季節外れの桜の蕾とクロスズメ

今日6月28日土曜日、今9時12分。
「人志松本のすべらない話」も気になるけど、今日の「世界ふしぎ発見」は
ケラマ諸島だ。もうしばらく行けてないけど、沖縄在住のダイバーとしては
やっぱケラマでしょ(^0^)

さ、話はいつものブログに戻そう♪

このクロスズメダイの成魚は、濃紺一色の比較的大型のスズメダイで
よっぽどじゃないと、こいつを撮るダイバーはいない。

池ちゃんは、沖縄でのダイビングが1000本に近づこうとしてるけど、
この子の成魚を撮ろうと思った事はナイ(笑)
また、他の方のブログなんかでもこいつの写真を見た記憶も
ほとんどナイかなぁ。

だけど幼魚はアクアリストなんかにも人気らしいし、
もちろんダイバーにも人気だ♪

去年撮った子だけど、

クロスズメダイ幼魚
a0155467_21355964.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f10(13年7月27日 真栄田にて)

砂辺なんかだと特にそうなんだけど、このくらいの幼魚だと
まずソフトコーラルにいる。
ちなみに池ちゃんとしては、この子の2~3cmっくらいの大きさの子が
最も美しいと思ってる!!
そう、可愛いではなくて美しいスズメダイだ♪

ただ、1cmくらいまでの小さな子、そう胴体がまだ透きとおってるくらいの
子はソフトコーラルではなくて、ハードコーラルの周りにいる!
で、そのハードコーラルの先っぽってのが、青だったり
水色っぽかったり、黄色だったり、

そしてピンクだったりするんだな(^0^)

チビクロスズメダイ
a0155467_21493770.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f10(14年5月31日 砂辺にて)

ハイ、いつものf2.8で^^

季節外れの桜の蕾とクロスズメ

a0155467_21533976.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年5月31日 砂辺にて)

最大開放ではナイけど、がっつり寄ってバックをボカして^^

季節外れの桜の蕾とクロスズメ その2
a0155467_2158475.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f4.5(14年5月31日 砂辺にて)

by ikechannomp | 2014-06-28 22:03 | 沖縄 砂辺 | Comments(6)

自分の心配は?

真栄田では定点観測って程ではないけど、定期的に
チェックしている被写体がある。

まずはコレをご覧いただこう♪

a0155467_18413584.jpg


去年の4月に撮ったんだけど、まぁ可愛いったらありゃしない!!
去年撮ったクマノミの仲間の写真じゃぁ、一番のお気に入りだ^^

って、この写真じゃ意味がナイ(笑)
同じ子を横から撮った1枚

a0155467_18491164.jpg


そうそう、この子は2本ラインのハマクマノミだった。
で、この時の大きさは3cmくらいだったかな^^
そして、イソギンチャクの大きさは、ざっくり言って
15cm×10cmくらいと、けして大きなイソギンチャクではナイ!


まぁ、1枚目みたいなのが撮れたのもあって、このイソギンチャクが
ある方面に行く時は、ここをチェックしていたのだ^^

で、体はこの時の倍くらい(6~7cm)になるまで、
ラインは2本あった。
小さなイソギンチャクに1匹だけで住んでいる2本ラインのハマクマノミは、
体は成魚に近いような大きさになっているのに、長いこと
2本ラインのままの子がいる。
そのパターンだ。

1匹しか住めないようなイソギンチャクに付いちゃって、
いつまでも幼魚の証みたいに2本のラインがあるハマクマノミを
池ちゃんは勝手に、

ピーターパン症候群ハマクマ

と呼んでいる(笑)

で、おとといの日曜に、久々にここのハマクマを撮ってみた♪

a0155467_197188.jpg


分かりづらい(?)かもしれないけど、ごくごく普通の
1本ラインのハマクマだ^^

見続けてきた池ちゃんとしては、普通に成魚になって良かったねって感じだ(^0^)

ただ、イソギンチャクの大きさはそのままだし、2匹が住める
スペースはナイように思える。。。

魚の本能である、「自分の子孫を残す」という行為はどうするのだろうか!?

勝手に心配になってるんで、しばらく定点観測は続けようと
思っている^^

ここからやっと、今日の本題だ!!

皆さんも、コレが前振りってビックリしただろう。
実は、池ちゃんもビックリしている(笑)

今日の本題の場所は砂辺だし、被写体もハマクマじゃなくて
クマノミだ^^

小さな小さなイソギンチャクに1匹だけ付いている
クマノミを、見た事はこれまで何回かある。

が、気付くとイソギンチャクごとなくなっているのだ。。。

イソギンチャクも夜に移動する事なんかもあるみたいだし、
もしかすると、熱帯魚屋なんかが・・・なんて事もあるのかもしれない。

10cm×10cmくらいの小さなイソギンチャクに付いていた♪

ぼっちのクマノミ幼魚
a0155467_19313976.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年5月24日 砂辺にて)

すっごく分かりづらいけど、ニセアカホシカクレエビが3匹も付いていた!!
少しだけ、エビが分かるように♪

ちいさくとも主
a0155467_19362266.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年5月24日 砂辺にて)

夏の間はほとんどが真栄田になるだろうけど、機会があれば
必ずこの子はチェックしてみたい!

果たして、イソギンチャクはそのままあるのか!?
イソギンチャクがあれば、クマノミは付いているのか!?
クマノミもそのまま付いて成長した場合、子孫はどうするのか!?

1枚目のタイトルに「ぼっちの~」と付けてみた。
が、生意気にもエビを3匹引き連れている!!

クマノミの心配をする前に
お前はどーなんだ!
自分の心配をしろ(笑)

by ikechannomp | 2014-06-24 19:50 | 沖縄 砂辺 | Comments(2)

意味不明な行動(笑)

前々回のブログにアップしたカクレクマノミの写真

a0155467_22255427.jpg


実はコレを撮った時なんだけど、ホントは青抜きを撮りたかったのだ。
でもこの時の砂辺は、すっごく透明度が悪くて、
思うような「青」が撮れなかった(>_<)
(透明度のせいにするな!お前の腕だろっていう声も・・・)

で、この日は青抜きのリベンジにでも行こうかなって思ってエントリー♪

砂辺でチョコチョコ潜ってる方は、このカクレクマノミの絵を見れば
どこの子だかはすぐ分かると思う。

そうチーズケーキ岩のトップだ^^

という事で、チーズケーキ岩に向かっていったんだけど、あと3mで
チーズケーキっていうとこで、この子に突き刺さっちゃった。。。

自分の行動のくせに意味不明にも程がある!!

この子はスペシャルに普通種だ(笑)

この子はそれこそどこにでもいる。
ここよりも浅いところ、深いところ、
バックだってもっとキレイなところ、どうしようもないバックのところ。。。
とにかく、いたるとこにいるのだ!

なぜ、チーズケーキ岩を目指してエントリーして、
あとちょっとのとこで、こんな子に突き刺さるのか意味が分からない(笑)

でも突き刺さっちゃったのは事実だ^^
今さらどうしようもナイのだ(笑)

ナガサキ幼魚:ナガサキスズメダイ幼魚
a0155467_22473910.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/200秒・f2.8(14年5月17日 砂辺にて)

ここまで読んでくれていたダイバーさんもビックリしたのではないか!!
まさか、ここでナガサキスズメの幼魚とはって(笑)

確かに1cmクラスの可愛い盛りだし、薄いピンクのポリプも
上手く使えれば、いい感じの絵にはなりそーだ♪

でも、バックなんざぁ選び放題選べる子なのだ!!

もっと、淡~い雰囲気を出したかった・・・

ナガサキ幼魚その2
a0155467_22562919.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年5月17日 砂辺にて)

狙いだけは伝わるかな・・・

淡~いナガサキ
a0155467_22582372.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年5月17日 砂辺にて)

by ikechannomp | 2014-06-21 23:04 | 沖縄 砂辺 | Comments(8)

オン・ザ・ホワイトバルーン

ミズタマサンゴに付く生物といったら、まず最初の思いつくのは
バブルコーラルシュリンプである!

今回のブログはいつにも増して、池ちゃんの独断と偏見に
満ちている事になるであろう(笑)

で、ミズタマサンゴだ。
最初に書いたとおり、池ちゃんがミズタマサンゴで見る生物と言ったら、
その名のとおりバブルコーラルシュリンプが一番多いように思う。
ミズタマサンゴ=バブルコーラルだから、バブルコーラルシュリンプを
そのまま和約すれば、ミズタマサンゴエビである(笑)

前々回のブログに書いたとおり、砂辺にはミズタマサンゴがとにかく
いっぱいある!!

砂辺のミズタマサンゴで、バブルコーラルシュリンプを見つける
確率っていうと、4割くらいかな・・・。
4割っていうと、5個のミズタマサンゴを見たら、2匹のバブルコーラルシュリンプを
見つけなければならないのか。。。

3~4割っていう事にしよう(笑)

バブルコーラルシュリンプ
a0155467_22335967.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年3月16日 真栄田にて)

3/16に撮って、5/4にブログアップした写真である。
そしてお次は、前々回のブログにアップした、通称オランウータンクラブだ。

クモガニ科の一種
a0155467_22394648.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年4月26日 砂辺にて)

このクモガニ科の一種は、バブルコーラルシュリンプよりは
少~~~しだけミズタマサンゴの周りで見かける確率は少ないように思う。

今回のブログはいつにも増して、
池ちゃんの独断と偏見に
満ちている事になるであろう(笑)


2~3割ってとこかな^^

で、ようやく今日の本番の子だ!!
この子をミズタマサンゴの周りで見かけるのは、1割にも満たない気がする!!!

今回のブログはいつにも増して、
池ちゃんの独断と偏見に
満ちている事になるであろう(笑)


ひょっとしたら、もっと高確率でいるのかもしれないけど、
ミズタマサンゴの一番の根元にこのエビさんがいて、ミズタマサンゴが
ふさふさ状態なら、まず見つけられない。。。
サンゴの周りにいてくれないと、いけないのだ!!

そして、池ちゃんはそこまで甲殻類が好きという訳ではないけれど、
このエビさんはかなり好きな部類なのだ^^

好きなエビさんを、1割にも満たない環境で見つければ、
そりゃだれだってテンション上がるでしょ^^

イソギンチャクモエビとミズタマサンゴ
a0155467_2257870.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年5月4日 砂辺にて)

2匹のペア撮りは早々に諦めて(笑)

イソギンチャクモエビとミズタマサンゴその2
a0155467_231741.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年5月4日 砂辺にて)

バックはミズタマサンゴだけで♪

オン・ザ・ホワイトバルーン
a0155467_2315550.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年5月4日 砂辺にて)

今回はミズタマサンゴだけのバックっていう1枚をイメージしてたんで、
最後の1枚はイメージとおりかな♪

ただ、今こうして最後の1枚を見てみると、
別にどーってことのナイ1枚のようにも見える・・・。

でも、イメージ通りの1枚っていうのは、意外とウレシイものなのだ(^0^)

by ikechannomp | 2014-06-18 23:13 | 沖縄 砂辺 | Comments(6)

カクレスイッチ

前回に引き続き、スイッチと言えば言えなくもないようなお話を・・・

何回もこのブログに出てきているように、池ちゃんは
クマノミ好きである(キッパリ!)。

ただ普段撮ってるのは、圧倒的に『ザ』クマノミの幼魚が多い。
たまにハマクマノミの幼魚も撮る。
もっとたまにハナビラクマノミも撮る。

カクレクマノミを撮るのはホントにたま~~~にだ(笑)

正確に言うと違うんだけど、カクレクマノミは、まぁ『ニモ』だから、
ダイバーには人気のクマノミだけど、なかなかカクレを可愛く
撮れないんだよなぁ(>_<)

前回のブログでもちょっとだけ触れたように、この日はずっとオランウータンクラブこと
クモガニ科の一種を撮っていた。

でも飽きてきた(笑)

で、ちょっとだけカクレでも撮ろうかなって気分に^^

最初はチビを狙っていた♪

チビカクレ:カクレクマノミ
a0155467_17553375.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f4.5(14年4月26日 砂辺にて)

やっぱし可愛く撮れないんで、可愛く撮るのをちょっと諦めて
違った雰囲気を狙って成魚にカメラを向けてみた!

あ゛~
a0155467_17592698.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f6.3(14年4月26日 砂辺にて)

そしたら、こんなんが撮れた!!

飛び出すニモ
a0155467_1812356.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f6.3(14年4月26日 砂辺にて)

で、次の週っていうかGWに、同じく砂辺なんだけど、
違うとこにカクレを撮ってみた。
そう、コレが最初に書いたスイッチと言えばスイッチ(笑)

年に何回も撮らないカクレなんだけど、連続で撮ったのは初めてかなぁ^^

言ってみればカクレスイッチだ(笑)

やっぱり人気者
a0155467_188775.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f4.5(14年5月4日 砂辺にて)

こんなイソギンチャクの色なら、やっぱしカワイイかも(^0^)

やっぱり人気者 その2
a0155467_18105645.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f4.5(14年5月4日 砂辺にて)

by ikechannomp | 2014-06-15 18:13 | 沖縄 砂辺 | Comments(2)

世にも珍しいスイッチ

今、このブログを書いているのは6月11日で、さすがにここまで
くれば、海は大好きなスズメダイの幼魚を含め、とにかく幼魚で
溢れかえっている!!
1年中ダイビングは楽しいんだけど、この幼魚爆発中の6・7・8月が
特に楽しくってしょうがない(^0^)

が、・・・

この日4月26日、大好きなスズメダイの幼魚が砂辺では
まだまだ少なかった(>_<)
今年は水温の上がり方が遅くて、幼魚の出も遅いようである。。。

こんな時は、特にアレを撮ろうとか目的を持たずに、
行き当たりばったりのエントリーとなる事が多い(笑)

で、だ。

たまたま、こんな子がこんなとこにいた!!

オランウータンクラブ:クモガニ科の一種
a0155467_21401217.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f6.3(14年4月26日 砂辺にて)

話は変わるが、以前どこかのブログか何かで、通称オランウータンクラブと
呼ばれていたカニさんは、「ミナミクモガニ」と名づけられたっていう
記事を読んだ。
現に、今年の5月のとあるダイビングショップさんの
ブログには、そう書いてある。

当然、池ちゃんはそう信じ込んでいたんだけど、今年の1月に
ドルフィンキックさんで潜った時に、一概にはそう言えないと
教えてもらった。。。

何せ、甲殻類に関する事でのドルさんの発言である!!

「ミナミクモガニ」でいいのになぁって思いつつも(笑)、
この子の名称のとこには、「クモガニ科の一種」としておこう。
ちなみに、ドルさんとこのブログもそうなっていたハズである。

で、話を4月26日のダイビングに戻そう^^

この通称オランウータンクラブを撮った段階で、スイッチが入った!!

世にも珍しい
「オランウータンクラブのスイッチオン」
である(笑)


こんなスイッチが入る人間も珍しいかもしれないけど、
入ったモノはしょうがない(笑)

まずはこの1枚目の子(1個体目)の開放バージョン

ほんわかオランウータン
a0155467_2212973.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年4月26日 砂辺にて)

で、ここ砂辺には「イヤ」って言うほどミズタマサンゴがある!!

通称オランウータンクラブ(あ~、めんどくさい)は、ミズタマサンゴの
周りによくいる^^
世にも珍しいスイッチが入ったって、ヘッチャラなのだ♪

オランウータン2個体目
a0155467_2253850.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年4月26日 砂辺にて)

オランウータン3個体目
a0155467_2265676.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年4月26日 砂辺にて)

さすがに飽きてきて、ちょこっとカクレクマノミに
浮気をしたけど、2本目にもちょっとだけ撮ってみた^^

オランウータン4個体目 桜バージョン
a0155467_2210339.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年4月26日 砂辺にて)

たまにこんなスイッチが入るのも悪くはない!!

「たまに」ならね(笑)

by ikechannomp | 2014-06-11 22:20 | 沖縄 砂辺 | Comments(6)

「ただいま~」「あら、ずいぶん早いのね」

我ながら贅沢だなぁって思わないでもない!

ヒレナガネジリンボウって、ダイバーにはけっこうな人気者のハズだ^^
でもなぁ・・・

見飽きているっていうか、撮り飽きている。。。

不思議なモンでクマノミはいっくら撮っても飽きない!
思うに被写体自体の魅力を切り取るよりも、バックと被写体との
『妙』というか、よく分かんないけど、そんな感じで撮るのが
池ちゃんは好きなようだ^^

クマノミはイソギンチャクなんかで遊べるモンねぇ♪

でも、今日はヒレナガネジリンボウだ(笑)

ハゼ自体は美しい!
でも、こういう共生ハゼはバックの工夫が難しい(>_<)
バックは基本、砂だ(笑)

池ちゃんとしては、バックをボカすくらいしか思いつかない。。。

結局いっつもの開放である(笑)

とりあえずそんな1枚^^

ヒレネジ開放バージョン:ヒレナガネジロンボウ
a0155467_21592231.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年4月13日 真栄田にて)

でも正直、コレくらいの写真なら
コレまでも何枚も撮ってきた。。。

今回ボツにしないで、ブログアップしたのはこの2枚目のおかげ^^
ど開放のf2.8でこの瞬間のこの2匹のピントは
ある意味奇跡と言ってもいいかもしれない♪

「ただいま~」「あら、ずいぶん早いのね」
a0155467_229320.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年4月13日 真栄田にて)

by ikechannomp | 2014-06-08 22:11 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(8)

裏の裏は・・・

今日の子は、失礼ながらお名前は存じ上げないけど、毎回のように
海でご挨拶やちょっとした世間話をさせてもらっている、ご夫婦のダイバーさんに
居場所を教えてもらった子である。

場所を教えていただいた時は、正直うれしかった。
しばらくこの子を撮ってなかったもんなぁ~♪

黒い叫び:ハナヒゲウツボ幼魚
a0155467_22234292.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(14年4月13日 真栄田にて)

黒い顔に黒い目なので、何の工夫もナシに撮ると、
目が黒くつぶれちゃう。。。
で、この1枚目みたいに正面方向から、眼球のふくらみにピントを合わせる撮り方をする訳だ^^
この撮り方がこのハナヒゲ幼魚を撮る場合、一番オーソドックスな撮り方のような気がする。

この撮り方は、この子を撮る時には池ちゃんも必ずやってきたし、
他の方のブログなんかでもけっこう見ている。

人様と違った写真を撮りたい!

その気持ちが特に強い訳ではナイ。
多くの方が撮っている撮り方っていうのは、その被写体の一番魅力的な撮り方
である事も多いと思う。

でもやっぱり見た事のある写真ばっかっていうのもなぁ・・・。

 ・魚は横から「目」にピントを合わせて撮る

一応、コレが基本と言うか、オーソドックスな撮り方だ。

 ・ハナヒゲ幼魚は正面から撮る方法がオーソドックス
             ↓
 ・人様と少しでも違った写真を撮りたい
             ↓
 ・結局、ハナヒゲを横から撮ってみた!!

裏の裏は表だという事だ(笑)

ハナヒゲ幼魚
a0155467_231276.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(14年4月13日 真栄田にて)

1枚目と2枚目の『あいだ』をとったような1枚(笑)

黒い叫びその2
a0155467_2342374.jpg



             

by ikechannomp | 2014-06-04 23:06 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(12)

テンション上がったのに・・・

魚の習性のなかには、けっこうオモシロいモンがあるよね^^

2012年の11月には、ヘラヤガラとギチベラの共生の写真
ブログアップしたんだけど、それからもそういったシーンを何回かは
見てきた。
ただ毎回ギチベラとの共生ばっかだったんで、写真は気が向けば
撮るけど、ブログにはボツにしていた(笑)

今回は、何となく黄色いヘラヤガラが目に入ったんで、しばらく
目で追っていたら、す~~~っとヘラヤガラが
この魚に寄って行ったのを目撃!!

ヘラヤガラ&ヒフキアイゴ
a0155467_21333112.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f7.1(14年4月13日 真栄田にて)

恥ずかしながら(?)ギチベラ以外の魚とのコラボは初見だったんで、
こっちのテンションはアッ~~~プ(^0^)

ヘラヤガラ&ヒフキアイゴその2
a0155467_21513676.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f7.1(14年4月13日 真栄田にて)

ずっと見てたんだけど、20分以上は2匹一緒だった!!
ただ、20分以上見ていた割にはロクな写真が撮れていない(汗)
ヒフキアイゴとのコラボが初見で、ウレシクなったハズなのに、
ヒフキアイゴがまともに写ってる絵が1枚もナイ。。。

黄色いコラボ
a0155467_21554822.jpg

Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f7.1(14年4月13日 真栄田にて)

でも、ホントにテンション上がったんだよォ~~~(笑)

by ikechannomp | 2014-06-01 21:59 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(10)