ちょっと「違う」子との出会い ~アオベニハゼ~

アオベニハゼって、特別に珍しい訳でもなんでもないのは、
十分に知っている(笑)

そりゃ、真栄田のオキナワベニハゼとか砂辺のチゴベニハゼ
みたいに、イヤでも目に入ってくるって言うほど、数は多くない。
どっちかっていうと、「探すゾー」っていう感じで
ちょっと真剣に探すと、「見~つけた♪」っていう
感じだ。

そう別に、特別でも何でもない子だ。。。

でも今日のアオベニは、池ちゃんにとっては十分に
特別感があった♪

青の濃ゆい子との、初めての出会い(^0^)

今まで見てきたアオベニはみ~~~んなこんな感じ
a0155467_19454659.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f8(13年1月19日 砂辺にて)

これは2013年に撮った子なんだけど、
こんな感じで、あんまし青くない(>_<)
ただ、他の方のブログなんかでは、鮮やか青っていう子を
目にしたりしてきた。

今回の子は、水中で青さが光ってた(笑)

ま、それは池ちゃんの思い入れってヤツのせいだろう^^

ザ・アオベニハゼ
a0155467_19521315.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f8(16年7月17日 真栄田にて)

皆さん、お気づきだろうか!?
まったく偶然だったんだけど、2013年のアオベニと
今回のこの1枚は、まったく同じ露出で撮られているのだ!

「青」の鮮やかさが全然違ってるでしょ♪

こういう鮮やかな「青」の子も、開放で撮っちゃうのが
池ちゃんなのだ(笑)

青の濃ゆいアオベニ
a0155467_19515414.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年7月17日 真栄田にて)

こういう、ちょっと違うの子との出会いも楽しいのだ^^










by ikechannomp | 2016-09-30 20:06 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(8)

この取り合わせはいいぞー!! ~クマノミ若魚~

今日のブログは、自分でもよく分からない
不確かな事を書く事になりそーな気がする。
読まれる方は、話半分にしておいた方がよさそうだ(笑)

クマノミには『幼魚体型』っていうのがある。

すべてのクマノミの幼魚がそうだとは限らないんだけど、
妙に腹ビレが長いヤツだ。
他の地域のブログなんかを見てると、腹ビレが長い=幼魚っていう
訳でもないような気もする。

ただここ沖縄の海でのクマノミは、「腹ビレが長い=幼魚」
というパターンがほとんどだ。
もう一度書くけど、「幼魚=腹ビレが長い」ではない!!
分かりづらいかな。。。

繰り返す(笑)

ここ沖縄の海では、すべてのクマノミの幼魚の腹ビレが長い
訳ではない。
が、腹ビレの長いクマノミはほとんどが幼魚である。
って事を言いたいのだ。

しか~し

やっぱ例外がある。

割と小さめのイソギンチャクに、単独で住んでいた
腹ビレの長いタイプのクマノミの幼魚は、
ある程度成長しても腹ビレが長いままな事が多いって事だ。

つまり、幼魚じゃないのに腹ビレが長いクマノミが
やっぱ沖縄にもいるって事だ(笑)

でも池ちゃんは、あくまでも例外なタイプだと思っている!!

とにかく今日は、その例外なタイプが主役だ^^

この子は4cmくらいの大きさだったように覚えてる。
幼魚というステージは終わっていて、若魚っていう感じだ。
普通なら100%スルーだ。

ただ、そこのイソギンチャクはこんな感じだ♪

炎のイソギンチャクと長いヒレ:クマノミ若魚
a0155467_19060884.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f8(16年7月17日 真栄田にて)

この燃えるようなイソギンチャクの色はいいよね!!

でもって、いつもの開放で♪

長~いヒレの開放バージョン
a0155467_19094754.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年7月17日 真栄田にて)

体勢はキツイけど、頑張れば青抜きもできる^^

オレンジイソギンチャクと長いヒレと青抜き
a0155467_19131105.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f5.6(16年7月17日 真栄田にて)

う~ん、我ながらこのイソギンチャクの色と、
妙に長い腹ビレのクマノミの若魚と青抜きの海!!

この取り合わせはいいぞー!!










by ikechannomp | 2016-09-27 19:27 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

お目当てには会えなくても ~ヤシャハゼ~

ふと気が向いて、ハゼゾーンにまで降りてみた。
ちょいと久しぶりである。

お目当てはニシキアナゴ。

やっぱり見つけられない(>_<)

まぁ、そんな事には慣れっこだ!
ちなみにニシキアナゴの空振りは、まだほんの2回目だ!!
そのうちにニシキアナゴもいなくなっちゃう事っだてあり、
会えずじまいで終わる可能性も高いと思ってる。
繰り返すが、そんな事に慣れっこなのだ(笑)

ただ、せっかくハゼゾーンまで降りてきたんで、
とりあえずヤシャハゼのペアにカメラを向けてみた。

そう、ホントにとりあえずだ。

ヤシャとヒレネジのペアとか、ヤシャ3匹とかなら
そりゃちゃんと向き合うけど、たかがヤシャのペア。
飽きる程見てきている。。。

ヤシャのペア
a0155467_14252474.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f7.1(16年7月17日 真栄田にて)

やる気の無さが伝わってきそうな1枚である(笑)

しか~~~~し!!!

少~しアングルを変えると、ヤシャの奥にチンアナゴが
出ていた。
3匹が平面に並ぶ角度じゃなかったんで、奥のチンアナゴは
かなりボケちゃうけど、とりあえず3匹は1枚に収まりそーだ♪

と思ってたら、こんな一瞬が(^0^)

ガオ~
a0155467_14330241.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f7.1(16年7月17日 真栄田にて)

お目当てに会えなくても、ごくまれにだけど、

ステキなシャッターチャンスを

ゲットできる時もあるのだ^^


水中写真はやめられないよねぇ(^0^)





by ikechannomp | 2016-09-24 14:49 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

オヤジがキュンキュンして何が悪い!? ~ミヤケテグリ幼魚~

キュン死しそーーー(^0^)

50過ぎたハゲオヤジのブログとも思えぬ書きだしだ(笑)

おぅ、何とでも言ってもらおうじゃないの!!
こちとら、この子を撮ってる時は、ず~~~っと
キュンキュンしていたんだい!

オヤジがキュンキュンして何が悪い(笑)

今年はミヤケテグリの幼魚の当たり年だ!!

個人的にもそう思ってるし、いくつかのダイビングショップ
さんのブログでも、そういった記事を見た^^

まずはこのブログにはすでに出したけど、
6/4に真栄田で出会った子♪

a0155467_19070827.jpg
この時の子は背ビレとかはゲットできなかった。。。
一瞬背ビレを開いたんだけど、その時の1枚は
笑っちゃうくらいのピンボケ(>_<)

約1カ月後の7/9に♪

ミヤケテグリ幼魚
a0155467_19130079.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年7月9日 真栄田にて)

やっぱ、ヒレ開いてないじゃん(>_<)

いやいや、こんな絵も撮れましたよん♪

ミヤケテグリ幼魚その2
a0155467_19155065.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年7月9日 真栄田にて)

赤~いバックに黒っぽい背ビレもいいねぇ^^

7/17にも別の子と出会えたぁ♪

ミヤケテグリ幼魚その3
a0155467_19185818.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年7月17日 真栄田にて)

さらに7/23にも♪

ミヤケテグリ幼魚その4
a0155467_19205698.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年7月23日 真栄田にて)

背ビレとかは中途半端だけど、ミヤケテグリのお子ちゃまって、
腹ビレも尻ビレもキレイだよね♪

では、7/9の子に戻って♪

キュン死しそー
a0155467_19241845.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年7月9日 真栄田にて)

もう一度言わせてもらおう!!

オヤジがキュンキュンして何が悪い(笑)










by ikechannomp | 2016-09-21 19:31 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(8)

テングカワハギが普通種だった幸せ

今日の被写体はテングカワハギなんだけど、この子を
アップする時って、サンゴの話題と絡めてアップする事が多い。

テングカワハギはサンゴのポリプを食べている訳で、
サンゴがいっぱいあれば、テングカワハギを見る機会も
多くなるって訳だ。

1998年のサンゴ大白化でほとんどのサンゴが
死滅しちゃって、池ちゃんが来沖した当初(2005年)は
沖縄本島でテングカワハギを見るって事はなかった。

それがここ5~6年かな、少しずつテングカワハギを
見る機会が増えてきて、一昨年くらいからは
テングカワハギを見てもスルーするようになってきた。
このブログでも、すっかり普通種に成り下がった

なんて書いた記憶もある(笑)

7/9にこの子を撮ったのは、体長3cmくらいと、
すっごく小さくて可愛い子に出会えたからだ♪

テングカワハギ幼魚
a0155467_08523259.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f5(16年7月9日 真栄田にて)

開放で第一背ビレ、ゲット(^0^)

チビテングの背ビレ
a0155467_08583493.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f2.8(16年7月9日 真栄田にて)

この時期はサンゴの白化は全然気にしていなかった。
多少白いのもあったかもしれないけど、そんなの毎年の
こったし、多少水温が高くてもそのうち台風が来て
適正な水温になるだろうとしか、思ってなかった。。。

が、ヤバイ! ヤバすぎる(>_<)

真栄田の浅場のサンゴは、8割方やられてる。
詳しい事は分からないけど、白化しても2週間くらいで
水温が適正に戻れば復活するらしい。

おそらく真栄田のサンゴは助からないだろうと思ってる。。。

昨日も真栄田だったんだけど、別のサンゴのトコで
7~8cmのテングを撮った。

ここのヘラジカハナヤサイサンゴは、一部だけ普通の色を
してたけど、やっぱし8割くらいは白かった。。。

白化サンゴとテングカワハギ
a0155467_09180959.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f5.6(16年9月17日 真栄田にて)

普通種に成り下がったなんて書いちゃったけど、
来年くらいからはまた姿を見掛けなくなってしまうかもしれない。。。


テングカワハギを普通に見掛ける事ができるって、

すっごくステキな事だったのだ!!


7/9に見たチビがいたサンゴは、まだ白くなってはいない!!
来年もこのサンゴでテングのチビが見られる事を祈りつつ♪

青い海とチビテング

a0155467_09251908.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f7.1(16年7月9日 真栄田にて)





by ikechannomp | 2016-09-18 09:34 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

いまだに撮ってる!! ~クロメガネスズメダイ幼魚~

「こんだけ潜っていて、まだニセネッタイスズメダイとか
 クロメガネスズメダイを撮ってるのがスゴイですね^^」

去年だっかか一昨年に、ウッチーから言われた一言である。

一応言っておくけど、けっして呆れて言った一言だったり、
嫌味の一言ではないハズだ!!
ウッチーをご存じの方なら分かると思うけど、ウッチーは
嫌味を言ったりするような人物ではない。

ただ、池ちゃんと潜る時は往々にして、ガイドを
しないだけ
である(笑)

池ちゃんは平気で嫌味を言うような人物なのだ(汗)

それはいいとして、今日はクロメガネスズメダイだ♪
チョー普通種と言っていいだろう。。。
しかもバックは、このブログでよ~~~く出てくるアレである^^

どう考えても、ありがちな絵になりそーだ・・・。

でもなぁ。。。
やっぱスルーできないんだよね^^

ちょこっとアクビな黒メガネ:クロメガネスズメダイ幼魚
a0155467_20030165.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f8(16年7月9日 真栄田にて)

さらに、やっぱし開放だ(笑)

パープルな黒メガネ
a0155467_20314524.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年7月9日 真栄田にて)



by ikechannomp | 2016-09-15 20:35 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)

1200本潜って3回目!! ~スミレヤッコ幼魚~

チョウチョウウオ科とかキンチャクダイ科の仲間って
ほとんど撮っていない。
沖縄に来てもうすぐ丸11年になるんだけど、
そういった仲間を撮ったのは、記憶にある限り
今回で3回だけだ!!

ざっくり1200本くらい潜って、3回だ(笑)

まぁ、全く撮ってないと言ってもいいだろう。

逆に言うと、よく今回撮ったなぁって
思うわざるを得ない(笑)


まぁホントを言うと、今日のスミレヤッコの幼魚は
ここ2年くらい、たまには撮りたいなって思っていた子なのだ。

真栄田のツバメの根の壁には、割と大きな穴(?)があって、
そこに入っていくと、スミレヤッコの何匹かは見られる。

が、シャイだ(>_<)

すぐに隠れちゃう。。。
こっちもいつでも会えるっていう気があるから、
粘ったりはしない。
ずるずると撮らずにここまできてしまった(笑)

今回もベニハゼの仲間かなんかを探しに、穴に入っていたら、
例によってスミレがいた。

今日は撮ってやろうっていう気になっちゃった^^

んで、水中ライトではなく、魚を刺激しないと言われてる
赤い光を当てて、とりあえず1枚ゲット!!

前回のブログの最後の1枚のタイトルが
「赤・青・黄色のインパクト」っていうモンだったけど、
たまたま今回もこんなタイトルになった♪

黄色と青に赤を添えて:スミレヤッコ幼魚
a0155467_21354384.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f5.6(16年7月9日 真栄田にて)

う~ん、普通にいる子だけど、

やっぱキレイで可愛いぞー!!





by ikechannomp | 2016-09-12 21:41 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)

リベンジできる幸せ ~ヤマブキスズメダイ幼魚~

今日は、ちょっと前に書いた「リベンジバージョン」
一応の完結編だ^^

ここまでの経緯をさらっとおさらいしておこう♪

まずは6/19にこんな絵を撮った。

a0155467_19210596.jpg
全く悪くはナイんだけど、このナガサキスズメダイの
幼魚は、このヤギの根元辺りにずっといて、
青抜きとかの絵が撮れなかった。。。

リベンジその1は、7/3に多分同じ子を
もっとヤギの先端の方で撮って、青抜き写真をゲット!!

a0155467_19263579.jpg
でも、青抜きの青とナガサキの体色の関係で
何かイマイチだった。
で、同じく7/3にナガサキからターゲットを
ナミスズメダイの幼魚に変更♪

a0155467_19285092.jpg
ここまでが、これまでの経緯♪

んで、リベンジその2^^

やっぱし、このヤギの前で黄色い子と言えば
このヤマブキでしょう(^0^)


ヤマブキスズメダイ幼魚
a0155467_19334791.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f5.6(16年7月9日 真栄田にて)

去年もこんな感じの絵をここで撮ったけど、
今年はより小さくて可愛い時期に撮れた^^

リベンジなんていう言葉が適切かどうかは
ちょっと疑問だけど、毎週のように潜りに行って、
撮り直しにチャレンジできる海が身近にあるっていうのも
幸せな事だと思う♪

それに毎年こういう可愛い子を、こんなステキなシチュエーションで
撮れるって、やっぱ幸せな事だなぁ~って思わずにはいられない!!

赤・青・黄色のインパクト
a0155467_19445142.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f6.3(16年7月9日 真栄田にて)









by ikechannomp | 2016-09-09 19:49 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

たかがアサド、されどアサド ~アサドスズメダイ幼魚~

沖縄の海には可愛いスズメダイがわんさかといる♪

スズメダイ好きな池ちゃんとしては有り難いこった^^

っていうか、可愛いスズメに囲まれて潜ってるうちに
スズメダイ好きになっていったっていうのが正解だろう。

ただ、当然だが全てのスズメダイが
カワイイという訳にはいかない。。。
やっぱし、地味系っていう子だっている。
今日のアサドスズメダイも地味系な方だと言える。

ま、幼魚はちっとはマシだ(笑)

ただ、その幼魚も数が多すぎる!!
ちっとはマシなくらいでは、『誰も相手にしないだろ』
っていうくらい、いっぱいいる(笑)
人様のブログやFBを見ていても、このアサドスズメダイを
メインに撮りましたぁ~っていう記事は、めったにお目に掛らない。

今日はメインだ(^0^)

まずは普通に開放で♪

アサドスズメダイ幼魚
a0155467_18022158.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年7月3日 真栄田にて)

よく見ると、まだ背骨が透けて見えてるね^^

最初にこの1枚を撮ってたら、ほんの少し移動してくれた。
そこのバックはこんな感じ♪

華やかなアサドのチビ
a0155467_18085514.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/200秒・f2.8(16年7月3日 真栄田にて)

このあいだ、1500本ダイブのあとウッチーと飲んでる時に、
ちょっと自慢しちゃったんだよなぁ(>_<)

『このバックでアサドを撮るか』っていうのを
撮ったからって。。。

やっぱ、自慢なんてするモンじゃないね(笑)

パステル・アサド
a0155467_18121665.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/200秒・f2.8(16年7月3日 真栄田にて)

ま、自慢する程の絵じゃないけど、

たかがアサド、されどアサド!!

って感じかな(笑)

う~ん、タグにパステルが入ったのは、
ちょっと久し振りかも(笑)






by ikechannomp | 2016-09-06 18:20 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

どこが黄金なん? ~オウゴンニジギンポ幼魚~

魚の名前って、「なるほど~」って思うのもあれば、
「何で~~~~」って突っ込みたくなるのもある。

あ、ここで言う名前って、標準和名っていうヤツね^^

世界共通の名前としては『学名』っていうのがある。
確か『学名』ってラテン語だったハズだ。

水中写真では「フィコカリスシムランス」なんていう名前は
わりとよく出てくる^^
ここ数年ダイバーに人気の甲殻類で、まだ標準和名が
付いていない。
通称名とかじゃなくて、普通に学名で呼ばれている、
ちょっと珍しいパターンかもしれない^^
このブログでも、普通にフィコカリスシムランスとして
登場している。

池ちゃんのブログなのに・・・
ラテン語だって・・・(笑)


話がドンドンずれていってる^^
今日言いたいのは、標準和名だ!!

そんでもって、今日の被写体はオウゴンニジギンポ♪

砂辺や真栄田で潜ったら、100%見掛ける子だ。
1本たりとも見ないで潜った事はナイだろう(笑)

こんだけいるから、めったに撮る事はないんだけど、
いいトコににいたんで、久し振りに撮ってみた^^
ホントを言うと、別の被写体を撮っていたんだけど、
同じ場所でうろちょろしてたから撮ったのだ(笑)
(別の被写体はこの次のブログで~^^)

で、この子を撮ってる間、ずっと思ってた。

どこが黄金なん?

淡~いオウゴン:オウゴンニジギンポ幼魚
a0155467_14374983.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/200秒・f2.8(16年7月3日 真栄田にて)





by ikechannomp | 2016-09-03 14:42 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)