枕詞(まくらことば)~ウズラカクレモエビ他~

前回のブログに書いたとおり、2014年潜り収めは、珍しくドルフィンキックさん
とこでのダイブだった。

枕詞(まくらことば)というモノがある。
理屈ではなく、
 
 「垂乳根の (たらちねの)」と来れば 「母」が来るのだ。
 「青丹よし (あをによし)」と来れば 「奈良」なのだ。
 「千早振る (ちはやぶる)」と来たら、誰が何と言おうと「神」が
来なければいけないのだ。

そう、「ドルフィンキック」と言えば
やっぱり「甲殻類」なのだ(笑)


「今日は甲殻類で行きましょう!!」

エントリー前にドルさんか宣言が^^

こりゃ、こちらも覚悟を決めざるを得ない。
好きとか嫌いとか苦手とか言ってる場合ではナイ(笑)
2014年を締めくくるべく、甲殻類で池ちゃんらしい「絵」を撮ってやろーじゃないの!!
気分はそんな感じである^^

出だしは惨敗の一言(笑)

ウズラカクレモエビ
a0155467_19585270.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f5(14年12月27日 砂辺にて)

こんなんどーやって「絵」にしたらいいのか、今でも分かんな~~~い^^
前回のブログで、撮る時のイメージを大切にしているなんて、
エラそうな事書いちゃったけど、この子を撮ってる時のイメージんざぁ、
ほとんどゼロだった。。。

それでもこの1枚目はまだいい。。。
その後に、この子をガイドされたんだけど、
まったくもって全然見えていなかったのである!!!
ドルさんがレーザーポインターみたいなので、一生懸命「ここだよ!」って
ガイドしてくれてるんだけど、何と言ってもこちとらは大人の目なのだ!!

ローガンをなめるなぁ~~~(笑)

2枚ほど、完全に当てずっぽうでシャッターを切ったところで、ギブアップ(笑)
見えないモンは見えないのだ。。。

トサカガザミ属の1種
a0155467_2014492.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f11(14年12月27日 砂辺にて)

今日のブログは「枕詞」でスタート♪

池ちゃんと言えばf2.8かなってことで・・・

1枚目のウズラカクレモエビを、意地でf2.8で撮っていた(笑)

ウズラカクレモエビ開放バージョン
a0155467_20191195.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年12月27日 砂辺にて)

う~~~ん、何が何だか分からなくなっただけだな(>_<)

ね、出だしは惨敗でしょ(涙)

果たして、この後立て直しができたのだろうかは、
次回以降にのお楽しみっつう事で(^^)

by ikechannomp | 2015-02-26 20:22 | 沖縄 砂辺 | Comments(6)

池ちゃんなりの楽しみ方~ガラスハゼ~

あと1週間弱で2月も終わりだというのに、
いまだに2014年の写真だ。。。
だが、今日の写真で2014年のセルフでの写真は終わりだ。

・・・ ・・・ ・・・

セルフの写真は終わり!?

実は2014年の潜り収めはドルさんとこで潜ったのだ^^
2015年の写真は3月に入ってからになる事が決定!!

マイペース、マイペース(笑)

ってことで、2014年セルフでのラストの被写体は
池ちゃんらしくチョー普通種のこの子だ^^

この「石切り」とか「安和」とか言われてるポイントには、
妙に(笑)ムチカラマツ類が多いように思う。
そんな中で、バックが活かせそうなのをチョイス^^

ちょこっとパープル・ガラス:ガラスハゼ
a0155467_220450.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f2.8(14年12月14日 名護にて)

ピントはジャスピンだろうし、構図もまぁ悪くはナイ。
でもなんかオモシロくない!!
どこがっていう訳ではないんだけど、池ちゃん的にはピンと来ないのだ(>_<)
この1枚目だけだったらボツになっていたかも。。。

1枚目の赤紫を活かそうとチョイスしたんだけど、
ここでちょっとしたイメージが(^0^)

このヤギの根本近辺のバックは薄茶色で、
ヤギの色と大きくは変わらない!

じゃ、ヤギを含めて同系色でボカして、ガラスハゼの目以外は
トロケさすってのは♪


今冷静になってみると、たいしたアイデアでもないんだけど、
池ちゃんにとってはコレが大事なのだ!!

何と言っても相手はそこらじゅうにいるガラスハゼ(笑)
何もなけりゃ、撮る気にもならない。
ただ、こうしたちょっとしたイメージが思いつければ、
それは楽しく撮影に臨めるのだ^^


トロけるガラス
a0155467_22291213.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f2.8(14年12月14日 名護にて)

何回かこのブログで書いたような気がするけど、自分が水中写真を撮る上で、
一番大切にしてるのはこのイメージだ。
そのイメージの絵を撮るために、露出やら構図やらシャッターチャンスやらを
決めていく。
その過程もまた楽しいんだな^^

だが今日の2枚目は、ホントはもっと優しい感じを
イメージしていたのはここだけの話だ(笑)

by ikechannomp | 2015-02-23 22:51 | 沖縄 名護 | Comments(6)

密かに好きだけど。。。~ガンガゼエビ~

このガンガゼエビって、このブログ初登場かな^^

ふだん潜っている真栄田とか砂辺では見た事がない。
まぁ見た事がナイだけで、いる事はいるんだろう。

ガンガゼエビはその名の通り、ガンガゼに付いているんだけど、
真栄田や砂辺のガンガゼは岩の下や穴の奥底とかの、とにかく
暗いトコにいる。
レッドビーチや地味ビーチなんかの透明度の良くない海なら
昼でも普通にガンガゼは出ているんだけど、ガンガゼの棘にゴミのような
浮遊物がいっぱい付いちゃって、カメラを向ける気にならない。。。

今回のガンガゼも浅い穴の中というか、ちょっと深い窪みみたいトコにいたんで、
すぐに見つけられたし、透明度も全然問題ナシ!!

ただね・・・。
このエビさん自体とっても美しいんで、密かにとっても好きなエビさんなんだけど、
けっこう難易度の高いツワモノだ(>_<)

エビさんはガンガゼの棘に付いているんだけど、棘がウニウニよく動く(笑)
それだけじゃなく、エビさんもちょっとした事で、棘から棘へと動き回る・・・。
小さなエビの目にピントを合わせようってのは、
なかなかどうして至難の業だったりするのだ。

という事で、ピン甘の言い訳をウダウダと(笑)

ガンガゼエビ
a0155467_7511389.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年12月14日 名護にて)

保険を掛けてほんのちょっとだけ絞って

ガンガゼエビその2
a0155467_755539.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f4.5(14年12月14日 名護にて)

暗かったのか、画像が粗いね。。。
でも、キレイなエビさんだよね(^0^)

ラストはやっぱしf2.8で(笑)

爽やか系ガンガゼエビ
a0155467_7584827.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年12月14日 名護にて)

by ikechannomp | 2015-02-20 08:00 | 沖縄 名護 | Comments(8)

節穴にもほどがある~ヤマブキハゼ~

以前と比べると共生ハゼはずいぶん撮らなくなっちゃったけど、
このヤマブキハゼはわりと好きかな♪

って、思ってた。

好きなのは間違いないのかもしれないけど、今までは全然
ちゃんと見てなかった事に気が付いた。。。

そう、それはホントにたまたまだった。
その日は何の気なしに、ヤマブキにカメラを向けたんだけど、
何となく、いつもの開放じゃなくてガチガチに絞って撮ろうと思ったんだ。
今でも何でそう思ったのかは分からない^^

で、ファインダーを覗いて気が付いた。

「ヤマブキの尾ビレって、赤い水玉だったんだぁ!」

何を今さらと思われようが、しょうがない。
今まで全然尾ビレに注意してなかったのは事実なのだ(笑)

ヤマブキハゼ
a0155467_19154721.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f22(14年11月1日 真栄田にて)

尻ビレがけっこうキレイなのは分かっていたんだけど、尾ビレはなぁ(笑)
何と言っても池ちゃんはこんな写真ばっか撮ってきたような気がする。。。

ヤマブキ いつもの池ちゃんバージョン
a0155467_19195698.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月20日 真栄田にて)

ね、こんなん撮ってたら尾ビレに神経いかないよね(笑)

で、ここまではエピローグ!
で、この1枚目を撮ったのはいいんだけど、尻ビレとかは全然開いていないし。。。
だから、ある程度ちゃんとした図鑑写真を撮ろうと思ってたんだ♪

そしたら名護湾でそのチャンスが(^0^)

山吹
a0155467_19283436.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f16(14年12月14日 名護にて)

それにしても

節穴にもほどがある!!

by ikechannomp | 2015-02-17 19:33 | 沖縄 名護 | Comments(2)

嬉しさ半分~第23回2015おきなわマラソン~

づがれ゛だぁ~~~

昨日は
第23回2015おきなわマラソン

去年は
「タイムなんざ~どーでもいい!
 とにかく完走さえできれば・・・」

って、思っての出場だった。
だから、ゴールできた時はウレシカッタなぁ!!

今年は密かに野望が(笑)

というのも、去年は本番前に2回程30km走をやったんだけど、2回とも
20km過ぎからのヒザの激痛で、ラスト10kmは歩いちゃ走りの繰り返しだった。
で、本番の去年のおきなわマラソン!
やっぱしヒザの激痛で、歩いちゃ走り、歩いちゃ走りで、
何とかゴールに滑り込めたのだ。

が、今年の30km走!
ヒザの痛みがあんまし出なかったの♪
しかもタイムは3時間32分^^

ヒザの痛みさえ出なかったら、4時間台でっていう
野望も分かるでしょ(笑)

で、昨日。

やっぱしヒザに来ちゃった・・・(>_<)

a0155467_1758693.jpg


去年より少しだけタイムアップできたけど、
野望を抱いてた分、嬉しさも半分くらいかな。。。

by ikechannomp | 2015-02-16 17:59 | 陸上 | Comments(6)

女子高生達をリスペクト~カクレクマノミ~

珍しくこの水曜日(2月11日建国記念日)に撮った写真のアップだ^^

どーいった風の吹きまわしかっていうと!?

このブログを見てくれているダイバーさんなら、目にした方も多いと思うけど、

クマノミがイソギンチャクに刺されない謎を女子高生が解明
っていうアレである。

コレすっごいよねぇ♪
ただただ尊敬だ!!!

この記事にインスパイアされて、カクレクマノミを撮りに行ったのだ♪

何を隠そう池ちゃんは、意外に思われるけど、こういうった魚の習性とかの
話が好きなのだ♪
そういった習性を分かった上で撮影に臨むと、より興味深く接する事が
できる気がするのだ^^

「へへへ、おじさんは知ってるぞー!
 お前達の粘液って濃いマグネシウムが
  入ってるんだってな!!」


ただの変態だ(笑)

とにかく、その女子高生達に尊敬と感謝をしつつ、砂辺に向かったのだ♪
そういう訳だから、ホントはイソギンチャクに守られてるカクレっていう
コンセプトで撮ろうと思ったんだけど・・・。

カクレクマノミ
a0155467_18343474.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年2月11日 砂辺にて)

守られてるっていうより、せいぜいその名の通り「隠れてる」だけだね(笑)

隠れながらもアクビ
a0155467_1837777.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年2月11日 砂辺にて)

もうちょっと寄って

隠れクマノミ
a0155467_18394732.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年2月11日 砂辺にて)

イソギンチャクに守られて隠れてる写真にも飽きちゃったんで(笑)
淡~い感じを目指して^^

淡~~~いカクレ
a0155467_18432494.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(15年2月11日 砂辺にて)

by ikechannomp | 2015-02-14 18:47 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

例外的にテンションの上がる子~オトヒメエビ~

このブログを見てくれている人はとっくにご存じだと思うけど、
池ちゃんは幼魚が好きだ♪

 何を今さら!

確かに「今さら何を」っていう感じなんだけど(笑)、
では甲殻類はどうだろうか?

改めて考えてみたんだけど、甲殻類に関しては、
魚ほど小さい個体もしくは若い個体っていうのを、意識した事はナイ!

魚にも全然詳しくないけど、甲殻類に関してはホントのズブの素人だ。。。
そのド素人の考えなんで、あてにならないけど、
甲殻類には脱皮を繰り返す事によって大きくなっていく種類がある。
つまり、小さい(若い)個体も大人の個体も姿形は同じという事だ。

ただ、魚で言うと稚魚という感じの時期は、幼体と呼ばれ大人の個体とは
だいぶ姿形が違うのもいるらしいが・・・。

 あ~、自分の無知が悲しい。。。

とにかく何が言いたいかと言うと、

 魚→幼魚と成魚では姿形が全然違うモノも多くて、
     池ちゃんが好きなスズメダイの仲間は、幼魚の季節の方が断然
     カワイイ子が多い!

 甲殻類→子供でも大人と姿かたちが同じ子が多い(気がする)。         
           ↓
魚に関しては幼魚にこだわってカメラを向けたりするけど、
甲殻類に関しては、別にどっちでもいい(笑)


が、何にでも例外はある!!

例外っちゅうくらいだから、その例外の子に会えた時はテンションがあがる(^0^)

オトヒメエビの若い個体
a0155467_22404585.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年11月30日 真栄田にて)

ちなみに大人はこんな感じ

オトヒメエビ
a0155467_2244589.jpg


ね、若い個体は赤くって初々しいでしょ^^


オトヒメエビの若い個体その2
a0155467_22472363.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年11月30日 真栄田にて)

オトヒメエビっていわゆるチョー普通種で、千葉でダイビングを始めた頃から
よく見ていた。
池ちゃんが撮るんだから、当然ここ沖縄の海でも普通種だ(笑)

ただ、普通種のわりには、こういう若い個体との出会いって少ない。
少ないっていうか、池ちゃんは今回で2回目だ!

大人のオトヒメが普通にいっぱいいるなら、若い個体はもっと多いハズだ。
だから、ただ単に池ちゃんが出会えていないだけという事は、分かる。

分かるけれど、2回目だ!
いやがおうにもテンションは上がる(^0^)

ピンクのバックで^^

ピンクい乙姫
a0155467_22585117.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年11月30日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2015-02-11 23:01 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(10)

海に向かう理由~クロメガネスズメダイ~

相も変わらずいつもの子の登場だ(汗)
しかもバックもいつもの真栄田な感じだ・・・。

・・・ ・・・ ・・・。

そう、バックなのだ。

被写体はホントにいつものクロメガネスズメダイだ。
砂辺でも真栄田でも、やたら見ている。

だからこそバックなのだ!

池ちゃん好みのバックでなければ、今さらクロメガネには
カメラを向けないだろう(笑)
逆を言えば、どんなに見飽きてる子でも、バックが良ければ
何回でもカメラを向けちゃうのだ^^

オレンジバックのクロメガネ:クロメガネスズメダイ
a0155467_15152095.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年11月30日 真栄田にて)

同じバックでも、ほんの数cmずれるとこんなに残念な感じに(笑)

クロメガネの正面
a0155467_15184153.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年11月30日 真栄田にて)

個人的にスズメダイの正面顔って、大好きなんだけど
さすがにこの2枚目は残念な感じとしか言いようがない。

1枚目の感じも好きなんだけど、クロメガネの背ビレってオレンジ色でしょ♪
1枚目だと、その背ビレがバックに溶け込んじゃってるんだよね。
顔(厳密には目なんだけど)だけにピンが来て、あとはバックに溶け込ますっていう
撮り方も、池ちゃんはよくやってるんだけど、背ビレのオレンジを
溶け込ますっていうのは、正直ピンとこない。

で、こんな感じを狙ってみた^^

カラフル黒メガネ
a0155467_1526823.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年11月30日 真栄田にて)

バックへの小さなこだわりを持っての撮影。
そんな時間が楽しいから、多少寒くても海に向かうんだよね^^

by ikechannomp | 2015-02-08 15:31 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(2)

シュールな絵!?

いまだに去年の11月の真栄田でのブログだ。。。
自分でも、どうかと思わざるを得ない(笑)

ログを見返してみたんだけど、この11月24日の真栄田の水温は24℃!
当日は十分に寒さを感じてたように記憶してるけど、今思えば
ずいぶん暖かい水温だ^^

一番最近潜ったのは1月24日の砂辺なんだけど、その時の1本目は
19℃だった(>_<)

おかげ様でと言うか、池ちゃんはここ2年でけっこうダイエットに成功している♪
それはいいのだが、ウエットスーツはブカブカだ!
水温19℃でブカブカのウエットスーツで、ジャバジャバ水が入ってきてご覧なさい!!
そりゃぁ震えあがるし、心も折れる。。。

話を11月真栄田に戻そう。

一般的にサンゴやイソギンチャクの白化現象の原因としては、
まず海水温の上がりすぎが挙げられる。

そう、この11月24日に真栄田のツバメの根のトップで、
白化したイソギンチャクを2つ見つけたのだ!!

が、水温24℃で白化が起きる事はナイ。
10月にはかなり強い台風が直撃したし、少し離れてはいたけど
11月の頭にも台風が近づいていた。
そういった台風の影響なのか、はたまたイソギンチャクの病気なのかは
分からないけど、2つのイソギンチャクが白かった。。。

2つというのが、これまた気になるんだけど、池ちゃんがいくら考えたとこで
原因は分からないんで、ウダウダ言ってないで、写真をアップしよう(笑)

まずはこの子!

白化とレモン:レモンスズメダイ
a0155467_19175452.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f14(14年11月24日 真栄田にて)

もっとオモシロい絵が撮れると思ったんだけど、そうでもナイね(笑)

上のレモンとは別のイソギンチャクで^^

白化とクマノミ
a0155467_1921285.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f14(14年11月24日 真栄田にて)

撮った日にちは違うけど、このクマノミのとこのイソギンチャクで

白化とミツボシ:ミツボシクロスズメダイ幼魚
a0155467_1927113.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年11月1日 真栄田にて)

1枚目のレモンと同じイソギンチャクに戻ろう^^

白化とハタタテ:ハタタテハゼ
a0155467_1932155.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(14年11月24日 真栄田にて)

白化イソギンチャクとハタタテハゼって、ちょっとシュールじゃない!?

by ikechannomp | 2015-02-05 19:37 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

スルーできない!!~ハマクマノミ~

もう何回か書いてると思うけど、日本で見られるクマノミ6種類の中では、
ザ・クマノミが一番好き♪

チビッ子限定なのはもちろんなんだけど、
顔の黒い子は苦手で、あんまし撮る事はナイ。
イソギンチャクは、まぁ何でも撮るけど、好みで言えば
カザリイソギンチャクやジュズダマイソギンチャクに付いてる子が好み。
シライトイソギンチャクなら、先っぽが青いそれより、黄色い方が好き!!

色々とウルサイもんだ(笑)

ま、6種類のクマノミの仲間の中では、一番数も多いし、
色々とウルサイ事も言えるのだ^^

という訳で、一番好きと言いつつ、
クマノミのチビッ子をスルーする事も多いけど、

見つけたら100%撮る子がいる!!

この子だ!!

チビハマ3本ライン:ハマクマノミ幼魚
a0155467_19203494.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f4.5(14年11月24日 真栄田にて)

真栄田のツバメの根っていうポイントのトップに10cmくらいの穴が
あったんだけど、その穴の中に小さなカザリイソギンチャクがあった。
そこで、この3本ラインのハマクマノミの幼魚を発見!!

水深は5mくらいだったんだけど、この日はけっこう潮がかかっていて、
体がもっていかれる。。。
10cmくらいの穴の中の子を撮るっていう事で、ストロボの光を当てづらい。。。

けっして簡単な撮影環境じゃなかったけど、この3本ラインの子は
スルーできない!!

好きなのだ(^0^)

ハマクマノミの幼魚はほとんどが1本ラインなんだけど、
体色はうすいオレンジ色っていう感じだ。
それに対して、3本ラインの子の体色は鮮やかな濃いオレンジ色で、
ラインもくっきりしている^^
体型も1本ラインの子より、すっきりしている印象だ。

突然変異なのか遺伝なのかは分からないけど、3本ラインの子は
レアなのもいい(笑)

やっぱしスルーできない!!

丸の中の可愛い子
a0155467_1934192.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f4.5(14年11月24日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2015-02-02 19:36 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)