半身を、

黄色いカイメンに上半身を置けば、

完璧な保護色である(笑)

それが正しいかどーかは、まったく知らないが、
こうした黄色いカイメンに身を置く、フタイロを
撮らずにはいられなかったのである^^

ま、一応「きょとん」とした表情のフタイロを♪

ツートンケロ

a0155467_17571411.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年11月11日 名護湾にて)









by ikechannomp | 2018-12-26 18:04 | 沖縄 名護

冬の被写体!? ~ハシナガウバウオ~

ここ数年池ちゃんのダイビングポイントは、ざ~~~っくり言うと、

 春 砂辺・真栄田
 夏 真栄田
 秋 真栄田・砂辺
 冬 北部(主に名護湾)

こんな感じである。

12/31と場合によっては1/1に、ウッチーのお店で
水納島や瀬底島で潜る以外は、ほぼ100%
上記のポイントで潜っている。

沖縄に住んでいるくせに、


バリエーションの少なさよ~(>_<)


そんでもって、ハシナガウバウオって真栄田や砂辺では
見掛ける機会が少ない。

つまり、1年中普通にアチコチで見られるハズの
ハシナガウバウオは、池ちゃん的には冬の被写体なのである(笑)

もう少し潜るポイントを増やしたいなとは思うんだけど、
コンパス読めないくせにソロセルフで潜ってる池ちゃんには、
新しいポイントの開拓がなかなか難しいのだ(>_<)

おそらく来年もほぼ同じポイントに潜って、
やっぱり冬場にこのハシナガウバウオを撮っているような
気がする(笑)

ハシナガウバウオ

a0155467_17152561.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年11月11日 名護湾にて)

このクネクネ泳ぎやがるハシナガを、f2.8で仕留めるのは
なかなか大変なのだ。。。

この1枚目は、写真右側の明るいバックのトコで
撮りたかったのだが、そこそこピンが来てたのはコレだけだった(>_<)

ハシナガウバウオその2

a0155467_17273579.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年11月11日 名護湾にて)

薄いオレンジのコケムシと絡めて撮りたかったんだけどね・・・。

2枚目、3枚目でクネクネ感だけは出てるよね(笑)

クネクネ

a0155467_17303541.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年11月11日 名護湾にて)









by ikechannomp | 2018-12-22 17:35 | 沖縄 名護

どーしても拘りたい ~ヒレグロスズメダイ幼魚~

前回のブログは、砂辺でな~~~んも見つけられなくて、
結局アオギハゼくらいしか撮らなかっったっていうお話。。。

んで、今日のブログはその翌週(11/11)の石切りでのお話。

その砂辺のトラウマじゃないけど、何かスズメダイの
幼魚に飢えていた(笑)

そりゃ砂辺にだって、スズメダイ各種色々いますよ!!
ただこの時期、スズメの幼魚が見つからないのだ。

そこへいくと、石切り辺りだとスズメのチビがいない事もない^^

フタスジリュウキュウに、シコクスズメダイ、前々回にこのブログに
出たササスズメダイなんかのチビも見られるし、人気のマルスズメダイの
チビも3個体見つけた。


居るには居るが、まぁ普通種だ(笑)


いくらこの時期のスズメのチビが少ないとは言え、池ちゃんとしては、


どーーーしてもバックには拘りたい!!


別にケヤリだ、ポリプだっていうバックをいつも
求めている訳ではない。
ただ普通種のスズメのチビが、たいした事のない背景に
いたら、やはりスルーをせざるを得ない。。。

という事で、今回は何とかキレイに撮れそーな
バックのトコにいたヒレグロちゃんだ♪

ヒレグロスズメダイ幼魚

a0155467_18273720.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年11月11日 名護湾にて)

まぁ言っても、この程度のバックだけどね(笑)

でも、この程度のバックでも、ちょっとヒレグロが
いい位置に動いてくれれば、ある程度の絵は作れそうな
場所であった♪

ヒレグロスズメダイ幼魚その2

a0155467_18280089.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年11月11日 名護湾にて)

バックの黒い部分と、尻ビレが破れちゃってるのがねぇ。。。

できるだけ背景に黒いトコがないような状況と、
尻ビレの破れが気にならないようなアングルで♪

チビニャンコの目

a0155467_18282728.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年11月11日 名護湾にて)

こうやって見ると、たかがヒレグロスズメダイだけど、
なかなかどうして、可愛いよね(^0^)












by ikechannomp | 2018-12-16 18:15 | 沖縄 名護

罰当たりな ~アオギハゼ~

あ~~ぁ、やっぱコレをアップしなくっちゃいけない
時がやってきてしまった。


「なら、アップしなきゃいいじゃん」

そのとーりなんだけどね。。。

まぁ、その、色々反省の意味を込めてさ^^

この日の1本目は砂辺のNO.1っていうポイント。

1本目は池ちゃんダイビング歴では、過去最少の
シャッター枚数となってしまった。


何とシャッター枚数1枚!!


一応69分潜ってたんだけど、撮りたいと思うモノが
何も見つけられず。。。
やっとシャッターを切ったのが、3cmくらいの小さな小さな
クロユリハゼ♪
ただ、ストロボ一発で、引っ込んじゃって、あとは
待てど暮らせど出てこない(>_<)

んで、2本目は砂辺NO.2に。

2本目は、この際被写体は何でもいいから、
とにかく絵作りに徹しようと^^

という事で撮ったのがコレ(笑)

アオギハゼ

a0155467_17313100.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年11月4日 砂辺にて)

キレイにヒレをそこそこ開いてるのに、
そこをボカしちゃうのが池ちゃん(笑)

アオギハゼその2

a0155467_17340694.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年11月4日 砂辺にて)

どーでもいいことだが、このアングルで池ちゃんが
アオギハゼを撮るのは、実はすっごく珍しいのだ。

3枚目なんか、ピンクでキレイな腹ビレを開いてるのに、

惜しげもなくボカしてる(笑)


溶けゆくアオギ

a0155467_17373900.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年11月4日 砂辺にて)

このブログは言うまでもなく、水中写真のブログなんだけど、
今日に関しては写真の出来はどーでもよい。

問題は、2本目がほぼ終わり、水面に顔を出して、
レギュレーターを口から離した瞬間に、

「あ~、つまんなかった」

と、思わず言ってしまった事。

何と罰当たりな事を言ってしまったのか!!

ホントに反省しています。。。







by ikechannomp | 2018-12-12 18:03 | 沖縄 砂辺

自分らしい1枚 ~ササスズメダイ幼魚~

この日(10/25)もポイントは石切り^^

石切りと言えばハナヒゲウツボで有名なポイントなんだけど、
池ちゃん的にはハナヒゲはチト飽きている。
聞く人によっては、かな~~~りゼイタクな話なんだけど、
飽きているのホントなんでしょうがない。

で、この冬池ちゃんは石切りでの「ウミシダ」
に絡めた写真にハマっている!!

何を今更っていう人もいるだろうけど、石切りには
色々な色のウミシダがあちこちに点在している。

そう色んな色のっていうトコがポイント♪

ふだん潜っている真栄田や砂辺にもウミシダは
そこそこあるのだが、地味~~~なモノがほとんど。。。

やっぱ地味より明るい方がいいよね♪

ササスズメダイ幼魚

a0155467_17434280.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年10月25日 名護湾にて)

水中写真の世界で「シダリスト」と呼ばれている方がいる。

その方の作品と比べれば、池ちゃんのは

周回遅れどころか10周くらい

遅れている感じだ(笑)



また、シダメルっていう言葉も水中写真の世界では
市民権を得ている気がする。

シダメル=ウミシダメルヘンの略

いくつかのブログやFBなんかで、シダメルと呼ばれていて、
それはそれはステキなモノをいくつも見てきた。

残念ながら、池ちゃんのはまだその世界観までは
到達していないようだ。

第一、自分の作品を「メルヘン」呼ばわりするのは
何かこそばゆい(笑)

世界観は違うようだが、チョー珍しい事に

お気に入りが2枚
撮れた(^0^)

黄色と青とスズメの存在感

a0155467_18072640.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f6.3(18年10月25日 名護湾にて)

この2枚目、けっこうなお気に入りだ!!

出す気はないけど、もしフォトコンに出すのなら
この2枚目かもしれぬ(笑)

ただなぁ・・・。

池ちゃんらしい1枚

なら次の3枚目だと思う。

黄色と戯れて

a0155467_18133106.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年10月25日 名護湾にて)
















by ikechannomp | 2018-12-07 18:26 | 沖縄 名護

ある意味レア ~コガネキュウセン幼魚~

この日、石切りでの2本目。

砂地方面を色々探索してたんだけど、コレっていう
被写体に出会えない。。。

行きの時にはスルーしたんだけど、しょうがないんで
帰りにイソギンチャクの前に着底♪

そう、少~~~し育っちゃってる感のあるクマノミ(笑)
2.5cmか3cmくらいだったか、夏の時期ならまず
スルーする大きさである。

ただこの時期だし、何より腹ビレが長い幼魚体型の子
だったのが幸いした。

幼魚体型のクマノミの子はわりと好きなのである。

バシャバシャとシャッターを切る。
こんな感じだ♪

クマノミ幼魚

a0155467_19401729.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年10月11日 名護湾にて)

まぁ、悪いとも思わないけど、 

「ねぇ見て見て!!」


っていう1枚ではナイ事は一目瞭然である(笑)

少し大きくなっちゃってるこの子に対しての愛情の
少なさが表れている。。。

そんな時にそこら辺りをウロチョロしてる
コガネキュウセンのチビを見っけた^^

コガネキュウセンと言えば思い出がある。

もう何年か前になるんだけど、ウッチーのお店で水納島で
潜った時の話だ。

例によって、ウッチーのエキジットサインを無視して
写真を撮り続けてから、ようやくボートへ(笑)

ウッチーから


「何エキジットサインを無視してまで、

 コガネキュウセンなんか撮ってるんですかぁ!!」


と言われたのをよく覚えている。

ウッチーの為に補足しておくと、それくらい水納島には
コガネキュウセンなんざぁ、いっぱい居るのである。

しか~~し、いつも潜ってる砂辺では見た事はないし、
真栄田岬でも覚えているのは1回だけだ。。。

そう、内地の海でも見られるし、水納島にはごっそり居るのに、
真栄田や砂辺で潜ってる池ちゃんにとっては、


コガネキュウセンはある意味

レアな子なのである(^0^)


って事で、幼魚体型のクマノミなんざぁ、ほっといて
コガネキュウセンに♪

コガネキュウセン幼魚

a0155467_19565725.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年10月11日 名護湾にて)

いくらコガネキュウセンが好きだとも、さすがにこの2枚目は
いただけない(>_<)

池ちゃんが真剣に狙ったシチュエーションは、
クマノミが居るイソギンチャクをバックにって事♪

イソギンチャクとレモンイエロー

a0155467_19593707.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(18年10月11日 名護湾にて)


こういう1枚ならウッチーも

許してくれるかな(笑)










by ikechannomp | 2018-12-01 20:10 | 沖縄 名護