極々普通のイソギンチャクで ~ハマクマノミ幼魚~

この日の1本目は、砂辺NO.1に入ったんだけど、
その時の事はまざまざと覚えている。


撮りたいと思う被写体に

何一つ出会えない(>_<)


まぁ、今思えばただのワガママだ。
後日実践したんだけど、1年中見られる例えば
クレナイニセスズメだって、その表情に着目すれば
オモシロい絵は撮れるハズだ。
カンザシヤドカリだって、今まで撮ってないバックなんかも
探せばあるハズでだ。

だが、その日はそんな気になれず、カワイイ子や池ちゃん
好みのバックで撮れる子を探して、ただ泳ぎ回っていた。。。


1本目で切ったシャッターの枚数6枚・・・。



カメラの不調とかを除けば、今までで最小枚数である!!

このままじゃ帰れない(笑)
2本目はNO.2にした^^

しょっぱなにチェックしたシライトイソギンチャクには、
まぁまぁな小ささのクマノミの幼魚がいたんで、
1本目の憂さを晴らすようにシャッターを切った(笑)

そこそこの写真は撮れた。
だが、そこそこである。。。
結局全部ボツにした。

1本目もそうだったんだけど、2本目も何かを探して、
いつもと違うコースを泳いでエキジット地点に向かっていった。


あったぁ~~~!!



イソギンチャクのバックの壁(?)が、ほんのりピンク、
ほんのりクリーム色、そしてペアのハマクマが1匹と
1cmくらいの幼魚がいた。

ある意味、サイコーに池チャン好みのシチュエーションである。

白化やなんかで、とってもキレイで美しいイソギンチャクにいる、
クマノミなんかのチビを撮るのはサイコーにテンションがあがる。

だけど、極々普通のイソギンチャクにいるチビを
ふんわり自分らしい絵で撮れた方が嬉しさは大きい!!


ハマクマノミ幼魚

a0155467_10102654.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(18年1月21日 砂辺にて)

サイコーにお気に入りのシチュエーションのくせに
ピン甘だ(汗)

クリーム色を大目に♪

ほんわかチビハマ

a0155467_10155044.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(18年1月21日 砂辺にて)

とりあえずお気に入りの作品だ♪

優しさにつつまれて

a0155467_10204525.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(18年1月21日 砂辺にて)

ただ、残念なお知らせだ。
砂辺と言えば、お花畑とも言われてるソフトコーラルの群生が
広がってるんだけど、何かを探してその広いお花畑を
テキトーに泳いでたら、このシチュエーションのイソギンチャクを
見つけたのである。

もう一度この場所を探し当てる自信は0%である(笑)






















by ikechannomp | 2018-03-17 10:33 | 沖縄 砂辺 | Comments(2)

Commented by ariya-photo at 2018-03-17 10:43
これは、可愛いですね。
でも、もう二度と行けないって....
冬の海でこんな可愛い子に会えるのは、幸せですよ。
数日、連日で潜れると、目が慣れてくるのか、色々見えてきたりするんですがね〜〜
また、こんな子に会えると良いですね。
Commented by ikechannomp at 2018-03-17 10:51
<ariyaさん>
イソギンチャクやメインのクマノミには目がいきますけど、
なかなかイソギンチャクのバックにって、気が付きませんよね!!
このシチュエーションはウレシカッタなぁ^^

でも、もう一度は見つけられないなぁ(笑)