上手く言えないけど ~クロメガネスズメダイ幼魚~

何とな~~~く好きなシチュエーション♪

そう何か上手く言えないけど、

好きなモンは
好きなんだっていう感じ(笑)


例えば前回のナガサキスズメダイは、ヤギの白いポリプが
花のように咲いているシチュエーションを撮ったモノだ。
コレなら何となく説明できると思う。

が、今日のシチュエーションはどこが好きなのか、
うまく説明できない。。。

「トゲトゲの先っぽが白くて、何となく流れるような
雰囲気も無くはないようで・・・」


『何を言ってるのかね、君は!!』

って感じだ(笑)

とにかく上手く説明できないけど、好きなのだ♪

クロメガネスズメダイ幼魚シロツマナガウニバージョン
a0155467_17193161.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月19日 真栄田にて)

もう一丁^^

クロメガネスズメダイ幼魚シロツマナガウニバージョンその2

a0155467_17224013.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月19日 真栄田にて)

好きとは言え、小さいモノは親指と人差し指で丸を作った
くらいの大きさのウニである。
そのくらいの大きさのウニの前に来たトコをf2.8で
スズメダイを捉えなければいけないのだ!!

それなりの覚悟を持ってカメラを構えなくっちゃいけないんで、
好きとは言え、たまにしかトライしないのだ。。。
今日のアップの中では、動きもあって次の3枚目が好きかな^^

クロメガネスズメダイ幼魚シロツマナガウニバージョンその3

a0155467_17282294.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月19日 真栄田にて)

完全に蛇足だけど(笑)

何じゃこりゃ~
a0155467_17292652.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月19日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2016-07-30 17:31 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(2)

こういうシチュエーションで ~ナガサキスズメダイ幼魚~

前々回のブログでは「そんじょそこらの子の魅力を」と題して、
沖縄の普通種であるヒレナガスズメダイとクロスズメダイの
それぞれの幼魚をアップした。

今回の子は、その名のとおり「ナガサキスズメダイ」であり、
沖縄はおろか内地の海でもお馴染みの子だ^^
ちなみに「山と渓谷社」の『日本の海水魚』には、「千葉県及び
長崎県以南の南日本に分布」とある。

そんな内地でもお馴染みの子を池ちゃんごときが、
その魅力を云々するのはおこがましいと言う他はない(笑)

もちろん沖縄の普通種にしたって、池ちゃんごときが
云々するのは、片腹痛いとお思いの方もいるだろう。
ま、その辺はほぼ毎週のように真栄田や砂辺で、
ほとんど普通種ばっか撮っている池ちゃんに免じて
大目に見ていただきたい(笑)

で、今日のナガサキだ!
ナガサキスズメダイの魅力を云々ではなくて、
池ちゃんが真栄田でナガサキを撮るなら、
こういうシチュエーションを選ぶ

というトコを見ていただきたい♪

ナガサキスズメダイ幼魚
a0155467_17433589.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f5(16年6月19日 真栄田にて)

ここのヤギにはホントに色々とお世話になってるなぁ(笑)

ちなみにいつもの開放で撮ると♪

ナガサキスズメダイ開放バージョン
a0155467_17495781.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年6月19日 真栄田にて)

この時のこのナガサキのお子ちゃまは、ずっとヤギの根元までしか
出てくれなくて、白いポリプと青抜きみたいな絵は
撮れなかった。。。

んで、7月になって水温も上がってナガサキの警戒心も
いくらか薄らいだのだろうか、後日にこんな絵が撮れた^^

ナガサキと白い花と青い海
a0155467_1755648.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f6.3(16年7月3日 真栄田にて)

コレはコレで十分にステキなシチュエーションなんだけど、
池ちゃん的には次の1枚の方がゴチャゴチャしてなくて好きだな♪

ナガサキと白い花
a0155467_17585227.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f5(16年6月19日 真栄田にて)

う~ん、悪くナイ(^0^)

by ikechannomp | 2016-07-27 18:10 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

よ~~~く見れば ~フィリピンスズメダイ幼魚~

真栄田にも砂辺にも、壁沿いなんかにぐっちゃりいたりする。。。
パッと見は地味かなぁ~。

コレで人気があるハズがない(笑)

でも、しかし、but、・・・

よ~~~く見れば、けっこうキレイだったりする!
ま、逆に言うと、よ~~~く見ないとその
魅力が分からないっていう事でもある(笑)


それにこのフィリピンスズメダイを絵にするには、
池ちゃん的にはいくつかの条件がある。

当然の事だが(?)、まず幼魚に限る!
こりゃ他の多くのスズメにも言える事だ。
それと多くの地味系の被写体に言えるけど、やっぱし
バックには拘りたい!!

あとフィリピン特有の条件としては、体色の青い子
池ちゃんとしては、選びたい!!!

そう、フィリピンの幼魚って、体色の青い子と
黒い子がいる。
7:3くらいで、黒い子の方が多い気がする。

という事で、いい感じで撮れそうなトコにいた青い子を見っけ♪

ただねぇ。。。

実はこの子の撮影は
苦手だったりする(>_<)


フィリピンの幼魚って、壁沿いで常に傾いて泳いでいる
イメージがある。
な~んか撮りづらいんだよなぁ。。。

ま、何はともあれ

フィリピンスズメダイ幼魚
a0155467_12251042.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f2.8(16年6月18日 真栄田にて)

もっとカラフルなバックで撮りたかったんだけど、
なかなか思うようなトコに行ってくれなかった。。。
でも、フィリピンの作品ではあまりお目に掛らない
青抜きが撮れた♪

ま、フィリピンスズメダイの作品自体そんなに見ないけどね(笑)

爽やかなフィリピン
a0155467_12344499.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f2.8(16年6月18日 真栄田にて)

尻ビレの縁取りとか、ホントによ~~~く見れば
キレイな子なのだ(^0^)

by ikechannomp | 2016-07-24 12:40 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

珍しいシチュエーションなのに ~ハマクマノミ幼魚~

さて、どこまで続くか分かんないけど、今日のアップから
ず~っと真栄田での作品が続く♪

そう、夏本番だ(^0^)

今年の沖縄地方の梅雨明けは6/16^^
この写真を撮ったのは6/18。
ある意味一番ウキウキしてのダイブかも♪

そんなウキウキ気分で、こんなシチュエーションの
こんな可愛い子を見っけ!!

ハマクマノミ幼魚
a0155467_16511281.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月18日 真栄田にて)

ハマクマの3本ラインは何回も撮ってるし、このブログでも
何回かでてるハズだ。
だから珍しくも何ともナイけど、このイソギンチャクの
小ささ
にはビックリだ!!
パッと見、直径5cmくらいのイソギンチャクだった!!!


ダイブ本数はあと12本で1500本となる池ちゃんだけど、
クマノミが好きで、いまだにしょっちゅうクマノミを撮っている♪
そんな池ちゃん史上、

最小のイソギンチャクだ!!

そんなビックリするくらい小さなイソギンチャクにいた子なのに、
池ちゃんときたら、f2.8でしか撮ってなかった・・・。
シチュエーションが珍しいのなら、それが分かるように
ちったぁ絞って被写界深度を稼げばいいものを(笑)

しょうがないから、1枚目のイソギンチャクに印を付けてみた^^

a0155467_16574486.jpg


住まいも小さかったけど、メインのこの子も
小さくて可愛いかったよ~ん(^0^)

小さい住み家の小さい子
a0155467_17134188.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月18日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2016-07-21 17:15 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)

そんじょそこらの子の魅力を 

今年の10月で沖縄に来て丸11年となる。
つまり丸々10年、沖縄の海に潜っている!!

こりゃぁ、幸せだぁ~(^0^)

沖縄の海のいいトコは、そりゃあいっぱいある!!

昨日・おとといはいつもの通り、真栄田で潜っていたんだけど、
水温は30℃♪
水温が高くて、サンゴの白化が心配になっちゃうくらいだけど、
「寒さ」っていうストレスはナシで潜れる。
基本的に内地の海よりは概ね透明度が良い^^
サンゴもキレイだ!

他にもいっぱいあるんだろうけど、池ちゃん的には
キレイなスズメダイも多いっていう事もウレシイ♪
しかも普通にいる子達もキレイだったりするのだ^^

つまり、ぐるっと見回せば目に付くような、
そんじょそこらにいるスズメの子達が、
キレイだったり可愛かったりするんだな♪


真栄田なら、パステルバックを狙いたいトコだけど、
砂辺なんで、シックに^^

ヒレナガスズメダイ幼魚
a0155467_1503627.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年6月11日 砂辺にて)

気持ち白砂飛ばしに、緑を添えて♪

緑とヒレナガ幼魚
a0155467_1532572.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年6月11日 砂辺にて)

この日はこの子も撮った^^

クロスズメダイ幼魚
a0155467_1553355.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f6.3(16年6月11日 砂辺にて)

よく見ると、気持~~~ち背骨が透けている。
実はこの時は、クロスズメダイのチビが10匹くらいで
群れていた。
その中では一番大きな子を選んで撮ったのだ。
他の子達は1~1.5cmで完全に背骨が透けてるような
子が多かった。

この子は大きさで言うと2cm弱くらいで、
このクロスズメダイのチビの一番可愛い盛りだと思う^^

このクロスズメダイの幼魚は、バック云々もいいんだろうけど、
素直に被写体力で勝負出来る子だ!!

可愛い盛りのクロスズメ
a0155467_15121399.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f6.3(16年6月11日 砂辺にて)

これからも、そんじょそこらにいる子達を
大切に撮っていきたいなって思ってる。


たまにはそんな事も書いたりするのだ^^

by ikechannomp | 2016-07-18 15:20 | 沖縄 砂辺 | Comments(6)

〇〇すぎるに警鐘を鳴らしたが ~カクレクマノミ幼魚~

何回も何回も何回も書いてるし、もうしつこいなって
お思いの方も多いだろうが、池ちゃんは幼魚が好きだ。

ただ小さければいいかっていうと、そーとは言い切れない
とこが難しい(笑)

背骨や内臓が透けて見えるような、幼魚というより
稚魚というステージの子を見る時もある。
池ちゃん的には、稚魚よりは少し成長した幼魚の方が好きだ♪
ただし、成長しすぎちゃうと見向きもしないケースも多い。

ワガママなモンだ(笑)

クマノミの仲間なら1.5cmくらいがベストで、
2.5cmを超えちゃうと基本スルーだ。。。

今回のチビは2匹いたんだけど、

5mmと7mm!!

いや、別に測った訳じゃないけどそんな感じだった。

パッと見、可愛い~(^0^)

もちろん突き刺さったのはいいんだけど、チョー難しい(>_<)
もう、ピンを合わす事しか考えられない。。。
背景もクソもない(笑)

チビチビチビ カクレ:カクレクマノミ幼魚
a0155467_1818209.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f5(16年6月11日 砂辺にて)

ちなみに同じイソギンチャクにいた成魚は
こんな感じだ。

カクレクマノミ
a0155467_18201027.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月11日 砂辺にて)

イソギンチャクの触手との比較や、成魚を参考にしてもらったら、
その小ささが分かってもらえるだろうか!?

んで、一応f2.8にもチャレンジ(笑)

チビチビチビ カクレ開放バージョン
a0155467_18243127.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月11日 砂辺にて)

話はチト変わるが、最近「美しすぎる〇〇」とか
「××すぎる△△」っていう表現がけっこう目に付く。

この表現がやたらと多い事に警鐘を鳴らしたい!

『すぎる』って程キレイじゃないだろ !!

っていうケース、多くない?(笑)

でも、今回のカクレはやっぱ
このタイトルを付けたいのだ♪

幼魚すぎるカクレ
a0155467_1834813.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f5(16年6月11日 砂辺にて)

by ikechannomp | 2016-07-15 18:40 | 沖縄 砂辺 | Comments(6)

そんな当たり前の事を言われても・・・

この時期の海はスズメダイだけじゃなく、とにかくとにかく、
大好きな可愛い幼魚達で溢れかえってる(^0^)

もう楽しくってしょうがない!!

だって、普通にそこらじゅうにいる子達が、可愛いんだもん、
あっという間に時間が過ぎ去っていく^^

ただ可愛いから、楽しいからって注意しなければ
いけない事もある!!

あの子が撮りたい、この子も可愛いってやってると、
結局集中力散漫になっちゃって、どの写真もたいした事が
ないような出来になりがちだ。。。

池ちゃんの場合、被写界深度の浅い開放で撮る事が
ほとんどだし、ある程度腰を落ち着けて集中して撮らないと、
ロクな事にならない。

そう、動きの少ないこの子達であっても、ちゃんと
集中しないとロクな結果にならない。
前回のブログでは『平常心』を、今回のブログでは
『集中力』の大切さを説くのである!!

どう、為になるブログでしょ!!

そんな当たり前の事言われったってねぇ(笑)

とにかくこんな子がそこらじゅうにいる♪

イシガキカエルウオ幼魚
a0155467_1933531.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月4日 真栄田にて)

撮った日は違うけど、こんな子もいっぱいだ♪

ヒトスジギンポ幼魚
a0155467_1939110.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月18日 真栄田にて)

どっちも、ちょこっと頭でっかちで可愛いよね(^0^)

1枚目の子に戻るけど、何かちょこんとアゴを
のっけて休んでるみたい^^

ひと休み
a0155467_19443357.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月4日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2016-07-12 19:46 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

平常心 ~ミヤケテグリ~

以前にもこのブログで書いたけど、池ちゃんのレベルでは
ミヤケテグリなんかを探そうと思って探せるモンじゃない。
たまたまの出会いに期待するしかない。。。

だからこそ、出会えた時の
嬉しさったら!!


もうテンションが上がるどこんの話じゃない。
心臓がバクバクいってる(笑)

ちとオーバーかもしれないけど、まぁそんな感じだ。
っていうのは、個体にもよるのかもしれないけど、ミヤケテグリ
とかって、チョロっ、チョロっていう感じで
あんましじっとしていない。
で、ヘタに追っていくとサンゴの陰かなんかに入って、出てこなく
なっちゃう。。。
そう、そんな実体験が何回かある(>_<)

出会えた喜びで、へんな殺気みたいなモンが出ている
ような気がする(笑)

平常心が大切なのだ!!

たまたまの出会い(^0^)

ミヤケテグリ幼魚
a0155467_22171373.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月4日 真栄田にて)

正直言うと、この子の一番可愛い瞬間って、小さな背ビレを
ぴょんと立てた時だと思ってる。
そんなに頻繁に背ビレを立てる訳ではなく、たまになんだけど、
そりゃもう可愛い!!

今回この子と対峙して、確か2回程背ビレを立てたと
記憶している。

が・・・

1回はシャッターが切れなかった。。。
もう1回は、シャッターは切れたけど完全なピンボケ(>_<)

もう1回言おう!!
大切なのは、そう

平常心(笑)

美白なミヤケ
a0155467_22232624.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年6月4日 真栄田にて)

この2枚目もピンが甘い(>_<)

平常心がぁ~

by ikechannomp | 2016-07-09 00:10 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

可愛くてキレイでウザイ ~オキナワベニハゼ幼魚~

ちょっと前にオキナワベニハゼだと思い込んで、好きな
オオメハゼを2枚しか撮らなかったっていうブログ書いた。

今回はオキベニと認識しつつ、
オキベニを撮ったのだ!!


何を当たり前の事を、赤文字の大きな字で書いているんだって
いう感じだ(笑)

だってこの時期の真栄田って、ウザイくらいオキナワベニハゼが
いるんだモン(笑)

コレはちょっと言い過ぎかもしれない。
でもスズメダイの幼魚好きな池ちゃんからしてみると、
そんな感じなのだ。。。

先日もマルスズメダイのチビッ子を撮っていたんだけど、
1分おきくらいに、オキナワベニハゼがサンゴの下から
ホバリングして出てくる!!

悪い事ではないんだけど、何かうっとおしい。。。

また別の日には、バックがキレイなトコでフィリピンスズメダイの
チビッ子と格闘していた。

(それにしても出てくるの、普通種ばっかだなぁ・・・)


で、一生懸命フィリピンのチビと格闘してると、またまたオキベニが
ホバしてきて、フィリピンを追いやるのだ!!

テリトリーとか色々あるんだろうけど、とにかくこの時期の
オキベニは池ちゃんにとって、ウザイのだ(笑)

そんなオキベニを被写体として選んで撮ったんだもん、
赤い字の大きいので書きたくなるでしょ(笑)

まずは、ごくごく普通にキレイな場所でのオキベニのチビを♪

オキナワベニハゼ幼魚
a0155467_17531137.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年5月28日 真栄田にて)

1.5cmあるかどうかのチビッ子だったと記憶している^^
せっかくのチビッ子なんだけど、もう少し寄った方が、
バックの感じが好きなんで♪

オキベニ幼魚
a0155467_17565939.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年5月28日 真栄田にて)

で、今日の本題♪
ちょこっと珍しいトコにいたチビを発見!!
時間的な流れは、3枚目を一番最初に見つけて撮って、
そんで少しスイッチが入って2・3枚目となったのだ^^

ブツブツオキベニ
a0155467_1805018.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年5月28日 真栄田にて)

可愛いし、キレイなベニハゼなんだけど、
数が多いっていうだけで、ウザイとか言われる君って・・・(笑)

by ikechannomp | 2016-07-06 18:05 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)

箸休めがメインに ~アマミスズメダイ幼魚~

前々回のブログは『楽しい箸休め』と題したものだった。

真栄田のツバメの根に20匹くらいのキンギョハナダイのチビ達が
遊んでいる40cmくらいのサンゴがあって、池ちゃんはそこで
キンギョに何回か突き刺さっていた♪
んで、そのキンギョに交じって、最初はキホシスズメダイの幼魚が、
翌日にはタカサゴスズメダイの幼魚が1匹だけいたんで、
キンギョを撮るのに疲れると、箸休め的に
キホシやタカサゴのチビを撮ったよん
という内容のブログだ。

今日のブログもそのサンゴでの撮影のモノだ♪

だけどこの時は、もうキンギョはほとんど撮らずに
箸休め(?)の被写体しか撮らなかった^^

もはや『箸休め』とは言えない(笑)

そうこの日、『箸休め』からあっぱれメインの被写体に昇格したのは、
1cmちょいくらいのアマミスズメダイのチビだ!!
アマミの出始めの頃ならいざ知らず、アマミが出てから
1ヶ月以上経っているこの時期(5/28)に、このサイズの子は
ちょいと珍しい!!

そろそろ見飽きてるアマミだけど、思わずウレシクなっちゃった♪

チビチビアマミ
a0155467_16502830.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年5月28日 真栄田にて)

お次は、真正面から両目がハッキリ見える構図で、
池ちゃんのアマミの作品としてはちょいと珍しいパターンだ^^

ほんわかチビアマミ
a0155467_1658933.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年5月28日 真栄田にて)

ちなみにだいぶ先になりそうだけど、あと1回は箸休めがメインの
ブログの予定があるのはここだけの話にしておこう(笑)

by ikechannomp | 2016-07-03 17:01 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)