猛省中

今回の本部でのダイブは写真的には、恥ずかしいくらい
ロクなモンが撮れなかった(>_<)
まさか、たった4週間ぶりのダイブという事で、
勘が鈍ったっていうワケでもなかろう。。。

お気に入りは、1枚も撮れなかったんだけど、
ま、こんな日もあるわなと思うしかない^^

ただ、被写体としては前出のウミテングのチビッ子も久々に会えたし、
写真の出来はともかく、被写体はとっても可愛いかったのだ!!

それに今日アップする子も、恥ずかしながら初見の子だ♪

厳密に言えば、砂辺の棚上や真栄田のツバメの巣のトップで、
この子の成魚はちょくちょく見ている。
だが、問題は幼魚だ!!

成魚はこげ茶色一色っていう感じで、カメラを向けようっていう気にならない(笑)

幼魚がキレイな黄色だという事は知ってはいるんだけど、
見た事はなかった。。。
人様のブロブなんかで、可愛い幼魚の写真を見ては、
いいなぁって思ってたのだ(笑)

ああいう生活環境のトコにいるのね^^

黄色い透明感:インドカエルウオ幼魚
a0155467_19283017.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f6.3(14年8月16日 水納島にて)

正直、幼魚と言っても少し成長しちゃってるよね(汗)
写真としても、見ましたよ、撮りましたよっていう
証拠写真の域を出てはいない。。。

それでも、久々のチビテングに続いて、初見の子に出会えたのである!!
ウッチーはこちらの期待に応えたガイドをしてくれた(^0^)

ダイブタイム的には満足できないけどね(笑)

で、夜も楽しかった!!

人間的な魅力サイコーの親方Hさん、ガイドのウッチー、
それにあの番長も加わっての飲み会(^0^)
楽しくないハズがない♪

飲みすぎた(>_<)

翌日のダイビングをドタキャンという、人としてあるまじき
行為をしてしまった池ちゃん。。。

猛省中。。。

by ikechannomp | 2014-09-30 19:51 | 沖縄 本部町 | Comments(4)

ジャパニーズスタイル!?

ダイブブリーズのウッチーと言えば、まずは人当たりの柔らかさと、
その性格と言うか人柄の良さである!!
それにとにかくマジメだ。
おまけに、けっこうなイケメンである!!!

まったくもって、腹が立つ事この上ない(笑)

で、ガイドの腕はと言うと、

 ・・・ ・・・ ・・・
 ・・・ ・・・ ・・・
 ・・・ ・・・ ・・・

このままだと、営業妨害でウッチーから訴えられそうだ(笑)

来沖した当初は仕方がないとしても、独立=ダイブブリーズの立ち上げ当初も
ガイドをしないガイドとして名を馳せていた(笑)
イヤ、コレは池ちゃんだけじゃなくて、番長も同意見だったハズだ。
来沖以前は、伊豆でガイドをしていたとの事であるが、
実はどっかの外国のコース取りだけのガイドを修行していたんじゃないかって、
密かに思ったモンだ(笑)

(笑)と書いたけど、ウッチーにとっては笑い事ではナイかもしれない!
こんなブログ見てくれている人は、おおよそ限られているとはいえ、
営業妨害での訴状が出来上がったというウワサもある(笑)

だが皆さん、ご安心あれ!

今のウッチーはすっかりジャパニーズ式
ガイドスタイルをしっかり
身に付けている(笑)


 ウッチー:「池ちゃんのタンクにはたっぷり窒素だけを充填しておきました」
 池ちゃん:「じゃぁ皆さん、2時間後にお会いしましょう」と言いつつバックロール

軽いジャブの応酬だ^^

水中では、まずは前出のベンケイハゼのとこでほぼフリータイム。
そんでもって、ベンケイに飽きた頃にこんなモンを見つけてくれた!!!

ウミテング幼魚
a0155467_21525446.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f4.5(14年8月16日 水納島にて)

大きさは1.5cmくらい(^0^)
もう、とにかく可愛いの一言だった!!

その小ささと、可愛さを写真でコレぽっちも表現できていない
自分の未熟さが悲しい(>_<)


年間ソロセルフダイビングが100本ちょっとで、
10本ちょっとがショップダイビングの池ちゃん。

池ちゃんにとっては、こういう自分じゃ探せそうもナイ子をガイドしてくれるのが
有難いっていうか、ショップダイビングの醍醐味なのである。

だから、今回ウッチーは、他のゲストの方をガイドしている間は、
ベンケイのとこでフリーに遊ばせてくれて、その後で、
池ちゃんじゃ見つけられそうもないウミテングのチビを
ガイドしてくれたのだ。

池ちゃんにとっては理想的なガイドスタイルとも言える。

ウッチー、こんなんで許してくれるでしょうか(笑)

当然、いつものf2.8でも撮ってはいるんだけど、今回はボツ。。。
もう1枚は写真をクリックすると少し大きい絵が^^
拡大すると、少しだけウミテングの寂しげな表情が^^

チビテング
a0155467_22171064.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f4.5(14年8月16日 水納島にて)

by ikechannomp | 2014-09-28 22:21 | 沖縄 本部町 | Comments(10)

池ちゃんの差し色

7月~8月のベストシーズンなのに、中3週間も空いてしまった。。。

「ブランクダイバーだぁ~~~」

なんて言ったら、怒られるだろうなぁ・・・^^

今年の初潜り以来のウッチーのお店でのダイビングだし、
何と言っても夏の水納島でのダイビングは、この世のすべてのイヤな事を
忘れさせてくれるくらいに、気持ちがいい(^0^)

それに初潜り同様、親方Hさんとご一緒させてもらってのダイビングだ。
楽しいに決まっている!!

まずは、ウッチーお勧めのベンケイ♪
ウッチーが言うにはそーとー寄れる個体らしい。

ベンケイハゼ
a0155467_21424538.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年8月16日 水納島にて)

ウッチーよ、甘~~~い!!!

横幅40cmくらいの穴というか隙間に、2匹のベンケイハゼがいる。
ウッチーのお勧めは手前にいる、この子らしい。
確かに、ベンケイハゼは個体によっては妙に神経質で、すぐに引っ込んじゃう子もいる。
それは十分に理解できる。

だが、池ちゃん的には手前の子じゃなくて、絶対に奥にいる子だ!!
池ちゃんは奥の子しか眼中になくて、奥にいた子が引っ込んじゃってる間だけ、
手前の子にカメラを向けただけなのである(笑)

奥にいた子♪

ベンケイハゼ その2
a0155467_21553391.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f2.8(14年8月16日 水納島にて)

「たいして変わらんじゃないか」

そう言う方もいるかもしれない。
そりゃそーである(笑)
ベンケイハゼなんざぁ、個体によってそうそう変わるモンじゃない^^

じゃ何が違うのか?

そう、バックが優しいのだ(^0^)

話がコロっと変わる。

池ちゃんのこれまでの人生、お洒落とかファッションセンスとかいうモンとは
まるっきり無縁なモノだった(笑)
多分というか、確実にこれからの人生も無縁だと思える(汗)

ブランド名とかファッション用語とかホントに疎い。
たまたま見ていたTVのロンハーで、「小木の差し色」とか言っていた。

「差し色」とは
単一の淡い地色に,濃い色を柄のように小さく配すること。ポイント-カラー。
という意らしい。

つまり、「小木の差し色」とは、おぎやはぎの小木はファッションでの「差し色」の
使い方が上手いという事らしい。

「差し色」という言葉自体それが初耳だった(汗)

ファッションの事は全然分からないけど、水中写真なら^^

ベンケイの差し色
a0155467_22111837.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年8月16日 水納島にて)

ウッチーよ、コレが池ちゃんの差し色だ(^0^)

あっ、たいした事ないっすか!?(笑)

by ikechannomp | 2014-09-24 22:27 | 沖縄 本部町 | Comments(4)

スルーできないシチュエーション

6月にもこんなシチュエーションの絵をアップした。。。

でもね・・・
どうしてもこのシチュエーションでのこの子はスルーできないんだよなぁ^^

という事で、見てる方が飽きるとかは、この際無視させて
いただことにする(笑)

オン・ザ・バルーン:イソギンチャクモエビ
a0155467_14515658.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年7月21日 真栄田にて)

甲殻類の中ではこのイソギンチャクモエビはかなり好きな方だ^^
で、その好きなエビさんが、たま~にミズタマサンゴの裏とかにいる事がある。

このエビさんは、その名のとおり、イソギンチャクの周辺で見かける事の方が多い。
確かミズタマサンゴは、暖かい海にしかなかったように記憶している。
で、特に砂辺とかにはやたらミズタマサンゴがあるけれど、それでも
そこにこのエビがいる方が稀だ!!
今回の子はいつもの真栄田だけど、このミズタマサンゴは
ちょこちょこチェックしている。
でも、このミズタマサンゴでイソギンチャクモエビを見かけたのは
2回だけである!!
隠れていて、見ていないだけかもしれないけど、

そんなモン見かけた日にゃあ、
撮らずにはいられない♪


ってなモンだ(笑)

今回はバックの『赤』意識して♪

ホワイトバルーンの赤バック
a0155467_1510765.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/200秒・f2.8(14年7月21日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-09-21 15:11 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(8)

慣れって・・・

この子を見かけると、妙にウキウキした気分になる^^

 ・・・ハズだった!?

ピントは甘々だけど、まずはこの1枚♪

小さな天狗:テングカワハギ
a0155467_2113193.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f8(14年7月21日 真栄田にて)

少し大きめのネッタイスズメダイと一緒に写ってるんで、
何となく大きさが伝わるかとも思うけど、4cmくらいの
可愛い盛りの頃だ!!

第一背ビレが立つタイミングを狙ってたんだけど、
たま~~~に第一背ビレが立った時には、あっちを向いていたり、
サンゴの陰にいたりと、とうとう撮れずじまいで終わってしまった。。。

第一背ビレは閉じてるけど、尾ビレが^^

テングカワハギ幼魚
a0155467_2195178.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(14年7月21日 真栄田にて)

前回のブログでも書いたけど、この7月21日の次のダイビングは
8月16日の本部でのそれになってしまった。。。

 ベストシーズンなのに(>_<)

で、その本部でもテングカワハギとご対面。

4週間ぶりのダイビングとはいえ、テングカワハギに限って言えば、
連チャンでのご対面で、ウキウキ感がぁ・・・(笑)

真栄田の子は、キレイなサンゴのとこにいたから、サンゴの先っぽの
「紫」も生かしたかった。
んで、ハイキーな雰囲気を残しつつ、「紫」が分かるようこの露出を選んでみた。

でも、本部の子は普通のエダサンゴ(ヒメマツエダサンゴってヤツかな)^^
いつものf2.8オンリーで撮ってたんだけど、この子は第一背ビレを!!

テングの第一背ビレ
a0155467_21305160.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年8月16日 本部にて)

で、7月の真栄田の子をもう一枚♪

ラブリーなテング
a0155467_21365495.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(14年7月21日 真栄田にて)

その後、8/23、8/24、8/30、9/13、9/14と真栄田で潜ってる^^
 (ちなみに9/6は砂辺だ♪)
で、その後の真栄田でも毎週テングカワハギは見ている。

ん、見ている???

そう、最近は全部テングをスルーしているのだ。。。

慣れって・・・

by ikechannomp | 2014-09-17 21:50 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)

会いたかった 会いたかった 会いたかった Yes!

会いたかった 会いたかった
  会いたかった Yes! 君に~

この時の気持ちを歌にするとすれば、コレしかない!!

このブログを見てくださっている方はお分かりかと思うけど、
池ちゃんはスズメダイが好き♪
その数いるスズメの中でも、この子に会いたかったのだ!!

そりゃ海外を含めると、まだまだ見てみたいスズメはいっぱいいるけれど、
ここ沖縄で見られるスズメとしては、ダントツにこの子だ!!
愛読書(?)の図鑑「日本の海水魚」で見た時から、とにかく会いたかったのだ♪

伊江島とかホーシューにいるとは聞いていたけれど、まさかいつも潜っている
真栄田で会えるとは思っていなかった(^0^)/

最初この子を見た時には、見た事ないスズメだぞ!って思って
近づいていった。

周りにはモンツキスズメダイなんかがウロチョロしていたけど、
この子だけが違うモノを発していた(笑)
そう、一瞬だけ「ナガサキスズメダイ?」とも思ったけど、
オーラが出てる!!

何てことはナイだろうけど(笑)、正直池ちゃんは全然冷静でいられなかった(汗)
興奮でかなり砂を巻き上げての撮影になってしまった。。。
その時の絵がコレ♪
(画像のゴミ取りを一生懸命やりました・・・)

藤娘:シロボシスズメダイ幼魚
a0155467_21283791.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f10(14年7月21日 真栄田にて)

当然のように開放でも撮ってはいたけど、砂は舞ってるはピントは甘いは
のロクなモンがなかった。
早くリベンジに行きたかったのだが・・・

この7月21日の次のダイビングが何と8月16日になっていた!!
おかげ様で予想以上に今年は店が忙しかったし、
連チャンで来た台風の影響もあった。
しかも3週も潜らなかった上に、8月16日はウッチーのお店で
潜ったんで、結局リベンジに真栄田に行ったのは8月23日になってしまっていた。。。

まだいてくれているか、ドキドキしながらのエントリーだったけど♪

シロボシスズメダイ幼魚
a0155467_21411235.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年8月23日 真栄田にて)

しっかし何故なんだろう!?
この子は全身一色だ。
他にもっとハデだったり、カラフルなスズメダイも数多い。
が、この子には

『気品』

という言葉がピッタリくる^^

シロボシ様
a0155467_21482830.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年8月23日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-09-14 21:50 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)

にゃんこな目

スズメダイの仲間には猫の目のような印象を与える「目」を
持った子が意外と多い。
目の上部から下部へ黒いラインが走っているのだ^^

人気のマルスズメダイなんかもその一つではあるんだけど、
あんまし猫目っていうイメージはナイ!

池ちゃんの中では、猫目NO.1はこの子かな♪

玉ボケにゃんこ:ヒレグロスズメダイ幼魚
a0155467_6545539.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年7月21日 真栄田にて)

もう少し寄って^^

にゃんこな目
a0155467_657225.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f2.8(14年7月21日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-09-11 07:01 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(2)

簡単ではナイ。。。

砂辺でのチョー普通種スズメダイの在庫一掃セールではないが(笑)

クロメガネスズメダイ幼魚
a0155467_22342635.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年7月19日 砂辺にて)

黄色と青のスズメ:ニセネッタイスズメダイ幼魚・ナガサキスズメダイ幼魚
a0155467_22381587.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年7月19日 砂辺にて)

青抜きヒレナガ:ヒレナガスズメダイ幼魚
a0155467_22402627.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f5.6(14年7月19日 砂辺にて)

青抜きヒレナガ開放バージョン
a0155467_22432319.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年7月19日 砂辺にて)

青抜きヒレナガその2
a0155467_2245351.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f5.6(14年7月19日 砂辺にて)

このブログでは珍しく、写真がポン・ポン・ポンと並んだ^^

んで、これからのお話はあくまでも、写真を撮る池ちゃんの考え方や好みの話である。
人様の写真を見る時の話ではナイ事をご理解いただきたい。

個人的にピン甘の写真とかは論外であるけど、いわゆる
「ただ撮っただけの写真」がキライだ。

「こういう絵作りをしたい」とか、そこに意図がなければならないと思っている!!
つまり撮る時に、こういう絵を撮るというイメージが大切だよという事だ。

1枚目のクロメガネの写真は、赤っぽいバックをボカして
撮りたかったのである。
もうちょっと明るい雰囲気をイメージしてたように思うんで、
結果的にはイマイチだ。。。
だけど、意図はある程度伝わるかもしれない。

問題は、2枚目のニセネッタイとナガサキの絵である。

多分、この2枚目の絵を見て、池ちゃんの絵作りの意図が分かった人は
いないと思う(汗)

2枚目のニセネッタイの上の方の部分の背景が、池ちゃん好みなのである。
黄色とかちょこっと赤も入っていて、うまく撮れれば、いい感じに
パステルっぽくなると思っていたのである(笑)
それを狙ってるうちに、たまたまファインダーの中に
ナガサキスズメダイが入ってきただけなのである。

つまり、意図するところと違った絵が撮れた訳なのである(笑)

3~5枚目のヒレナガスズメダイの意図は明白だ!!

ヒレナガスズメダイをそんなに見慣れていない方には全然伝わらないんだけど、
ヒレナガスズメダイの幼魚の青抜きを撮るチャンスって、意外と少ないと思う!!

ヒレナガスズメダイって、ソフトコーラルの根本なんかにいる事が多くて、
なかなか青抜きでは撮れないのだ。
今回の子の場合は、ソフトコーラルが50cmくらい高い位置に生えていたのだ。
ありそーで、意外と少ないシチュエーションだから撮れた絵なのである。

「だから何?」

そんな声が聞こえてくる。。。

写真を撮る時は、そこに明確な意図があるべきである。
が、その意図を人様に伝わるように撮るのは、簡単ではナイ。。。

by ikechannomp | 2014-09-07 23:35 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

それが何か!?

さてさて、久し振りの砂辺だった。

他の方のブログやダイビングショップさんのブログを拝見してると、
なかなかどうして、ステキな被写体を見つけてるみたいだ。

ただ池ちゃん的には、なかなかコレっていう子を見つけられない(>_<)
んな書き方をすると、まるで真栄田ならコレっていう子にバンバン会えてる
みたいだが、もちろんそういう訳ではない!!

砂辺の方が、よりいっそう普通の子にしか出会っていないだけだ(笑)

でも・・・

いつもの子の、ちょっとした変化もまた楽しいのだ(^0^)

今日は砂辺で出会った、ほんのちょっと「オヤ!?」って思った子達だ^^

まずはこの子♪

爽やか系オキベニ:オキナワベニハゼ
a0155467_19121536.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f9(14年7月19日 砂辺にて)

写真の下側の白いとこは、砂辺には無数にあるソフトコーラル、トサカだ。
写真は上下反転させている。

オキナワベニハゼは天井張り付きタイプのベニハゼで、こういう
トサカの根本にいる子を見たのは初めてかもしれない!!

お次はこの子!!

パープルなツバメ:ツバメタナバタウオ幼魚
a0155467_19192722.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f9(14年7月19日 砂辺にて)

ツバメタナバタウオも砂辺なら100%見られるし、池ちゃんも
そこそこ撮ってきた。
ただ、簡単そーで、いまだにイメージ通りの絵が撮れた事のない子だ!

まず大きさは、体長2cmくらいと、今まで見てきたツバメの中では
一番小さい子だった!!
それと、薄い紫のバック!!

何枚かシャッターを切ってるうちに、さっと奥に逃げちゃって、
それからは待てど暮らせど出てこない。。。
このバックでシャッターを切って、そこそこピンが来てるのは
この1枚だけだった。。。

こうやって、珍しい子とかを全然探せない池ちゃんは、
ちょっと珍しいとこにいたとか、ちょっとだけ小さいとか、
バックがキレイだとかに、喜びを見出しているのである。

それが何か!?

by ikechannomp | 2014-09-04 19:30 | 沖縄 砂辺 | Comments(2)

小さな幸せかも^^

前回のブログで「スズメづくし」っていうコメントを
いただいたんですけど、スミマセン・・・

またスズメです。。。

でも前回みたいに地味な子じゃくて、
人気者だも~ん(^0^)


池ちゃんもこの子はやっぱし好きで、年に1回はじっくり
撮ってる気がする^^
この子は、長~い尾ビレを除いた体長が1cmくらいだったかな♪
ホント、かわゆいのだ!!

コレを撮ったのは7月12日だったんだけど、この頃はあちこちで
このサイズのこの子が見られていた。

小さな幸せかも^^

オっ、珍しくf9だ(笑)

マルちゃん:マルスズメダイ幼魚
a0155467_22131447.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f9(14年7月12日 真栄田にて)

やっぱしf2.8で^^

マルちゃん その2
a0155467_22165910.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年7月12日 真栄田にて)

同じ子だけど、バックに赤を入れて^^

マルちゃん その3
a0155467_22183274.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年7月12日 真栄田にて)

何とか体全部を赤の中に入れたかったんだけど・・・

レッドカーテンとマルちゃん
a0155467_22231540.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年7月12日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-09-01 22:26 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)