そんなお年頃~パステル調~

この子は来沖して、デジイチを買ってからはずっと
撮っている気がする。

来沖して9年と4カ月。
その間、ずっと年に100本以上は潜っている。
そんだけ沖縄で潜っていても、毎年この子を撮っているのは、
ひょっとしたら沖縄広しと言えども、池ちゃんぐらいかもしれない(笑)

でも、今年は3回目のチャレンジでやっとブログアップとなった。
これまでは毎年1回、この子と真剣に向き合えば、それなりの絵が撮れていた。

今年の過去2回は、砂辺でこの子に真剣に向き合っていた。
でも、水中で「いいぞ!」って思っても、家のPCで見ると
イマイチって感じが続いてた(>_<)

寄る年波のせいかローガンが進んで、ピントの山が分かりづらくなっているのもある。
でもそれ以上に、動く系のスズメダイを追っかけていて、「ここだっ!」っていう時に
シャッターを切れない反射神経の鈍さが目だってきたような気がする。。。

それでも、それでもだ・・・

スズメダイの幼魚が好きで、
ふんわり開放のパステル調が好きなのだ!!!


昔、誰かのブログで読んだのだが、

「ハゼは老後の楽しみにとっておく」

ハッキリとは覚えていないのだが、その方は当時ベラの写真を
よくアップしていたような気がする。

当時の池ちゃんは、ヒレネジとかヤシャハゼとかの共生ハゼを
好んで撮っていた時期だ♪

  「ハゼ」を老後の楽しみだなんて、失礼なヤツだ!」 とか
  「ジリジリと寄っていく、ハゼとの駆け引きを知らないなんて・・・」
 
とか思っていた!

今ならちょっとだけ分かるかな(汗)

お願い! 
もうちょっとスズメ達と遊ばせて!!


そんなお年頃の池ちゃんなのである(笑)

檸檬:レモンスズメダイ幼魚
a0155467_2338998.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

あまりにも見飽きているレモンスズメだけど、
この時期のチビッ子でバックがパステル調なら♪

トロけるレモン
a0155467_23462932.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)


おじさん池ちゃんが、精一杯ガンバリました^^

パステルレモン
a0155467_2343543.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-07-30 23:48 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

地味~~~な子を可愛く撮りたいっ!!

池ちゃんが撮りたい被写体は

 NO.1 「可愛い」もしくは「キレイな」レアモノ

 NO.2 「可愛い」もしくは「キレイな」普通種

 NO.3 レアだけど地味

 NO.4 地味な普通種

こんな順番だろうか^^


今日の被写体は微妙にNO.4に入るかも(笑)

えぇ~~~、そんなん撮るんかい!?

って感じがする。
普段から可愛い子が好きって言ってるクセに!!

この子の成魚なら、まず見向きもしない。
幼魚でも、べつにどーって事のナイ子だとも言える。
この子にまともに向き合ったのは数年ぶりのような気がする。。。

ただ今回は、可愛く撮れるような気がしたのだ!!

それが、ただの気のせいだったかどうかは、皆さんが判断してくれたらウレシイ♪

アサドスズメダイ幼魚
a0155467_23222641.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

池ちゃん的には、このアサドスズメダイとモンツキスズメダイが
沖縄2大地味スズメなのである(笑)

地味~~~な子を可愛く撮りたいっ!!

アサドスズメダイ幼魚 その2
a0155467_23264445.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

よりハイキーな雰囲気で♪

ほんわかアサド
a0155467_23282562.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-07-27 23:33 | Comments(6)

その笑顔は反則だ(^0^)

う~ん、何回撮ってもやっぱしカワイイとしか言いようがナイ(^0^)/

この子は成魚でも幼魚でも、基本的に姿かたちは一緒である。
しいて言えば、幼魚は少し【頭でっかち】かなぁっていう感じである♪

成魚は成魚で、その色んな表情を切り取るのも十分に楽しい!!
それに、ここぞっという場所でこの子を見つけた時は
カメラを向けずにはいられない^^

が・・・

その数はあまりにも多い!!

やっぱし見飽きている(笑)

ここ数年は、ここぞっていう場所の成魚か、
この時期の幼魚くらいしか撮っていないよう気がする^^

この時期は2~3cmのチビッ子が、そこらじゅうで見られる♪
そこらじゅうで見られるっていう事は、バックを色々と選べるって事(^0^)

少し頭でっかちのこの子の『笑顔』
切り取っている時間っていうのも至福の時間を言えるだろう^^

今回の子は多分1.5cmくらいと、かなりのチビッ子だ!!
この子は、ステキな場所というよりは、ちょっと面白いなっていうとこに^^

珍しく(?)ちょっと引き気味に、体の小ささが分かるように♪

ツブツブチビケロ:イシガキカエルウオ
a0155467_21341729.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

やっぱり、この子は表情重視で撮りたいモンだ^^

ツブツブチビケロその2
a0155467_21372193.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

この笑顔は反則だ(^0^)

ツブツブチビケロの笑顔
a0155467_21384752.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-07-24 21:43 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

オレだけじゃないハズ!!

いつの間にか標準和名が付いたみたいだ^^

ってか、実を言うとこの1枚目の子を撮ってる時は「ザ」の方だと
思って喜んでバシャバシャ撮っていたのだ(汗)

小さくて真っ赤なハゼ:スジシマイソハゼ
a0155467_22254088.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年6月8日 真栄田にて)

そう、「ザ」シマイソハゼだと思ったんだよなぁ。。。
ちなみに図鑑『日本のハゼ』にはシマイソハゼは青白横帯が5本で、
スジシマイソハゼは灰色横帯が6本とある。
この線の数っていうのが曲者で、最後の方だと線が途中までだったりする。
それを1本と数えるのかいっつも迷っちゃう訳だ。

今回はセルフで撮った子にもかかわらず、サンゴの産卵を見に
ドルフィンキックさんにお世話になった時に
スジシマイソハゼだろうと教えていただいた!!

池ちゃんもいい根性をしているってモンだ(汗)

で、このスジシマイソハゼ(『日本のハゼ』ではシマイソハゼ属の1種-1)は
夏場の真栄田でその気になって探せば、けっこう見つけられる^^
この1枚目の他にもこの日は、別の個体を撮ってるんだけど、
たいした写真じゃなかったんでボツに(笑)
ちなみにそのボツの子はちゃんとスジシマイソハゼと認識して撮った子だ^^

で、その翌週!!
1枚目の子もなかなかいいバックのとこにいてくれたんだけど、
その翌週の子も実にいいとこに♪

イエロー&レッド
a0155467_22501646.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f9(14年6月15日 真栄田にて)

でもさぁ、この2枚目の子を見て、『灰色横帯が6本』って
言われてもねぇ(笑)

そう思うのはオレだけじゃないハズ!!

2枚目は珍しく(?)ちょっとだけ絞って撮っている^^

ほとんど似たような雰囲気だけど、3枚目はやっぱしf2.8なんで
バックのボケ具合が違ってるよね♪

イエロー&レッド その2
a0155467_22533767.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f9(14年6月15日 真栄田にて)

この際名前は何にせよ、やっぱしこの子は可愛いな(^0^)

by ikechannomp | 2014-07-21 23:00 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(8)

自分の好みなんだけど・・・

個人的にはかなり好きなスズメだ^^
真栄田では、水深-3m~7mくらいの浅場で群れている。

ただ恥ずかしながら、池ちゃんは浅いとこが苦手だ(>_<)
-3mなんかで動く系のスズメなんざぁ、撮れたモンじゃない(笑)
自慢げに言う事ではないな!
今回はツバメの根のトップで撮ったんで、-5~6mってとこか。
このくらいの水深なら、うねってなければ何とかなる^^

このスズメの何が好きかって、まずはシュッとしたフォルムがカッチョイイ♪
フォルムはカッチョイイのに、表情なんかはかなり可愛いのだ!!

ただそれを表現するのは簡単そーで、コレがなかなかどうして難しい。。。

他の方のブログなんかで写真を拝見していると、このスズメに関しては
いわゆる図鑑写真みたいなのがけっこう多い気がする。

誤解しないでいただきたい。
コレはけして悪口ではナイ!!
あくまでも個人的な見解ではあるけれど、

 図鑑写真=被写体を真横からヒレ全開の瞬間を絞り込んで撮った写真

コレが自分なりの『図鑑写真』の定義だ。

被写体の魅力に正々堂々と立ち向かっている写真だ(笑)

が、池ちゃんの好みではナイ!
そう、あくまでも好みの問題だ。

池ちゃんとしては、表情重視であったり、

オキナワスズメ表情重視バージョン:オキナワスズメダイ幼魚
a0155467_2311595.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

真横からヒレ全開を狙ってはいるけれど、f2.8で背景から
被写体だけを浮き上がらせて撮ったりとか、

オキナワスズメダイ幼魚
a0155467_234596.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

せっかくだから、青抜きも^^

オキナワスズメ青抜きバージョン
a0155467_2363560.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f4.5(14年6月14日 真栄田にて)

写真の出来は置いといて(笑)、
自分の好みがハッキリしてるっていうのは
悪くナイと思うのだが、みなさんはどうお思いでしょうか!?

「えっ、同じような写真ばっか見せられるから、
  飽きてくる」って・・・。


そうとも言える(汗)

by ikechannomp | 2014-07-16 23:24 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)

地味に大好き!!

この子、地味に大好き!!

日本語としておかしいゾ(笑)

確かに日本語としておかしいような気がするけど、池ちゃんとしては
そうとしか言いようがナイ^^

被写体としては地味な子だ(笑)
だけど、妙~~~な渋さを持ちつつ、なおかつ可憐さも
持ち合わせているように思える♪

で、この時期(幼魚の季節)限定なんだけど、真栄田で潜った時は
ほぼ必ず撮っている!!

って、事はだ!
この時期はほとんどが真栄田で潜ってるんで、ほぼ毎回撮っているのだ(笑)

真栄田の「ツバメの根」と呼ばれてるとこの、壁際の海底には
この子達がいっぱいいる^^
で、ツバメの根の壁はボカすと、とってもキレイなトコがいっぱいだ!!
そんなトコで、この子達を見かけると、撮らずにはいられなくなる。

つまり好きなスズメなんだけど、成魚には見向きもしないし、
幼魚でもそれ単独では地味で、絵にしづらい。
で、いつも潜ってる真栄田には、この子達が映えるバックがいたるとこにある。

コレを一言で言うと
「地味に大好き」
となるのである(^0^)

淡いパステル・ニセモンツキ:ニセモンツキスズメダイ幼魚
a0155467_2129339.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

もう一丁

淡いパステル・ニセモンツキ その2
a0155467_2139960.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年6月14日 真栄田にて)

お次はこの翌週に撮った1枚♪

淡いパステル・ニセモンツキ その3
a0155467_21424549.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年6月22日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-07-13 21:45 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)

萌える&燃える スズメダイ

ご存じのとおり(?)、池ちゃんはスズメダイの幼魚が大好きだ!!

この季節になると、右を向いても左を向いても可愛いスズメダイの幼魚達が
目に飛び込んできて、楽しくってしょうがない(^0^)
ただ、意志を強く持ってエントリーしないと、
こっちで〇〇の幼魚に突き刺さって、そっちで××の幼魚にハマっちゃってと、
ちっとも前に進まなくなっちゃう(笑)

それはそれですっごく楽しいんだけど、ちょっとだけ深いとこにも
可愛い子達がいっぱいいるのは分かってる!
だから、最近真栄田に潜る時は、1本目はある程度目的を決めて
エントリーして、2本目は浅場を中心にスズメのお子ちゃま達と
遊ぶ事にしている。

ちなみに   
 6/8 1本目:82分、2本目:95分(真栄田)
 6/14 1本目:84分、2本目:119分(真栄田)
 6/21 1本目:98分、2本目:75分(ウニパラ)
 6/22 1本目:81分、2本目:111分(真栄田)
 6/28 1本目:74分、2本目:117分(真栄田)
 7/6 1本目:92分、2本目:103分(真栄田)

どうです、楽しんでるでしょ♪

で、今日の子は、真栄田で出会えるスズメの子の中で、
池ちゃんが一番『萌える&燃える』子の一つだ。

そこらじゅうにいるスズメダイでも、南の海の子達は
可愛い子が多いように思う^^
そんな子を、いいなって思ったバックやシチュエーションで撮るのも
楽しいし、やっぱり「動く」系のスズメ達と遊んでると、あっという間に
時間は過ぎ去っていく。

けど、レアってほど珍しくはないけれど、この子を見かけなった
ダイビングの方が多いなんて子と出会えた時は、そりゃぁテンションは上がる!!

そう、この子だ♪

オナガスズメダイ幼魚
a0155467_22362089.jpg
 
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年6月8日 真栄田にて)

パッと見、地味に見えるかもしれないけど、
なかなかどうして、キレイな子だと思う。
ただ今回はバックがそんなにキレイなトコじゃなかったんだよなぁ。。。

キレイなキレイなお気に入りのバックで撮れる日を夢見て(笑)

オナガスズメダイ幼魚その2
a0155467_22445470.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年6月8日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-07-10 22:46 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(4)

イメージと違うけど、マイブーム

それにしても、今回の台風8号!!!
明日7/8の朝9時の中心気圧の予報は910 hpaだって・・・。

池ちゃんも今日知ったんだけど、920 hpa未満ってこの沖縄でも
過去に2回しかないんだって(>_<)
店は明日の朝8時で臨時休業とすることにしたんだけど、
とにかく誰もケガとかしないよう祈るばかりだ。

あと、できれば停電してほしくないなぁ(笑)



さ、いつもの海のお話だ^^

真栄田には薄いオレンジ色のコケムシの仲間が、
い~~~っぱい落ちている(笑)

このコケムシをバックにして撮るのが、今の池ちゃんの
ちょっとしたマイブームなのだ^^

実は、恥ずかしながらコレを「コケムシ」と認識はしていなかったんだけど、
とにかくコレをバックにして、イメージ通りの絵を撮りたいと思ってる!!

「撮りたいと思ってる」・・・???

ここまで書いているのだから、今日のブログはコケムシをバックに
した写真だ。
それは間違いない!!

が、イメージの絵じゃないんだよなぁ(>_<)

そんなん、ブログにアップするなよなぁ!!

スミマセン、今日のところはこんなトコで勘弁して下さ~い(^0^)

花びらとナガサキ:ナガサキスズメダイ幼魚
a0155467_22533533.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年6月8日 真栄田にて)

アクビだ!!

花びらとナガサキ その2
a0155467_2362826.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年6月8日 真栄田にて)

自分で言うのも何なんだけど、悪くはナイと思う^^
でも、イメージと違うんだよなぁ。。。

花びらとナガサキ その3
a0155467_2383139.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年6月8日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-07-07 23:10 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(3)

ここだけの話

「またかよォ~」

と、言われそーな子の出番だ(汗)

この子は原則として1年中見られるんだけど、夏場と比べると
冬の間は圧倒的に数が少ない。
その上、冬はすぐに巣穴に引っ込んじゃう。。。

ただ、夏場の真栄田ではイヤでも目に入ってくる(笑)
やたら数も多いし、なかなか引っ込まない図太い子も目立つのだ。
そーなってくると、よっぽどいいシチュエーションでない限り、
正直興味はナイ・・・(?)

つまり、この子を池ちゃんがよく撮るのは、この子が目につきだす
この季節が中心なのだ^^

「またかよォ~」
とお思いでしょうが、季節モノと思っていただいて、
ご勘弁いただきたい♪

前述の通り、この子は季節モノでもないし、
実は季節に関係なく、いいシチュエーションだと勝手に思い込んで、
けっこうパシャパシャ撮っているのは、ここだけの話である(笑)

ほのぼのオキベニ:オキナワベニハゼ
a0155467_21372656.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/100秒・f8(14年6月8日 真栄田にて)

いつもの子をいつものように撮っている(笑)
でも、それが好きなのだからしょうがない^^

この子が向きを変えた!!

オキベニ
a0155467_21414636.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/100秒・f8(14年6月8日 真栄田にて)

バックはどちらかと言うと、2枚目みたいな感じの方が好きなのだが、
2枚目みたいな向きは、長くは続かなかった・・・。

1枚目の場所で、少し引いて^^

ほのぼのオキベニ その2
a0155467_2149728.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/100秒・f8(14年6月8日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-07-04 21:53 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)

水中で怖い生物

水中で怖い生物は?

ノンダイバーさんなら、「サメ」という答えが多そうだ。
だけど、多分ダイバーで「サメ」と答える人はほとんどいないんじゃないかな^^

サメに限らず、ダイバーの方から変なちょっかいを
出さない限り、向こうから襲ってくるケースは
ほとんどナイように思う。

そりゃ海の中にも危険とされている生物は少なくない。

オコゼやカサゴの仲間は、ヒレに毒を持っている!
たしか去年だったか、オニダルマオコゼを踏んでしまった沖縄のガイドさんが
亡くなってしまったという、何とも悲しい事故もある。
オニダルマオコゼなんかは、砂や岩に擬態していて、パッと見は
気付かない事もあるんで、手をついたりする場合は十分に注意しなければならない。

その他にもウミヘビやヒョウモンダコなんかも人を死に至らしめるだけの
猛毒をもっている。。。

個人的にはオニヒトデに刺された時が一番痛かった(>_<)
1週間かそこらは痛みが引かなかったような気がするし、
その傷跡は1年後もハッキリ残っていた!

が、池ちゃんが気付かずに、オニヒトデの上にヒザをついちゃった訳だし、
ウミヘビやヒョウモンダコもこちらから手を出さない限り、襲われる事はない!!

ダイバーに「水中で出会って、怖いと思う生物は?」と聞いたら
こう答える人が多そうな気がする。

『産卵期のゴマモンガラ』

産卵期のゴマモンガラは産卵したエリアを守る習性があって、
侵入者はダイバーであっても襲われる。。。

ウエットスーツの上から噛まれても流血したなんて話はよく聞くし、
耳たぶを噛みちぎられたなんて話も・・・。

ゴマモンガラのテリトリーがどこからどこまでなんて事は
知るハズもないし(笑)、襲われたら逃げるしかない。

ま、見かけたら近づかないのが一番だ^^
と、思っていた。。。

が、こんな光景に出会ってしまったのだ!!!

ゴマモンとクマノミ
a0155467_23384038.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f8(14年5月31日 砂辺にて)

コレを撮ったのは5/31なんだけど、実はまるっきり同じ光景を
この1週間前に5/24にも見ていた。
大小合わせて、7~8匹のクマノミがいるイソギンチャクのすぐ横に、
ゴマモンガラが横たわっていた!!
そう、まな板の上に置かれた魚みたいに横たわっていたのだ!!!

もうだいぶ弱っているのかなって思ったんだけど、それでもゴマモンが怖かったんで、
遠目から見ていたら、しばらくすると、普通に泳いで去っていったのだ。

で、次の週にまったく同じ光景に出くわしたのだ^^

おっかなびっくりばがらも、1.5mくらいまで近づいて
とりあえず撮ってみた♪

ゴマモンとチビクマ
a0155467_23515786.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f8(14年5月31日 砂辺にて)

距離があるんで、緑かぶりしてるね(笑)

もう少し勇気を出して近づいた!

猛獣の前の赤ちゃん
a0155467_23541723.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f9(14年5月31日 砂辺にて)

この時も、しばらくしたら普通に立ち上がって(?)泳いでいったんだけど、
アレは何だったんだろ???

by ikechannomp | 2014-07-02 00:04 | 沖縄 砂辺 | Comments(10)