正解です(笑) ~ミヤコキセンスズメダイ幼魚~

今日の被写体のミヤコキセンは、ひょっとしたら
このブログ初登場か、せいぜい1回登場したかどうかって
いうくらいのスズメダイだ(^0^)

いたって普通にいる子なんだけどね(笑)

この秋くらいから、池ちゃんが潜ってるメインポイントは
真栄田から砂辺へと!
正直、真栄田の方が好きなんだけど北風が吹く事の多い
この季節は真栄田はほとんどクローズになっちゃう。。。

で、砂辺のNO.1っていうポイントで潜った時は、
けっこうな確率でこの子に勝負を挑んでいる^^

秋から「けっこうな確率」で勝負に挑んでいて、
今ブログにアップっていう事は、ず~~~っと
負け続けてるんだネと思ったそこのあなた、

正解です(笑)

被写体としては、それほど難易度の高いスズメではないと思う。
すぐに岩陰に隠れちゃうけど、数秒まっていればたいてい出てくる^^

問題はその生活環境だ!

『ネイチャーウォッチングガイドブック スズメダイ』
っていう図鑑には、水深2m程度のな波の荒い岩礁や
サンゴ礁で見られるとある。

ポイントによっては、水深5m以深でも見られるトコも
あるみたいだけど、砂辺や真栄田ではまさに
水深2m程度のトコで見られるのだ!!

ノンダイバーさんにはピンと来ないだろうけど、
その水深での撮影って、かな~~~り大変(>_<)
潮の流れ・うねりで体が揺れて、とにかく体の固定が難しいのだ!!

体を固定させるために、お股でちょっとした岩をがっちり
はさんでの撮影になるんだけど、この子の撮影の後には、
内股がちょっとした筋肉痛になるくらいだ!!

お股の筋肉痛と共に(笑)

ミヤコキセンスズメダイ幼魚
a0155467_1951087.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(16年1月10日 砂辺にて)

でもさぁ、いっくら浅くって撮影が大変だろうとも、
そう何回も勝負に挑んで負ける程かぁ?
って思ったそこのあなた、

これまた正解です(笑)

正直1枚目程度の絵なら、何回かは撮ってきている♪

でも池ちゃんといったらねぇ、

f2.8でしょ^^

そう、体が思いっきり揺れる中で、
f2.8でこのスズメに挑んでいたのだ(^0^)

開放なミヤコキセン
a0155467_19112241.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年1月10日 砂辺にて)

池ちゃんって今どきマニュアルフォーカスで撮ってるんだよね!?
思いっきり体が揺れるような場所でもf2.8で撮るなんて、

チョーどMでしょ!

と思ったそこのあなた、

正解です(笑)

by ikechannomp | 2016-02-28 19:49 | 沖縄 砂辺 | Comments(10)

もっとキレイに、もっと可愛く!! ~カクレクマノミ~

さていつもの水中写真のブログ^^

1/1の2本目のエキジット間近になって、ウッチーが
カククレクマノミをガイドしてくれた♪

合宿の最後がクレカかぁと、ちょこっと悲しい気持ちに
ならないでもなかったけれど(笑)、イソギンチャクが
なかなかどうしてキレイなのだ!!

テンションア~ップ!!

我ながら、簡単なヤツだなぁ(笑)

もちろんウッチーはこのイソギンチャクだからこそ、池ちゃんに
ガイドをしてくれたのだ^^

ただその気持ちに池ちゃんの腕が着いていかなかった。。。

カクレクマノミ
a0155467_1812183.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/100秒・f8(16年1月1日 水納島にて)

水中で見た時はもっとイソギンチャクが
キレイに見えたのにぃ~!!
もっと絞れよ、このクソハゲ!!


っていうのが、今の感想(笑)

今はそんな感想なのに、やっぱし開放で撮っちゃってるクソハゲ(笑)

表情だけはいいよォ~
a0155467_18192021.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(16年1月1日 水納島にて)

よく見ると、表情だけはいい瞬間を切り取れたような気がする。
イソギンチャクの発色なんざぁ、100%無視してるけどネ(笑)

さすがに、このイソギンチャクで開放はナイなと
思った池ちゃんは、また少し絞って撮る事に^^
ただ、絞り方が足らないなぁ。。。

可愛くないカクレ
a0155467_18252896.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(16年1月1日 水納島にて)

2枚目とほぼ同じ構図なのに、
ち~~~っとも可愛くナイ(笑)



ほんのちょっとした角度や目の動きで、
可愛く見えたり不細工に!!
動き回るクマノミのそんな一瞬を狙うのも、水中写真の
楽しみの一つだ^^

あ~ぁ、イソギンチャクはもっとキレイに、
カクレはもっと可愛く撮りたかったなぁ♪

今日の写真で、今回の12/31・1/1と潜った
2015潜り納め&2016潜り始めのモンは終了。
正直今回のウッチーのトコでは1枚も
お気に入りが撮れなかった(>_<)

ヘッタクソだなぁと思わざるを得ない。。。

でも、誕生日ケーキに豪華なおせち料理。
ご一緒させてもらった親方Hさんと、ウッチーとの楽しい飲み会。
2015年ラストダイブでの、ウッチーのガイド放棄。
2016年お初の被写体が、ナカモトっていう贅沢。

楽しかったぁ~~~(^0^)

by ikechannomp | 2016-02-25 18:43 | 沖縄 本部町 | Comments(8)

第24回おきなわマラソン顛末記

っていう事で、きのうは3年連続出場となった

 『おきなわマラソン』

正直今回は完走できる自信がなかった。。。

12~1月に雨が多くて、練習をサボり気味だった。
それに例年なら本番の2ヶ月くらい前に20km走と30km走の
練習を、合わせて3回くらいしてた。
だけど今回は20km走を1回しかやってなかったって事も
大きな不安材料だ。。。

あと回復の兆しが見えてこない五十肩も心配の種だ!
よりによって前日というか当日に、肩と胸の筋肉の痛みで
全然眠れない(>_<)
しょうがないから夜中の3時にもう一度シャワーを。。。
肩とか胸の筋肉を温めると痛みがだいぶ和らぐのだ!!

そんなこんなで、不安だらけだったけど、
とにかくマイペースで、特に下り坂は
意識してゆっくり走る事を心に決めて会場へ。

ちょこっと風は強かったけど、快晴の下スタート♪
a0155467_17463382.jpg


これまでは20km、ヘタすりゃ15kmくらいでヒザに痛みが
出てきちゃってた(>_<)
25kmをちょっと過ぎた当たりにうちのお店があるんだけど、
今年はこの地点でもまだまだ元気♪

a0155467_17513461.jpg


お店をサボって走ってるオーナーなのに、働いてるスタッフに
お願いして撮ってもらっちゃった^^

嘉手納基地へ

a0155467_17533696.jpg


嘉手納基地内に30km地点が。
今年はこの地点でもまだまだ大丈夫!?

a0155467_17543910.jpg


特に下り坂は意識してゆっくり走ってたのが良かったのかもしれない。
ラスト4~5kmはほとんど下り坂なんだけど、やっぱしここで
本格的にヒザに来ちゃった(>_<)
でも歩いたのは一番下り傾斜のキツイ100mくらいだったような・・・。

ヒザの痛みをだましだまし走るのは任せておけ(笑)

ゴールは目前!!

a0155467_18235958.jpg


やったね(^0^)

a0155467_18242528.jpg


a0155467_1843178.jpg


今回は12月のNAHAマラソンに引き続いての出場で、
沖縄のジョガーにはそういう方がたくさんいるけど、
池ちゃんにはちとキツイかな。。。

来年からはおきなわマラソンだけかな^^

by ikechannomp | 2016-02-22 18:45 | 陸上 | Comments(6)

魚は何のために生きるのか?

自分でも今回のブログが、最終的にどっちの方に進んで
いくのか、分かってはいない(笑)
分かってはいないんだけど、今日のブログはまったくもって
らしくない、ちょっと哲学的な話になるのかもしれない
と思っている!

もうだいぶ前になるんだけど、座間味のインザストリームさんで、
「ログ付け」という名の飲み会の時に、こんな会話をした事をハッキリと
覚えている!!
何となく、「魚って何考えてるんだろ?」みたいな話題になって、

 池:
  「な~んも考えていないでしょ(笑)
   ま、しいて挙げれば食べる事と子孫を残すことだけだろね^^」
 
 平井さん(インザストリーム):
  「イヤ、自分の子孫を残す事だけだろ!
   子孫を残すためにエサを食べ、子孫を残すために擬態したり、
   逃げたり、隠れたりするんだろ。全ては自分のDNAを後世に残す
   事が目的だろうな」


正解かどうかなんて事は、単なるアマチュアダイバーである
池ちゃんに分かるハズもないのだが、魚に限らず自然界の
(人間を除く)生物の生きる目的はそこにあるように思える。

鮭なんかが有名だけど、産卵を終えるとその生涯も終わる
っていう生物も、自然界では珍しくない。

今日のブログは「人間を除く生物の生きる目的は、
その子孫を残す事にある」
という事を前提にしたお話だ。

それを前提にすると、今日の被写体は何とも

 「切ない生き物」

と言わざるをえない。

いわゆる「ハイブリッド」と言われる種だ。

個人的にはハイブリッド種は初めて見た!!
ハイブリッド種が生まれるのは、おそらくこういう訳だ。

Aという魚のメスが卵を産む。
Aと生活環境を同一にするBという魚のメスが、
たまたまそのAの卵のすぐ近くに産卵をする。
Aのオスが放精をした際に、たまたまBの
卵も一部受精した。

こんなトコロだろう。

ハイブリッド種は子孫を残す事が出来ないと聞く。

この子は何のために生きるのであろうか?

ミツボシクロスズメダイとフタスジリュウキュウスズメダイのハイブリッド種
a0155467_1863624.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/100秒・f6.3(16年1月1日 水納島にて)

こんな小難しい事を考えて写真は撮っちゃあいない(笑)

どっちかっていうと、ヤシャハゼとヒレナガネジリンボウの
ハイブリッドとかいないのかな!?
いるんなら、ぜってぇ~撮りたい!!

な~んて事を考えてたりするのが、池ちゃんである(^0^)

by ikechannomp | 2016-02-19 18:18 | 沖縄 本部町 | Comments(4)

む、難しいなぁ ~セボシウミタケハゼ~

今日は

大好きな背景

   +

わりと好きな被写体


 =お気に入りの作品  

ならなかった例である(>_<)

ガイドのウッチーから、
「池ちゃんの好きなピンクのカイメンにセボシウミタケハゼが
ついていますよ♪ 船下オンリーにしますか?」
との、ありがたい提案が^^

お言葉に甘えて、一人のんびり船下での撮影開始♪

「小さっ!!」

コレがその第一印象だ(笑)
1cmあるかどうかのウミタケハゼの幼魚だったんだけど、
その子がピンクのカイメンに埋もれていた!

どーやって撮ろうか、迷いながらも
とりあえずいつもの開放で^^

セボシウミタケハゼ幼魚
a0155467_19335653.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年1月1日 水納島にて)

胴体が透明のためか、何が何だか分からない1枚だし、
1/250秒っていうシャッタースピードもよくなかった。。。

じゃあってんで、シャッタースピードはこれまたよく使う1/80秒で♪

チビチビウミタケハゼ
a0155467_1939258.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年1月1日 水納島にて)

それにしても、ヒドイ構図だ(笑)

そうこうしてるうちにハゼが少し動いた!!
しかも、いい感じに動いてくれたのだ^^

ピンクい小さな小さなハゼ
a0155467_19454561.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年1月1日 水納島にて)

やっぱし、ピンクのカイメンに埋もれちゃってるなぁ(>_<)

ま、ハゼがいた場所のおかげなんだけど、全体をピンクの
カイメンにするんじゃなくて、少し引いてでも海の青を入れて
アクセントにするという、工夫をしたつもりでもある。

それにこのピンクのカイメンは、バックとしては大好きな素材だし、
ウミタケハゼも好きな被写体だ!!

それでもお気に入りの1枚が撮れなかった。。。

む、難しいなぁ(>_<)

by ikechannomp | 2016-02-16 19:55 | 沖縄 本部町 | Comments(10)

2016年、潜り始めはナカモトから ~ナカモトイロワケハゼ~

ようやく2016年の写真に突入^^

タイトルにあるとおり、
2016年初っ端の被写体はナカモト!!


今でこそナカモトって、わりと普通に見られるし、
ビーチでも出会えるポイントも増えてきた♪

池ちゃんが来沖した約11年前なら、沖縄本島で
元旦にナカモトなんて考えられなかったハズ!
多分、当時は石垣島がナカモトが見られるトコで、
沖縄本島では恩納村のごく一部のポイントで、
春~夏場にナカモトが見られるっていう感じだったと思う。

沖縄本島では、ナカモトは越冬できないなんて
言われていたような記憶がある!!

そんな感じだったナカモトが、わりと普通に見られるっていうのは、
いわゆる地球温暖化のせいかもしれない(>_<)

でも、絶対にプラスアルファの要因として、
多くのガイドさんの努力の賜物だと言える!!

ま、賛否色々な意見はあると思う。

思うけど、そうしたガイドさん達の努力があって池ちゃんは、
ぬくぬくと潜り始めでナカモトさんが撮れるのである(^0^)

今でこそ普通に見られるようになったナカモトだけど、
ナカモトがホントにレアだった時期を知っている池ちゃんにとっては、

やっぱりナカモトは
今でもアイドルだ(^0^)


ナカモトイロワケハゼ
a0155467_21394056.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年1月1日 瀬底島にて)

誰に何と言われようが、潜り始めの1枚はf2.8である(笑)

この時期のナカモトは、気のせいかもしれないけど、
イマイチ元気がナイ気がする(笑)
なかなかヒレを開いてくれなかったけど、
1枚だけヒレをゲットできた♪

佇むナカモト
a0155467_21491259.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年1月1日 瀬底島にて)

潜り始めの1本だし、ホントは正面方向のヒレを
ゲットしたかったっていうのは、内緒にしておこう(笑)

by ikechannomp | 2016-02-13 21:57 | 沖縄 本部町 | Comments(8)

ウッチーに捧げた潜り納め ~ルリメイシガキスズメダイ幼魚~

このダイブは2015年12月31日の2本目。
言わずと知れた2015年の潜り納めの1本だ♪

ケジメの1本とも言える^^

完全に蛇足だが、池ちゃんの誕生日でもある^^

話はちょっと飛ぶけど、1本目と2本目のサーフタイムに
 ウッチー: 「ルリメイシガキスズメダイの幼魚って、目にします?」
 池ちゃん: 「イヤ、見るけどこの時期は真栄田では目にしないなぁ。。。
  見るとしたら春~夏の幼魚の季節だよ」
 ウッチー:「尾ビレの付け根が黒い子ですか、黒くない子ですか?」
 池ちゃん:「イヤ、真栄田では黒い子は見ないなぁ」
なんて会話が^^

話を戻そう。
今回のウッチーのお店でのダイビングの目的は、
このウッチーのブログにある2枚目のハマクマの絵が撮りたかったのだ♪

この色のケヤリは
真栄田や砂辺では見た記憶がナイ!!


この写真をウッチーが撮った時は、ハマクマノミが3本ラインの
幼魚のステージだった訳で、その時から1ヶ月が経った訳だ。。。
できれば3本のまま、せめて2本ラインのハマクマを
このキレイなケヤリの前で撮りたかった!!

そんでもって、このハマクマを撮った後は、すぐ近くにいるという、
ウッチーのブログの1枚目のハナゴンベを撮りに行くっていうのが、
2本目のブリーフィングだった。

大ハズレ~(>_<)

ハマクマはいなくなっていた。。。

ハナゴンベは出てこない。。。

ま、引きの弱さは継続中だ(涙)

引きが弱いのは今に始まった事ではないんで(笑)、
それはいいとして、ちとイヤな予感がした。。。

〇〇狙いや××狙いでエントリーをして、
お目当ての子がいなかった時、

ウッチーはガイドをしなくなる!!

コレは今までの経験上、かなりの確率でそーなる・・・ハズだ。

だが、皆さん!
この1本に限っては、1年ケジメのダイビングである!!
しかも、この日は池ちゃんの誕生日でもある!!!


でもそこは、さすがはウッチーである!!!!

ガイドをしないとなったら、
ホントにしないのだ!!!




ってかぁ~(笑)

ホントのトコロをいうと、この後池ちゃんは、
たまたま船上で話していたルリメイシガキスズメダイの幼魚を
目にしてしまったのである!

以前にも書いたけど、ルリメイシガキスズメダイの幼魚って、
あのルリホシスズメダイの幼魚よりもシャイで、撮影が難しい!!

この季節真栄田では会えない、そんな子に出会ってしまったのだ^^
しかもウッチーの空振りのおかげで、時間はたっぷりある(笑)

突き刺さらない訳がナイ!!

ウッチーはそんな池ちゃんを見て、余計な口出しをしなかった
ってのが真相のようである♪

ルリメイシガキスズメダイ幼魚
a0155467_23185321.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f7.1(15年12月31日 水納島にて)

この子は3cmくらいだったかなぁ^^

で、その後にもう一回り小さい、そんでもって
尾ビレの付け根が黒い子と出会ってしまった^^

ルリメイシガキスズメダイ幼魚 腹黒バージョン(笑)
a0155467_23233322.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f7.1(15年12月31日 水納島にて)

ホントは1枚目みたいな黒くない子の方が好きだけど、
あんな会話の後なんで、ウッチーのために(笑)

パープルアイシャドウ
a0155467_2327538.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f7.1(15年12月31日 水納島にて)

理由はともかく、

またしてもガイドをしてもらえなかった(笑)

2015年の潜り納めの1本は、
ガイドさんに捧げざるを得なかった 捧げさせてもらった
1本になった(^0^)

あんましウッチーの悪口ばっかでも申し訳ないんで(笑)、

この日のダイブの終了後には、こんなハゲおやじの
誕生日を祝って頂き、

a0155467_23393551.jpg


なおかつ、翌元旦にはこんな豪華なおせちを(^0^)

a0155467_23405198.jpg


1年に2回程度、多くても3~4回しか行かないゲストである
池ちゃんに対しても、この対応である!!

みんながみんな、誕生日にケーキが出てくるとは、
正直思えない。
たまたまご一緒させてもらった親方Hさんも12月生まれらしいし、
何よりウッチーの愛息のエ〇シ〇ちゃんも12月生まれだ。

あくまでも池ちゃんはついでだ(笑)

でも、有り難いなぁ~(^0^)

by ikechannomp | 2016-02-10 23:56 | 沖縄 本部町 | Comments(4)

そうは問屋が卸さない ~ニシキフウライウオ~

いきなりだが、実を言うと、このニシキフウライウオっていう
被写体が苦手だ。。。

被写体としてはけっこうフォトジェニックで、ダイバーには
わりと人気が高いように思う。
あちこちのブログやらFBでステキな作品を目にする機会も多い!!

そんだけ人気の被写体なんだから、当然池ちゃんも
コレまで何回かは撮ってきた。
ただ、さすがは苦手な被写体なだけはある(笑)
コレまでのニシキフウライは全てボツで、このブログでは
今回が初登場だ♪

コレはあくまでも池ちゃんの個人的な考えなんだけど、
ニシキフウライはヒレ全開を黒抜きの全身ピンっていう
撮り方が、その魅力を最大限に表現できるように思う♪

被写体の魅力を最大限に表現できる撮り方が分かってるのなら、
つべこべ言わずにそう撮ればいい!!

分かっちゃいるんだけど、それは池ちゃんっぽくない(笑)

何が何でも開放で撮るというつもりはナイ!!
最近はあまり撮る機会は多くないけど、ギラギラの泥ハゼなんかは
やっぱし絞って撮った方が、被写体の魅力を表現できると思う。

が、ニシキフウライはそういう撮り方じゃなくて、
開放でもシチュエーションによってはステキな作品が撮れると
思っている!!

今のトコ、思ってるだけでそれが実現
できていないだけだ(笑)


まずはペアで♪

ニシキフウライウオのペア
a0155467_1620035.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f8(15年12月31日 瀬底島にて)

1枚目は、ペアの2匹にピンを合わせる事だけを考えて
撮っていたんだけど、1枚目の上の方の部分、そうウミシダがない
赤っぽい部分をバックにして、開放で撮ればイメージしてる絵が
撮れるかもしれない!!

そー考えたら苦手なニシキフウライなのにウキウキしてきた(^0^)


ニシキフウライウオ
a0155467_16275839.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年12月31日 瀬底島にて)

もうちょっとバックの壁から離れてくれれば、もっとバックが
ボケてイメージしてた絵が撮れるかも♪

ピンクバックのニシキフウライ
a0155467_1634583.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年12月31日 瀬底島にて)

多分コレがマックスに壁から離れた瞬間だと思う。。。

う~ん、あと一歩・・・。

やっぱし苦手な子は、

そうは問屋が卸さないってか(>_<)

by ikechannomp | 2016-02-07 16:39 | 沖縄 本部町 | Comments(6)

ケガの功名? ~イソコンペイトウガニ~

今回は、12/31と1/1というまさに年末年始のダイビングを、
ウッチーのお店で、いつもの親方Hさんとご一緒させてもらった(^0^)

という事は、2015年の潜り納めと2016年の潜り始めを
ウッチーのお店でお世話になってしまったのだ。。。

う~ん、イヤな予感(笑)

イヤな予感はやっぱし当たっちゃったんだけど、
それはまた後日の更新で詳しくネ♪

1本目のエントリー前に、ウッチーから聞かれた。
「クダヤギクモエビとイソコンペイトウガニ、どっち撮りますぅ!?」

「イソコン!!」

即答だ^^

クダヤギクモエビって、テナガザルをイメージさせる
甲殻類なんだけど(笑)、撮っていてそこまで楽しくない。。。
ま、見つけりゃ多分撮るけどね^^

そこへいくとやっぱしイソコンペイトウガニだ!!

イソコンってたいがいトゲトサカにいて、そのトサカが
鮮やかだったりする(^0^)

イソコンペイトウガニはわりとでっぷりとしたカニさんで、
カニさん自体というより、

トゲトサカにいるイソコンが
池ちゃんは好きなのだ!!


っていう事で、

イソコン青抜きバージョン
a0155467_19331265.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年12月31日 瀬底島にて)

ところで、ノンダイバーさんがこの1枚目を見て、
はたしてカニさんだと認識できるのだろうか(笑)

少し分かりやすく^^

イソコン黒抜きバージョン
a0155467_19402848.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f14(15年12月31日 瀬底島にて)

誠にもってお恥ずかしい話なのだが、この日の1本目は
シャッタースピードを変えるダイヤルの噛み合わせが悪くって、
シャッタースピードを変えられなかった。。。

カメラのセッティングミスだ(>_<)

1枚目の青も2枚目の黒も、池ちゃんがイメージした色は
シャッタースピード1/80秒では出せなかった。。。

しゃーない、抜く事よりトゲトサカのオレンジ色と
白いイソコンっていう、色の対比で勝負だ(笑)

オレンジ&ホワイト
a0155467_19485889.jpg


Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年12月31日 瀬底島にて)

今まで池ちゃんって、イソコン撮る時は安直に
青抜き&黒抜きで撮る事がほとんどだった。

ケガの功名というか、オレンジと白に着目した撮り方も
アリだなぁって思った池ちゃんでした(^0^)

by ikechannomp | 2016-02-04 20:01 | 沖縄 本部町 | Comments(4)

見た事ないレモン

ようやく12/27のダイブのブログだ^^
この日は2015年のセルフのラストダイブ♪

そう、あくまでもセルフでのラストダイブだったんだけど(笑)、
この日は撮りたいゾーっていう被写体を全然見つけられない(>_<)

ま、こんな日もある♪
ってか、冬の砂辺じゃちょくちょくある(汗)
ある意味慣れっこだ^^

で、そんな時はどーするか!?

そんな時のつお~~~い味方、

ザ・普通種!!

見飽きた見慣れたあの子もバックや撮り方で
十分に楽しめる事を、池ちゃんは知っている♪

撮影は楽しめるんだけど、それがブログを見てくれる方には
伝わりづらいかもしれない!

池ちゃんは楽しんで撮ってま~す(^0^)

まずは、砂辺じゃやたらとゴロゴロいる子(笑)
真栄田にもいる事はいるけど、こんなにはいない!!

チゴベニハゼ
a0155467_19142616.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年12月27日 砂辺にて)

あまりにもゴロゴロいるんで、ふだんはめったにカメラを
向けないんだけど、止まり木にとまってるような子が、
やたらヒレ全開だったんで撮ってみた^^

せっかくのヒレ全開の子を、そのヒレをボカして撮っちゃうのが
池ちゃんなのだ♪

全然分かんないだろーけど、尾ビレまでしっかり開いてる子だ(笑)

続いては、もうスペシャルに普通な子(笑)

レモンスズメダイ
a0155467_19254418.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年12月27日 砂辺にて)

うっすら~としたピンクをバックに撮れるかなぁって
思ったんだけど、こういう何て事のないバックでも
絵にできるよね♪

で、撮ってるうちに閃いちゃった(^0^)

このピンクのバックで、顔だけっていうか、
オレンジ色の体を入れ込まないで、紺色の顔だけで
撮ってみたら!!

顔だけレモン
a0155467_1932054.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年12月27日 砂辺にて)

こんなレモン、見た事ナイかも^^

by ikechannomp | 2016-02-01 19:37 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)