卑怯である ~ハナビラクマノミ幼魚~

久々にハナビラクマノミの幼魚を撮った・・・。


ウソだよ~~~ん^^


実はけっこう撮ってたんだけど、とにかく思うように
撮れなくて、ボツの山を築いてきたのだ(笑)

比較的よく撮っていて、このブログでも登場回数の
多いのはクマノミとハマクマノミである。

ケースにもよるけど、他のクマノミの仲間より
撮影が簡単な場合が多いのである(笑)

あっ、イヤ、ホントにクマノミとハマクマノミが
好き
っていうのが一番の理由だ!!



ホントだってば~~~(笑)



ま、ハナビラクマノミはクマノミやハマクマノミと
比べて、「目」が小さくてピン薄の開放での撮影では
骨が折れるっていうのは、ホントだ。

池ちゃんが撮りたいハナビラクマノミのイメージは
ざっとこんな感じだ♪

 ・白化しているシライトイソギンチャク
 ・白いイソギンチャクの中で、ほんのり桜色のハナビラ
 ・前ボケを含めたイソギンチャクとのバランス

トーゼンのように、今回も100点満点の絵は撮れていない。。。
撮れてはいないが、今日の3枚目はまぁ合格点をあげても
いいかなって、自分にはすこぶる甘い池ちゃんは思ってる(^0^)


ふん、所詮自己満足だよ~~~ん(笑)


とにかくハナビラの幼魚である。
あっ、幼魚って言っても2cmくらいだったかな、
チト育っちゃってる(笑)

1枚目はすこぶる普通かも♪

ハナビラクマノミ幼魚

a0155467_14573869.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f6.3(17年9月10日 真栄田にて)

2枚目はちょっとだけそれなりの雰囲気が・・・♪

ハナビラの正面

a0155467_15024657.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f6.3(17年9月10日 真栄田にて)

あっ、ホントはね、f2.8で撮りたかったんだけど、
白化してるシライトイソギンチャクって、f2.8だと
思いっきり白飛びしまくりで、どーにもこーにも
ならなかったんだよねぇ。。。

んで、今日の自己満♪

ほんのり

a0155467_15050118.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f6.3(17年9月10日 真栄田にて)

さらにレベルの低い写真を先にあげて、それより
ちょっとはマシだから合格でしょっていうアップの仕方!!


卑怯である(笑)













# by ikechannomp | 2017-10-21 15:18 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(2)

不完全燃焼 イロブダイ幼魚

大好きなスズメダイの幼魚は、この時期になるとすくすく
育っちゃって(笑)、可愛いチビッ子を見つけるのはなかなか
大変である。。。

ただ、この時期には人気のミナミハコフグの幼魚なんかとの
出会いも楽しいし、ベラのチビッ子やコショウダイの仲間
なんかのイサキ科のチビ助なんかもお目に掛かれる^^

この日は砂辺でイロブダイの幼魚に突き刺さってた!!

イロブダイの幼魚は、どーしても撮ってみたい『絵』
があるのだ^^
その『絵』をイメージしてから、初めてのイロブダイの幼魚
との出会いである。


燃えた~~~!!


と書きたいトコだが、不完全燃焼に終わってしまった(>_<)

そのイメージはけっして簡単ではないだろうけど、
粘れば何とかなると思ってた。。。


何ともなら~~~ん(涙)


イメージしてた絵はまったくもって、全然撮れなかった・・・。

だけどね。。。

多分フォト派ダイバー(特にマクロ派)から最も人気のナイ魚の一つが、
ブダイ科の仲間であろう(笑)
そんなブダイの仲間の中で、唯一マクロ派からの人気を
得ている
のが、このイロブダイの幼魚である!!

そこそこの被写体力はあるのだ^^


って、「そこそこ」かい!!(笑)


イロブダイ幼魚

a0155467_18495009.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(17年9月9日 真栄田にて)

池ちゃんの場合、被写体力ももちろん大切なんだけど、
それ以上に(?)バックとの兼ね合いを大切にしている。

・・・

つもりだ(笑)

同じように「くるりん」としてるけど、次の2枚目の
雰囲気の方明るくてが好きだ♪

くるりん

a0155467_18542491.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(17年9月9日 真栄田にて)


いつの日か、絶対にイメージの絵を撮るぞー!!











# by ikechannomp | 2017-10-18 19:02 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

現在位置 ~チゴベニハゼ~

あ~あ、割と最近書いたような気がする。。。


 『砂辺のチゴベニハゼは1年中やたらめったら居る。
  こんだけ居ると、ホントによっぽどのバックじゃないと
  カメラを向ける事はない。』


約1か月前のブログに書いていた・・・。


カメラを向けてしまった。。。

撮ってしまった。。。

そして今ブログアップしようとしている!



自分でハードルをあげてしまった(笑)


そこまでのバックではないかもしれない。。。
が、チゴベニの赤と、ほんのちょっとの
淡い緑の取り合わせがいいなと思った^^


ただ、この「取り合わせがいいなと思った」
っていうのが、池ちゃんの撮影のセンスの一つだと思う。


そのセンスがいいとか悪いとかではナイ!!


センスっていうのは、人様のステキな作品をたくさん
見たり、経験によって磨かれていくモノだとも思っている。

今現在の池ちゃんのセンスを表現してるのが、
今日のチゴベニの1枚目かもしれぬ。


さらに自分でハードルあげている!?


緑・チゴベニ

a0155467_11283779.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(17年9月9日 真栄田にて)

ちなみにコレが最初に撮った1枚で、この後
もう少し寄って撮ったりしていた。
すると、緑が薄くなっていっちゃった。。。

チゴベニハゼ2枚目

a0155467_11335620.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(17年9月9日 真栄田にて)

チゴベニハゼ3枚目

a0155467_11344149.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(17年9月9日 真栄田にて)

2枚目はピンも甘いし、論外なんだけど、
今現在の池ちゃんは、3枚目ではなく1枚目をチョイス
したいんだよね。

この辺が池ちゃんの現在位置かな^^








# by ikechannomp | 2017-10-15 11:43 | 沖縄 砂辺 | Comments(2)

一挙両得!? ヤイトギンポ

この日(9/9)は、多分6月初旬以来の砂辺♪

久々のチーズケーキ根で、サイコロ大のミナミハコフグの
幼魚を見っけ^^

そこそこ粘ったんだけど、なかなかどうしてシャイな子で、
シャッターは数枚しか切らせてもらえなかった。。。
ちなみに、全部ボツ(泣)

で、他に突き刺さるような被写体も見つけられず、
しゃ~ない、ミヤコキセンでも撮るかっていう気に^^

砂辺の棚上、水深2mくらいで、ミヤコキセンの幼魚と
格闘していたんだけど、イマイチ気分が乗らない。。。


ふと、ヒナヤイトギンポと目が合った(笑)


ミヤコキセンは今日はどー足掻いても、今までも撮ったような
写真しか撮れそうもない気がしたんで、ターゲットは自然と
ヒナギンポヤイトギンポへ^^

よく見ると、直径1mの半円くらいの範囲に
4~5匹のヒナギンポヤイトギンポがいるではないかぁ~~~!!

ヒナギンポヤイトギンポが居て当然な水深なんだけど、恥ずかしながら
いっぺんにこんなにヒナギンポヤイトギンポを見たのは初めてだった^^

まずはちょこんと♪

ヒナギンポヤイトギンポ

a0155467_17002838.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(17年9月9日 真栄田にて)

水深2mの浅場で体が揺すられよーが、相手は動きの
少ないギンポである。
とーぜん、f2.8以外の選択肢はナイ(笑)

もーちょい体を出してる子を♪

ヒナギンポヤイトギンポその2

a0155467_17035317.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(17年9月9日 真栄田にて)

けっこう巣穴から出ている子もいた♪

ヒナギンポヤイトギンポの全身

a0155467_17071817.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(17年9月9日 真栄田にて)

ヒナギンポヤイトギンポが巣穴から出て、全身を見せてくれるのは、
珍しいっていう事ではない!!
でも池ちゃんのイメージでは巣穴からちょこんと顔を
出しているのを見掛ける方が多かった。

だから全身の写真を撮りたいっていう気持ちもあるんだけど、
個人的にはヒナギンポヤイトギンポとかは、全身よりも顔だけの方が
可愛い絵が撮れると思ってる^^



そこでだ!!
全身が出てるんだけど、正面方向から顔だけ~^^


うるうるお目々

a0155467_17144612.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(17年9月9日 真栄田にて)


一挙両得(^0^)











# by ikechannomp | 2017-10-12 17:24 | 沖縄 砂辺 | Comments(6)

ただただ美しくて ~ハマクマノミ幼魚~

今日は白化についてちょっと。。。

去年の真栄田のサンゴの白化は

凄まじかった!


あの光景と、潜っていて胸が締め付けられるような
あの気持ちはヘタしたら一生忘れないかもしれない。

できればあんな光景は2度と見たくないんだけど、
地球温暖化ってヤツはどんどん進んでるみたいだしね。。。

ところで今年の白化の状況である。

真栄田のサンゴの白化に関しては、パッと見
去年の1割くらいかなっていう感じで、去年を除いた
例年通りっていう気がする。
イソギンチャクに関しては、そこそこ白化してるかなぁっていう
感じで、去年よりは少ないけど、例年よりは白いのが
目立つ気もする。

言うまでもなく、あくまでも池ちゃんのパッと見の
感想だからね、コレは(笑)

砂辺は去年より確実にサンゴも

イソギンチャクも

白化してる個体が多い(>_<)


去年の砂辺は、真栄田があれだけ白化していて、
水温も真栄田とほぼ一緒だったのに、白化がほとんど
見られなかったのだ^^

サンゴやイソギンチャクの白化は、高水温により
褐虫藻が逃げ出す事が一因とされている。
だけど、去年と今年の真栄田や砂辺を見ていると、
水温だけじゃない、他の何かも要因のような気がする。

分からない事だらけだ。。。

もう一つ、イソギンチャクは白化では死なない
聞いていて、このブログにも何回かその旨を書いてきた。

が、去年の真栄田で、シライトイソギンチャクが白化して、
そのまま死んじゃったのを目の当たりにした(>_<)

コレはけっこうショックだった。。。

このイソギンチャクはちょくちょくチェックしていた
イソギンチャクで、産卵中のクマノミを2回ほど
見てきたモノだった。

でもショックとか言いつつ、今年も白化イソギンチャクで
クマノミとかを撮っている(笑)

白化でイソギンチャクが死んじゃったのは、確かに
ショックなんだけど、かと言って自分にできる事も
分からない。

ただただ、白化した

イソギンチャクが美しくて、

そこにいた2本ラインのハマクマがより引き立っていたのだった♪

白化イソギンチャクとハマクマ幼魚

a0155467_23012421.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f7.1(17年8月26日 真栄田にて)

ホント、不謹慎かもしれないけど、キレイなんだよね。。。

やっぱり開放で♪

白化イソギンチャクとハマクマ開放バージョン

a0155467_23070946.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(17年8月26日 真栄田にて)

2枚目同様、イソギンチャクから飛び出てくる感じで♪

白化に負けない

a0155467_23084757.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f7.1(17年8月26日 真栄田にて)









# by ikechannomp | 2017-10-08 23:18 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(2)