パステルバックを求めて ~オキナワスズメダイ~

唐突ではあるが、池ちゃんは沖縄在住のダイバーで、
被写体の中ではスズメダイが好きだ♪

何を今さら???

そうお思いの方も多いだろうけど、沖縄在住のダイバーで、
スズメダイが好きなんだから、その名も『オキナワスズメダイ』
可愛く撮りたいと思ってるのだ(笑)

いや、スズメダイ好きを公言するならば、可愛く撮らねばならない!!

何のこっちゃ!?
っていう気もするけど(笑)、要は池ちゃん好みのパステル調の
バックで、この子を撮りたいんだけど、なかなかそうは問屋が
卸してくれないっていう事なのだ(>_<)

そもそも、このオキナワスズメダイは真栄田なんかのリーフトップなんかで、
よく群れている♪

そう、壁沿いではないのだ。。。

たとえば真栄田のツバメの根の壁沿いなら、それこそ色んな『色』が
あって、それをうまくボカして撮れば、それはそれはステキなパステル調の
絵が撮れる!!

でも、ツバメの根のトップにはいっぱいいるんだけどなぁっていう感じだ(笑)

オキナワスズメダイ
a0155467_18545179.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f18 f2.8(15年5月16日 真栄田にて)

それでも精一杯パステル調のバックでと、思ったんだけど、
ヒレの開き具合は70%っていう感じだね。。。。

そう、このオキナワスズメダイもヒレを開くのは
一瞬っていうタイプのスズメだ(>_<)

このバックのトコに来た時に、ヒレを開け!って思ってカメラを構えてると、
時間だけが虚しく過ぎていく(笑)

ま、リーフのトップに群れてるから、青抜きなら撮りやすい♪
参考までに、去年の真栄田で撮った青抜き写真だ^^

a0155467_1942696.jpg


青抜きもいいんだけど、池ちゃんのホントに撮りたいのは
パステルバック^^

今のトコは撮れてないなぁ。。。

最後の1枚も、写真右側の「薄紫」のトコをバックに
撮れれば、だいぶ雰囲気が違ったように思う。
でも、その時にヒレがね・・・。

目指せ!パステルバック
a0155467_19151520.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f18 f2.8(15年5月16日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2015-06-30 19:17 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(10)

微妙だ ~オヨギベニハゼ~

今日の被写体はオヨギベニハゼ♪

真栄田なんかの暗がりに群れているアオギハゼの群れに、
1匹くらい混泳してる時があるのだ^^

ただの気のせいかもしれないけど、10匹前後のアオギハゼの小さな
群れにはいないよう気がする。
30匹とかの比較的大きめの群れに1匹だけコイツがいたりする^^

四葉のクローバーじゃないけど、見つけるとちょっとだけ
ウレシイ気分になったりする(笑)

でも、撮る事はあんましナイかな。。。

えっ、何でだって?

だって、アオギの方がキレイで、オヨギベニの方が地味なんだモ~ン(笑)

もしコレが逆だったらって考えたりする。

飽きる程いるのが、アオギハゼじゃなくてオヨギベニハゼで、
その群れの中に1匹だけアオギハゼがいる!

アオギハゼの人気がもっともっと出てることだろう(^0^)

でも現実は、とってもキレイなアオギハゼは掃いて捨てる程いる。
いっつも沖縄で潜ってるダイバーはまず見向きもしない。
そんなアオギハゼの群れの中に、1匹だけ周りより地味な子が泳いでる。

微妙だ(笑)

そんな微妙なオヨギベニハゼの、池ちゃんにしては
ガッチガチに絞った1枚^^

オヨギベニハゼ
a0155467_19554330.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f18(15年5月16日 真栄田にて)

ギンギラになるかと思ったんだけどなぁ・・・

参考までに、去年撮ったオヨギベニハゼの周りにいっぱいいるアオギハゼ♪

アオギハゼ
a0155467_19581668.jpg


ま、撮り方とかバックの影響がデカイんだろうけど、
やっぱしアオギハゼの方がキレイだ^^

では、オヨギの方に戻ろう^^

今回、ボツにしないでブログアップしたのはこの2枚目のおかげ♪
いつもの開放写真なんだけど、いつもの雰囲気はまったくナイ!!

こんな感じ^^

オヨギベニの開放図鑑写真
a0155467_2035017.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月16日 真栄田にて)

こうやって見ると、この子はこの子でキレイなのかもね(^0^)

by ikechannomp | 2015-06-27 20:09 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(8)

可憐 ~ハナゴイ幼魚~

このハナゴイの成魚の大きな群れは、そりゃぁ美しい!!
残念ながら沖縄本島では見た事ないから、もう何年もお目にかかってないけど、
確か石垣で、サンゴに群れるハナゴイを見た時は圧巻だった。

が、1匹1匹をみると、顔が尖がっていて何となく怖い印象もある。。。

ハナゴイ
a0155467_19275747.jpg


コレは2010年に撮った1枚だけど、これでも精一杯可愛く撮ったつもりだ^^

が、幼魚はと言うと・・・

自然とカメラを向けちゃう^^

ピンもあやふやだけど、この子の小ささが何となく分かるかな!?

ハナゴイ幼魚
a0155467_19314153.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月16日 真栄田にて)

大きさは2.5cmくらいだったと思うけど、
とにかく可愛いかったし、バックの白っぽいサンゴに
すっごく映えると思ったんだ(^0^)

チビハナゴイ
a0155467_19385875.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月16日 真栄田にて)

こういう子を見ていると、自然と『可憐』という言葉が浮かんでくる♪

可憐なチビハナゴイ
a0155467_19405519.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月16日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2015-06-24 19:43 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

とにかく、かわゆい♪ ~キツネベラ幼魚~

このブログでは初登場の被写体!

ってか、この子は見た事はあったけど、撮ったのも初めて^^

その印象は?は聞かれれば、

撮影はちょっとだけ大変かもしれないけど、
とにかく、かわゆい!! 
何で今まで撮らなかったんだろ♪


ま、こんな感じである(^0^)

1枚目、2枚目は撮影がちょっと大変っていう事も分かるように???

キツネベラ幼魚
a0155467_22344419.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f7.1(15年5月16日 真栄田にて)

まだまだ被写体との距離があって、ストロボが弱くて緑カブリしてる。。。
そこは幼魚と言えどもベラである!
泳ぐ範囲はなかなかどうして、広いのである(>_<)

色んな魚をかき分けて(?)

キツネベラ幼魚
a0155467_22451427.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f7.1(15年5月16日 真栄田にて)

緑カブリどかろか完全に青カブリしてるし、普通なら
写真を拡大する前に消去してるようなシロモノなんだけど、
色んな子がファインダーに入ってたんで、あえてネ^^

とにかく色んな子をかき分けながらも、お目当てのキツネベラを
壁際に追い込んだ♪

追いこんだらやっぱりf2.8である(笑)

ザ・キツネベラ幼魚
a0155467_22524847.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月16日 真栄田にて)

別にタイトルに「ザ」を付ける程の1枚じゃないのは分かってるんだけど、
少なくとも1・2枚目と同じタイトルじゃ、3枚目の写真に申し訳ないではないか(笑)

ラストはバックのピンクと被写体の小ささ・可愛らしさが表現できてるかなって♪

可愛いキツネ
a0155467_2301180.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月16日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2015-06-21 23:02 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(5)

撮り手以外は全部いいのに・・・

この日は、今年の初潜り以来のウッチーのお店でのダイビング^^

少し流れはあったけど、いつもの気持ちのいい透明度の水納ブルーと
真っ白な砂が出迎えてくれた。

ダイビングボートはウッチーの「便乗丸」だけど、相乗りしていた
メンバーはかつてのシーガーデンオキナワっていうダイビングショップで、
『チーム変態』と呼ばれてメンバーが!!

で、被写体はその頃の水納島でのアイドルの
フタイロハナゴイの幼魚をリクエスト♪

あと、ウッチーのお店で5月からエンリッチドエアーのダイビングを開始^^
その第1号として、池ちゃんがエンリッチドエアーでダイビング♪

最後になっちゃったけど、ガイドのウッチーの評判がすごくいい!!
勉強熱心だし、新ポイント開発とか地道に頑張ってるみたいだ。

つまり、
 
 海: サイコー!!

 メンバー: 旧知の中^^

 被写体: 沖縄本島ではレアだし、可愛い幼魚(^0^)

 デコ: エンリッチドエアーで普通の空気よりはデコの心配が少ない

 ガイドさん: 評判いいっす♪


さてさて、これだけ好条件が
そろったのに、写真ときたら(>_<)


今回は水納島での写真の蔵出しセールみたいな感じで・・・

フタイロハナゴイ幼魚
a0155467_19343416.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月10日 水納島にて)

もっとハイキーな感じで、顔以外はボッケボケにしたかったなぁ。。。

もう一丁♪

フタイロハナゴイ幼魚
a0155467_2044890.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年5月10日 水納島にて)

あ~ぁって感じ(>_<)

ホソウミヤッコ黄色バージョン
a0155467_207289.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月10日 水納島にて)

狙った感じで撮れてるのに、いい感じじゃないっていうのは
狙いが良くなかったのかなぁ。。。

涼しげなキンギョ:キンギョハナダイ幼魚
a0155467_2011243.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f5.6(15年5月10日 水納島にて)

撮り手以外は全部いいのに・・・



 

by ikechannomp | 2015-06-17 20:32 | 沖縄 本部町 | Comments(8)

真栄田の敵を砂辺でリベンジ(^0^)

まずはこのブログではちょっと珍しいパターンだけど、
早々にこの1枚を^^

ノコギリハギ幼魚
a0155467_22184441.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年5月2日 真栄田にて)

前出のレモンスズメダイにどっさり時間を掛けて、
さんざん格闘(?)したあとに、出会った子だ。。。

3cmくらいの大きさで、まだちょっと歪な形が残っている
ノコギリハギの幼魚。
池ちゃんの中では、ギリギリ可愛いサイズの範疇に入る^^

可愛いサイズの範疇に入る子なんだけど、
こちとらに集中力が残っていない(>_<)

一応サンゴと絡めてはいるけれど、尾ビレも開いていないし、
可愛さとかは表現できていない。。。

集中力も、何よりもエアも危なくなってきてたんで、
数枚シャッターを切っただけで、早々にエキジット。

コレが5/2の事だった。
ちなみに今年のGWでは5/2(真栄田)と5/6(砂辺)の
二日間だけ何とか潜れた^^

しっかし、梅雨も明けて夏真っ盛りの今頃でも
まだGWの記事だ(笑)



んで、5/6の砂辺♪

怒ったちゃん
a0155467_22362933.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月6日 砂辺にて)

相変わらず尾ビレは開いていないけど、表情はいいよね♪

尾びれゲット
a0155467_22394183.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月6日 砂辺にて)

ノコギリハギとかはね、なかなか尾ビレを開いてくれないんだけど、
何とか1枚ゲット♪

まぁ、尾ビレは相変わらずだけど、この表情はたまらん^^

困ったちゃんのアーチくぐり
a0155467_22443251.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月6日 砂辺にて)

【江戸の敵を長崎で討つ】っていうことわざがあるけれど、
真栄田の敵を砂辺でリベンジってトコかな(^0^)

by ikechannomp | 2015-06-15 22:50 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

想像してねぇ ~レモンスズメダイ幼魚~

「池ちゃんがいつも潜っている海で一番目に付く魚は何?」と聞かれれば、
迷いなくレモンスズメダイって言うだろう!!

水深-3mくらいから-15mくらいまで、ぐっちゃりいる^^
迷いなく一番目に付くっていうくらいだから、見飽きているとかの
次元ではない(笑)

が、幼魚の出始めの季節だけは、別モンだ!!

基本的にレモンスズメは成魚も幼魚も姿かたちは一緒だ。
幼魚の頃は、額のV字ラインが水中でもハッキリと分かるけど、
成魚になるとV字ラインが見えなくなる。。。
が、キチンと光を当てると、成魚にもしっかりとV字ラインが見える。

つまり姿かたちは成魚も幼魚も一緒で、幼魚はただ小さいだけなんだけど、
それでもこのレモンのチビの出始めの頃は、
カメラを向けずにはいられない!!


実は今シーズンでは、この前週の砂辺で潜った時に
レモンのチビを見ていた^^

でも、キレイなバックでは見つけられなかったんだよなぁ・・・。
って事で、砂辺ではカメラを向けたけど、シャッターは切らなかった。。。

ただその次の週、この日の真栄田では、まずまずのバックのトコで
チビレモンに出会えた^^

ちなみに先週も今日も真栄田で潜ってるんだけど、チビレモンは
ウジャウジャいる^^
これだけウジャウジャいると、それはそれはオモシロそーな
バックのトコにもいる。
ただ、基本的にf2.8で撮る池ちゃんには、

かなりの時間と覚悟が必要なのだ(笑)

中途半端な気持ちで動き回るレモンのチビに立ち向かっても、
ロクなモンが撮れないのは分かってる。

だからシーズン当初に、時間と覚悟を費やしてチビレモンと
対峙しちゃうと、なかなかその後に立ち向かう気になれない(>_<)

しまった。。。

時間と覚悟を費やしてなんて、自分でハードルを
上げちゃったような気がする(笑)

そんなたいしたモンじゃないけど、池ちゃんらしいレモンだと思う(^0^)

輝くレモン:レモンスズメダイ幼魚
a0155467_21533369.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年5月2日 真栄田にて)

前回のブログにも書いたけど、今のマイブームはキラキラ写真♪
キラキラの世界観を目指して^^

キラキラ檸檬
a0155467_21561184.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年5月2日 真栄田にて)

ラストはキラキラ感というよりは、蕩ける感じで^^

蕩けるレモン
a0155467_22667.jpg

[Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年5月2日 真栄田にて)

3枚とも、ノートリミングなんだけど、ガッツリ寄って撮っちゃっている。
だから、幼魚の小さい感じは全然伝わってないと思うけど、
この子1cmくらいなんだよねぇ。。。

池ちゃんの腕では、寄らないとこの世界観が出せないんで、
小ささよりも世界観の方を重視した撮り方になっている。

小ささは想像してねぇ(笑)

by ikechannomp | 2015-06-13 22:07 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

アンチメルヘン  ~アマミスズメダイ幼魚~

ここ1~2年の水中写真は、「メルヘン」っていう言葉が席巻している。
ウミシダをバックにした、メルヘンっぽい写真なんかは「シダメル」なんて
呼ばれてもいる。

正直うんざりしている。。。

その言葉を言い出したショップさんや、そこのゲストさんが
「メルヘン写真」っていうのは分かる!!
それこそ尊敬している!!!
じゃんじゃんメルヘン作品を世に広めてほしい!!

が、今は猫も杓子も「メルヘン」だ(>_<)

いわゆるメルヘン写真っていう世界観は大好きだ^^
池ちゃんの撮りたい作品と、ベクトルは同じ方向を向いている気がする!!

が、猫も杓子もメルヘンでございって言ってるのが、
どーにもヤダなぁ。。。

上手な方のステキな作品に憧れるのは分かる。
池ちゃんも〇〇さんみたいな作品を撮りたいとか、
ああいう写真が撮りたいなっていうのはいっぱいある!

でもプラスアルファで、何か自分らしさとかも欲しいよなぁって
思ってる池ちゃん。

意地でも「メルヘン」って言葉は当分使わないつもりだ(笑)

と言う事で、最近の池ちゃんの撮影でのマイブームっていうか、
撮りたい絵は、イソギンチャクを前ボケにしたクマノミの写真と、キラキラ写真♪

イソギンチャク(シライトイソギンチャク)の前ボケは、池ちゃんが考えてた以上に、
そーとーに難しい(>_<)
ちょっと心が折れそうなくらいに難しいって事が分かってきたんで、
気長にチャレンジする事にしちゃった(^0^)

このへんの意志の弱さが池ちゃんらしい(笑)

もうひとつの池ちゃんが撮りたい絵がキラキラ写真^^

何がキラキラ写真かっていう基準が曖昧な分、
コレはキラキラ写真だって、言っちゃえばそれはそれでOKに
なりかねないんで、簡単とも言えるし、逆に難しいのかもしれない。


よく分からないんだけど、とにかく
「キラキラした絵」が撮りたいのだ^^

キラキラアマミ:アマミスズメダイ幼魚
a0155467_22352062.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年5月2日 真栄田にて)

「どこが?」という質問はこの際受け付けない事にする(笑)

それでも1枚目は、バックが白っぽくて、ちょっと玉ボケっぽい
トコもあるんで、キラキラ写真っていうイメージに近いのかもしれない。

が、2枚目・3枚目なんかは、全然「キラキラ」っぽくないかもしれないけど、
何を隠そう、「キラキラ写真」を目指して撮った1枚なのだ(笑)

キラキラを目指して
a0155467_2242495.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/200秒・f2.8(15年5月2日 真栄田にて)

簡単のようで、けっこう難しいなぁ。。。

キラキラアマミ!?
a0155467_22464563.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(15年5月2日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2015-06-10 23:23 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)

もうちょっとの辛抱 ~セナキルリスズメダイ幼魚~

普段潜っている真栄田や砂辺で、一番最初に見られるスズメダイの幼魚が
このセナキルリのチビのような気がする。
(ただし、砂辺で見た事ないけど・・・)

まだまだ水温的には1年で最も冷たい時期でもある3月の中旬には、
見られる事もある。
その後だいたい4月の後半くらいに、アマミスズメダイの幼魚が出始める♪
ただ今年は3月の末にはアマミのチビが見られたけどネ^^

その後は、次から次へと色んなスズメダイのチビが、現れるのだ!!

スズメダイのチビッ子が大好きな池ちゃん^^
アマミのチビが現れると、春だなぁって思うと同時に、その後のスズメの幼魚の
大爆発の先駆けとして、とってもワクワクするのだ!!

では一番早くに見られるセナキはどうだろう?

まだまだ水は冷たいけど、あとひと月もすれば
水も温み始めるし、幼魚も出始める!!
セナキルリのチビが出始めると、池ちゃんは「もうちょっとの辛抱だ」
っていう気になる(笑)

そんなセナキルリのチビも、池ちゃんは毎年撮っている!!

ただ、真栄田でのセナキのチビの出始めは,-30mくらいと
チト深いトコにいる。。。
(水温も24℃とだいぶ上がってきた先週の真栄田(5/30)では、
-7mとだいぶ浅いトコで見て、ちょっとビックリしたケドね^^)

しかも出始めのチビはけっこう神経質で、1回引っ込んじゃうと
なかなか出てこない場合も多い(>_<)

あと幼魚に限らず、セナキルリは腹ビレをなかなか開いてくれない。。。

そんなこんなで、今年も4月からセナキのチビに何回かカメラを
向けてたんだけど、ボツ写真ばっかだった・・・。

GWになって、とりあえずブログアップできそーな写真が^^

セナキのチビ:セナキルリスズメダイ幼魚
a0155467_21253918.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f2.8(15年5月2日 真栄田にて)

そんな事言いながら、やっぱり腹ビレが全然開いていないし(笑)

まぁまぁ、かたい事言わずに正面顔を^^

セナキのチビの正面
a0155467_21302186.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/200秒・f2.8(15年5月2日 真栄田にて)

沖縄普通種スズメダイ普及委員会なるモノがもしあれば、
副幹事長代行代理くらいの役職には付けそうな池ちゃん(^0^)

どうです、セナキの正面顔もカワイイでしょ♪

オレンジ色を強烈なアクセントにちょっぴりパステル調のバックで、
腹びれゲットの1枚を^^

やっぱりカラフル
a0155467_21423472.jpg

by ikechannomp | 2015-06-06 21:55 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

一粒で二度おいしい その2 ~ベニハゼ~

ちょっと前に「一粒で二度おいしい」っていうタイトルでブログをアップした。

同じイソギンチャクにいたクマノミとイソギンチャクモエビで
2回ブログのネタに出来たっていう内容だ。

あっ、そうそう、その時に「一粒で二度おいしい」ってアーモンドチョコレートの
CMだったかなって書いたけど、キャラメルのCMだったみたい(汗)


相変わらずどーでもいい内容の文章だ!

それはそーと、今回のネタである♪

前回のキンセンハゼに引き続き、ケヤリとの絡みの絵だ。

このケヤリは砂辺NO.1っていうポイントのガイドロープの終点近くにある。
1本目でキンセンハゼを撮ったんだけど、開放写真が撮れなかった。。。
で、2本目の行きに見た時は、キンセンハゼもいなかったし、ケヤリも
開いてなかった。

が、2本目の帰りの事である!!

ケヤリ虫の近くにザ・ベニハゼがいるではありませんかぁ(^0^)

ケヤリとベニハゼ
a0155467_22364157.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/100秒・f11(15年4月25日 砂辺にて)

この1枚目は、ベニハゼが普通に着底してるトコ♪

で、飛び始め!?

ケヤリとベニハゼ その2
a0155467_22463416.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/100秒・f11(15年4月25日 砂辺にて)

で、このベニハゼがやたらめったら飛ぶのだ!!

ベニハゼの仲間は、けっこうホバリングをして、元の場所に
戻ってくる子も多い^^

それにしてもだ!!

とにかく、やたらめったら四方八方に飛んでいる^^

今回のブログにはケヤリと絡めた写真しかアップできないけど、
ケヤリとは反対方向とかにも、とにかく飛びまくっている。
それでもじっと待ってると、何回かに1回はケヤリ方向に♪

ケヤリとベニハゼ その3
a0155467_22483150.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f13(15年4月25日 砂辺にて)

ちなみに、分かりづらいが、写真に写ってる小さな無数のゴミみたいな点々は、
ほとんどが何かの稚魚だ!!
間もなく、ホントに間もなく、沖縄の海は幼魚で爆発する^^

こんな瞬間も^^

ケヤリとベニハゼ その4
a0155467_22502167.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f10(15年4月25日 砂辺にて)

バックも割と地味だし、ケヤリ虫もキレイな色合いの種類ではない。
だけど、ベニハゼとケヤリ虫のコラボは初めて見たし、
正直、キンセンハゼとの撮影より燃えた!!

白い噴水とフライングゲット
a0155467_22565691.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f10(15年4月25日 砂辺にて)

by ikechannomp | 2015-06-03 22:59 | 沖縄 砂辺 | Comments(2)