揺さぶられた心

この子との出会いは、文句ナシにテンションが上がる^^
スズメダイ好きな池ちゃんとしても、トップクラスに好きな子だ。

まず何と言ってもカワイイ♪
水色のドットなんざぁ~、もうたまらん!

自分で書いていて気が付いたけど、こりゃそーとー危ない(笑)

いい年をしたおじさんが、スズメダイという小さな魚のドット柄に
キュンキュンしているのだ。
ノンダイバーさんだったら、おっかなくて近寄れないだろう(笑)

ルリホシ:ルリホシスズメダイ幼魚
a0155467_18402976.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f6.3(14年10月18日 砂辺にて)

撮った事のある人は十分に身にしみてるかもしれないけど、
ルリホシスズメダイって、そーとー手ごわい相手だ!
ホバリングする事はめったになくて、常に動いている。
しかもかなりの臆病モンで、すぐにサンゴの隙間なんかに隠れちゃう。

まさに一瞬一瞬が勝負なのだ!!

おまけに単独で住んでいて、数はそう多くない。
年に100本ちょっとのペースで潜っている池ちゃんが、この子の幼魚に
出会うのは年に2~3匹といった感じである。

可愛くて、数は多くなくて、撮影は困難。

水中写真を趣味としているモノの心を
揺さぶるには十分だ!!


ボケが強くて分かりづらいけど、1枚目にはイシガキカエルウオも
一緒に写っている。

こっちのは分かりやすいけどね・・・

ルリホシその2
a0155467_1934267.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f6.3(14年10月18日 砂辺にて)

イシガキケロとのコラボは一応意識したんだけど、とにかく
動き回るルリホシ相手ではコレが精一杯だった・・・。

もう一つこだわったシチュエーションがある。
とにかく待って、待って、待って、ようやく1枚だけ何とかね♪

ルリホシと青い海
a0155467_1991323.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f6.3(14年10月18日 砂辺にて)

ルリホシって海底ちかくにいる事が多いと思う。
そんなルリホシで、極一部とは言え、青抜きを入れられる
シチュエーションって、ホントにホントに稀だ!!

ラストは普通に可愛く撮りたかった^^

ル・リ・ホ・シ
a0155467_19131713.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f8(14年10月18日 砂辺にて)

by ikechannomp | 2014-11-28 19:17 | 沖縄 砂辺 | Comments(12)

ちょこっと幻想的!?

またまたミズタマサンゴがらみである。
近々にもう1回ミズタマが出てくる予定だ♪

今ふと思ったんだけど、この頻度でミズタマサンゴが
出てくるブログって、少なくても

沖縄イチかもしれない^^

なんつーしょーもない沖縄イチだ(笑)

でも今調べてみたら2013年は1回もミズタマサンゴがらみの
写真を撮っていなかったのだ。
何で今年はこんなにミズタマがらみを撮っているのかは
自分でも分からない。

「気が向いたから」

としか言いようがない(笑)

今回の被写体はこいつだ!

バブルコーラルシュリンプ
a0155467_8315521.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年10月18日 砂辺にて)

う~ん、我ながら面白くも何ともない1枚だ(笑)

今回何でコイツに目を向けたかと言うと、
ミズタマの背景が使えると思ったから♪

バブルコーラルシュリンプその2
a0155467_837275.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年10月18日 砂辺にて)

まだまだ~!!

赤と緑とバブルコーラル
a0155467_8444334.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年10月18日 砂辺にて)

ちょっこっと幻想的!?

by ikechannomp | 2014-11-26 08:46 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

アイデア枯渇!?

あ~あ、せっかく前回のアップではオキベニとミズタマサンゴの
青抜きっていうお初のシチュエーションだったのに・・・

ただここで声を大にして言いたい!!
こちとら、ほぼ毎週沖縄のビーチで潜っているのだ。

そうそう珍しいシチュエーションに
お目に掛れるハズがナイではないか!!!


と言う事で以前にも似たような絵をアップしたような気がするけど(笑)

キンセンの白砂飛ばしもどき:キンセンハゼ幼魚
a0155467_1838294.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/200秒・f2.8(14年9月27日 砂辺にて)

ここ砂辺では、まぁこのキンセンハゼがどっさりいる(笑)
真栄田にもいるけど、ここまで多くないし、本部の水納島や瀬底島でも
砂辺ほど多くはいない。

そんなにどっさりいるのなら、せめてシチュエーションを変えれば!?

いや、あの、その・・・アイデアがそんなにいっぱいある訳ではなくて・・・(汗)

今回のキンセンハゼは3cmくらいだったかな、小さめの個体だ。
幼魚というほど小さくはないかもしれない。

近くに成魚がいたんで比較のために撮ってみた。

キンセンハゼ
a0155467_185617.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f2.8(14年9月27日 砂辺にて)

チト分かりづらいけど、第一背ビレの第一棘が伸長しているのだ。
1枚目の子は、まだその伸長がみられていないステージだ。

キンセンハゼずっと着底する事なく、ホバリング状態も長い。
個人的には白砂飛ばしを最もしやすい個体だと思っている♪

1枚目は砂の茶色が残っちゃってる写真だね。。。
もう少しストロボを強くして^^

白いキンセンのバックオーライ
a0155467_1981112.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f2.8(14年9月27日 砂辺にて)

by ikechannomp | 2014-11-22 19:15 | 沖縄 砂辺 | Comments(6)

初めてのシチュエーション!!

さぁ、こっから砂辺での写真がちと続く。。。

自分で探せないだけなんだろうけど、砂辺は真栄田よりは生物層が
少ないように思ってる。

そんな中でどう被写体を見つけ、
自分なりの絵を作っていくか!?


けっこう苦労しているってのが正直なトコだ(笑)

真栄田なら2本潜って、だいたい200枚くらいはシャッターを切っている。
砂辺で少ない時は100枚ちょっとだ。
多けりゃいいってモンじゃないのは分かってるけど、コレは撮りたいっていう子や
シチュエーションになかなか出会えていないっていうのがホントのトコだ。。。

でもね・・・

この日はチト珍しいシチュエーションに出会えたのだ!!
ってか、個人的には初めてのシチュエーションだ(^0^)


以前にも書いたけど、砂辺にはそりゃぁたくさんのミズタマサンゴがある。

良かったら「以前にも書いた」ってトコをクリックして下さいな^^
そのブログで最後の方に出てくるイソギンチャクモエビのミズタマサンゴが
今日のシチュエーションだ。

実はこの日初めて気が付いたんだけど、このミズタマサンゴは根の中腹にあって、
サンゴの下に潜り込めるのだ!!

そしたら(^0^)/

ミズタマとオキベニ:オキナワベニハゼ
a0155467_19342185.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月27日 砂辺にて)

ねっ、珍しくない!?

だってオキベニって基本天井張り付き型のベニハゼだし、ミズタマと
一緒に撮れるって!!

少し絞って^^

ミズタマとオキベニその2
a0155467_19382963.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f10(14年9月27日 砂辺にて)

ホントはこの3枚の中では一番最初に撮ったんだけど(笑)、
少し引いて、青を入れて!!

ミズタマと青と沖紅
a0155467_19412830.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月27日 砂辺にて)

自慢だけど・・・(笑)

まずオキナワベニハゼの青抜きのチャンスはほとんどナイ!
その上そこにミズタマである!!

ウレシかったぁ(^0^)

by ikechannomp | 2014-11-19 19:51 | 沖縄 砂辺 | Comments(2)

詰めが甘い(>_<)

今日の写真は、そーとー燃えたシチュエーションだ!!

池ちゃんが燃えると・・・

たいていロクな事がない(>_<)

シャッターを切るだけなんだから、力の入れようがないとは思うんだけど、
いわゆる力の入りすぎっていうか、気持ちが空回りしちゃうっていうか。。。

被写体はまぁいつものこの子だし、大きさは4cmくらいと
少し育っちゃっている。
この子だけだったら、まぁカメラを向ける事はなかったであろう。

ただ、最近このブログで出てくる、紫というかピンクのアレがバックである^^

パープル黒眼鏡:クロメガネスズメダイ幼魚
a0155467_1825846.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f4.5(14年9月20日 真栄田にて)

ただ最近このブログでアップしている紫というかピンクのカイメン(?)とは
違う場所である。
そんな事は皆さんにはどーでもいい話であろうが(笑)、ここには
このカイメン(?)だけじゃなくて、近くにコレがある!!

ケヤリと黒眼鏡
a0155467_18105782.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f4.5(14年9月20日 真栄田にて)

う~ん、分かりづらいよね(笑)

この場所でこの子を撮る時って、やたら時間が掛った。。。
紫バックのトコにはスズメダイもそこそこ来るんだけど、ケヤリのトコまでは
あんまし来ない。。。

待つしかない!!

んで、待ってる間にこんな1枚も^^

ケヤリとピンクとアカホシ
a0155467_18174036.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f4.5(14年9月20日 真栄田にて)

この1枚ならケヤリって分かりやすいね♪
じゃぁ、クロメガネに戻ろう^^

ケヤリと黒眼鏡その2
a0155467_182053.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f4.5(14年9月20日 真栄田にて)

さてさて、池ちゃんとしてはケヤリと紫とスズメダイを
バランスよく配置したいのだ!!

待って、待って、待って、その瞬間が!!

パープルとケヤリと黒眼鏡
a0155467_18235779.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f4.5(14年9月20日 真栄田にて)

ケヤリが潮になびく感じといい、紫の面積といい
まさにパーフェクトである。

が・・・

尾ビレがちょっとだけ
切れてるではないか(>_<)


ロクな事がないというか、
詰めの甘さは健在である(笑)

by ikechannomp | 2014-11-16 18:40 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

運命ではナイが・・・

忘れた頃にひょいと撮りたくなるのがこの子(^0^)

相いも変わらずの普通種だけど、半年に1回くらいは
カメラを向けてると思う。

この日はその半年に1回がやってきたようだ(笑)
まずは1本目に巣穴に入ってるこの子を撮影♪

ギンポの笑顔:ミナミギンポ
a0155467_18161997.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月20日 真栄田にて)

ミナミギンポの顔って、何回見ても笑顔にしか見えない!
そこが可愛いんだけど、やっぱりこういう写真は見飽きてるし、
撮り飽きている。。。
多分、1本目だけだったらボツとしていただろう。

世の中不思議なモンである!
ふだんは「あ~、ミナミギンポね」って感じで、スルーしちゃう事が多いんだけど、
何となく気まぐれでカメラを向けた日に、2本目で池ちゃんの目の前を
ヘロヘロと泳ぐこの子に出会ったのだ!!

運命を感じた訳ではナイ(笑)

感じた訳ではないけど、やっぱし自然とカメラを向けていた♪

ミナミギンポ
a0155467_18353291.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f4.5(14年9月20日 真栄田にて)

ヘロヘロと泳ぐこの子のバックを意識して♪

カラフル系ミナミギンポ
a0155467_18384464.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f4.5(14年9月20日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-11-13 18:45 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)

何だかんだ言っても

もし良かったら、このブログのタグをご覧いただきたい。

2014年11月10日現在では、スズメダイ科が146で
見事(?)トップとなっている^^
このブログのスタート当初からしばらくは、ハゼ科がダントツだったハズだ。
ま、今でもクロユリハゼ科をプラスすれば、ギリギリでハゼ科の方が多い。

前にも書いたけど、デジイチを持った当初は共生ハゼが好きで、
ヒレナガネジリンボウやらヤシャハゼばっか撮っていた。

けど、いつの頃からか写真において、被写体そのものの美しさをいかに
切り取るかという事より、背景を生かした(池ちゃんの場合、その多くは
バックをボカしてだけど・・・)写真を撮る事に喜びを感じるようになった。

自然とバックが砂地やガレ場である共生ハゼにカメラを向ける
機会が減ってきた。。。
今ではハゼを撮る場合でも、バックを選んでのベニハゼやイソハゼの撮影が
多くなってきている。

ただ、そこは気まぐれ池ちゃん(笑)

ある意味リスクを抱えながらも、自由気ままにソロセルフで潜っているのだ。
気が向きゃ、何でも撮る!!

この日は最初にこのハゼを撮った♪

ハタタテシノビハゼ
a0155467_19321456.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f10(14年9月20日 真栄田にて)

地味~~~な子の印象が強いシノビハゼの中では
唯一好きな子だ♪

1/80秒・f10というおおよそ池ちゃんらしくない露出だけれど(笑)、
このハゼはやっぱし全身にあるラメラメがキレイだと思ってる。
バックをボカしたいとこだけど、このラメラメを生かすには
多少なりとも絞っておきたいとこだ^^
f20とか、もっとギンギンに絞るのも手だろうけど、
個人的にはハイキーな雰囲気も残したいのだ。。。

このハタタテシノビで共生ハゼのスイッチが入った!!

このハタタテシノビから1mと離れていないとこに、
この子がいる^^

ヤマブキハゼ
a0155467_19444645.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月20日 真栄田にて)

バックに何となく「赤」があったんで、使えるかなって思って
いつもの開放で撮ってみた♪

撮り飽きてるヤシャも、4cmくらいのチビッ子なら^^

ヤシャハゼ幼魚
a0155467_19494413.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月20日 真栄田にて)

体より第一背ビレの方が長いかも^^

ラストはこの子♪
この子もギチギチに絞って、雰囲気を出すっていう撮り方も
アリなんだけど、どうしても個人的には爽やか系が好き^^

爽やか系ダンダラ:ダンダラダテハゼ
a0155467_19554383.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月20日 真栄田にて)

でも、ちょっとスイッチが入ればこの子達の他にも人気の
ホタテツノハゼもいれば、ヒレナガネジリンボウも寄り放題だ。
真栄田岬のポテンシャルの高さってステキだ!!

でも何だかんだ言っても、f2.8じゃないのは
1枚目だけジャン(笑)

by ikechannomp | 2014-11-10 20:08 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(2)

マイルール

割と最近アップした被写体を
またアップする事に、
「引け目」とか「負い目」っていうモンは
感じないのか!?


もしそう問われたら、スミマセンとかいいようがない(笑)

他の方のブログを拝見していると、潜った直近の写真をアップして、
間があきそうな時に、ある程度昔の写真をアップしている方が多いようだ。

旬のネタが見られるし、撮ったばかりの感動が伝わってもくるってモンだ(^0^)

池ちゃんもアップする順番をもう少し考えた方がいいのかも
しれないけど、池ちゃんには池ちゃんのルールがある。

っていうか、今日どの写真をアップするか迷うのがメンドーなのだ(笑)

池ちゃんは水中写真のアルバムを作っている。
例えば前回のイシガキケロは、多分あの子だけで20~30枚くらいは
撮ったように記憶している。
その中から1枚だけ「カメラのキタムラ」でプリントしているのだ♪
んで、その1枚と絡めて+2~3枚をブログアップしている。
そのブログアップする写真以外は、全て消去となる運命だ。。。

このアルバムもつい先日、25冊目に突入したとこだ!!

とにかく池ちゃんはこのアルバムの順番とおりに
ブログアップしているのだ。

って事で、池ちゃんのアルバムには、
『ピンクなイシガキケロ』の次にはこの子が貼られているのだ^^

メガネスズメダイ幼魚
a0155467_20371590.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月20日 真栄田にて)

ホントを言うと、この2枚目みたいな「赤」を生かした
バックで撮りたかったのだ。

赤とメガネ
a0155467_20413349.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月20日 真栄田にて)

ただ残念ながら、「赤」が何となくかすれた色になっちゃっている。。。
ここでは何十枚もシャッターを切ったんだけどなぁ(>_<)

「赤」がダメならコレかなぁ~^^

花とメガネ
a0155467_211493.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月20日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-11-07 20:53 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(8)

よっぽどの環境だ!!

ちょっと前にこのブログで、レモンスズメダイとかオキベニ
紫と言うかピンクと言うかよく分かんないけど、とにかくそんな色をした
カイメンみたいなモンをバックにしての写真をアップした。
もう皆さんはお分かりだろう。

今日もそれだ(笑)

で、今回の被写体はこの子♪

パープルなイシガキケロ:イシガキカエルウオ
a0155467_21385530.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月14日 真栄田にて)

ギンポの仲間の中では、池ちゃんは圧倒的に
このイシガキカエルウオを撮ってきた!!
そのイシガキケロの中でもここ数年は、2cmくらいまでの
幼魚しかほぼ撮っていない^^
成魚を撮るとしたら、よっぽどいい環境にいた時だ。

池ちゃん的に、『よっぽど』の環境なのだ(^0^)

おォ~、何だこの色は?
自慢じゃないが、もう1回コレを撮ってと言われても、
まったく自信がナイ(笑)
この青い感じのバックはどうやって撮ったんだろ???

ブルーなイシガキケロ
a0155467_21531161.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年9月14日 真栄田にて)

ところで、今日は珍しく3枚ともノートリミングだ。
別に威張る話でも何でもナイんだけど、ただイシガキケロで
この2枚目のように寄れる個体っていうのは珍しい!!

穴に入ってるイシガキケロならいくらでも寄れる。
引っ込んでもすぐに顔を出してくるだろうから、とにかく寄れる。
でも、出歩いている子でここまで寄っても逃げない子は珍しいのだ^^

2枚目もこんな感じの色をイメージしてたんだけどな・・・(笑)

ピンクなイシガキケロ
a0155467_2252490.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年9月14日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-11-04 22:07 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

今年最後の!?

今年はこのサンゴでけっこう遊ばせてもらった!!

既出の写真だけど、
例えば6月には

アサドスズメダイ幼魚
a0155467_1926720.jpg


7月には

モンツキスズメダイ幼魚
a0155467_1928144.jpg


8月には

ネッタイスズメダイ幼魚
a0155467_19374971.jpg


これ全部同じサンゴで撮った子達(^0^)

で、今回も同じサンゴで撮った子♪
今日は11月1日なんだけど、9月20以来1か月ぶり以上に真栄田に!!
今日もこのサンゴのとこにちょこっと寄ったんだけど、何もいなかった・・・。

って事で、このサンゴでのスズメ今年最後の子^^

フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚
a0155467_1953213.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f2.8(14年9月13日 真栄田にて)

何となく、らしい絵でしょ♪

ただ今回身にしみて思ったんだけど、撮るのにやたら苦労した(>_<)
フタスジリュウキュウって、こんなに撮りづらかったっけ・・・

フタスジって、けっこう泳ぎが止まる事も多いイメージだった。
もちろん今回の子も止まらないワケではないんだけど、こっちの
反射神経が鈍くなったんだろう。。。

とにかくここだって時にシャッターが切れない!

動きが止まった瞬間、シャッターが切れたと思ったら真正面だったり。。。
イヤ、真正面だとこのスズメダイは平べったいんで、絵になりづらいのだ。

完全な真正面じゃなくて、少し角度を付けて^^

笑顔のフタスジ
a0155467_2051173.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f2.8(14年9月13日 真栄田にて)

1枚目と似たような雰囲気だけど・・・

ほんわかフタスズリュウキュウ
a0155467_2063848.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/160秒・f2.8(14年9月13日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-11-01 20:12 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(10)