カテゴリ:沖縄 砂辺( 217 )

「忖度してくれ~」 ~キオネミクティス・ルメンガニィ~ 

さてと、砂辺の2本目である。
さすがにアオギハゼやらチゴベニハゼでタンク1本は
費やせない。。。
 (ブログにはアップしてないけど、ピンク色の枕みたいな
   チゴベニハゼも撮ってはいたのだ^^)

ちょいと砂地まで降りていって、色々と物色は
していたんだけど、コレっていういう被写体は見つけられない。。。

そんな時、とあるダイバーさんが池ちゃんを手招き
してくれているではないか!!

そんでもって、その手招きにしたがって泳いでいって、
その指指す方を見ると、

キオネミクティス・ルメンガニィではないかぁ!!!

ウソである(>_<)
そんな名前を覚えてる程、賢くもない(笑)

名前の難しい糸くずじゃないかぁ!!!

水中では、正直こう思った^^
水中で「キオネミクティス・ルメンガニィ」なんていう
名前がすっと出る程、この子を見てはいない。。。

フィコカリスシムランスとは違うのだ(笑)

さすがにシムランスくらいになると、学名であっても
覚えられるちゅうもんだ^^

とりあえずだ♪

キオネミクティス・ルメンガニィ
a0155467_22502722.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(17年2月4日 砂辺にて)

さすがに、この子と真剣に対峙するのは2回目である。
意外とこのヨウジウオの仲間は1か所にじっとしてないで、
移動する事が多い被写体だって事は知っている^^

優しいバックを求めて待っていると・・・

優しい糸くず
a0155467_22554024.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(17年2月4日 砂辺にて)

でも、こういったタイプの子がライトの灯りを
嫌う事はすっかり忘れていて、この子と対峙してる時は
ほとんどライトを点けていた。。。

せっかくのピンクいバックなのに、ちょいとあっちを
向いている。。。

ピンクい糸くず
a0155467_22593163.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(17年2月4日 砂辺にて)

どっかの官僚さんじゃないけど、
このルメンガニィ君も、池ちゃんに「忖度」して、
しっかり横顔を見せてくれてたらいいのに(笑)

今話題の「忖度」っていう言葉が使いたがっていた
だけじゃん(笑)










by ikechannomp | 2017-03-30 06:20 | 沖縄 砂辺 | Comments(6)

「撮る気スイッチ」 ~アオギハゼ~

この日は砂辺♪
1本目はどーにもこーにもお手上げだった(笑)

撮りたいなぁって思う被写体が、ま~~~~~~~~~ったく
見つけられないでいた。

77分潜っていたんだけど、撮ったのはイソギンチャクエビと
アオギハゼだけだった(>_<)

イソギンチャクエビは、もうやる気のカケラも
感じられない代物。。。
だって、その子に魅力を感じてないんだもん・・・。

つくづく写真って、不思議だなぁって思うんだけど、
ピントとか露出とか、まぁ細かいコトはあるけれど、
とりあえずシャッターを切れば、ファインダーに見えている
モノは画像となる。

ところがだ!

不思議な事に、その画像に撮り手の「やる気」とか「愛情」
みたいな訳の分からんモンが、伝わってくる時もある!!

ま、ただの気のせいかもしれないけどね(笑)

で、2本目だ。
1本目にちょこっと撮ったアオギハゼで、「撮る気スイッチ」
入った(^0^)

多分、真剣にアオギに向かうのは、2~3年ぶりの
ような気がする。

以前は困った時のアオギハゼみたいな感じで、
被写体に困ったら撮っていた(笑)
ただここ2~3年は、それすらしなかった!!

アオギに手を出すようじゃ、

おしまいでしょ(笑)

別におしまいでも何でもないハズなんだけど、勝手に
そう思ってた。

アオギハゼ
a0155467_18470400.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f8(17年2月4日 砂辺にて)

暗がりを好むアオギハゼは、ライトの灯りから
すぅ~っと逃げていく。
キレイなバックのトコに来るのを待ってシャッターを切る。

楽しい(^0^)

元々キレイなハゼなのだ!!

華やかなアオギ
a0155467_18522309.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f8(17年2月4日 砂辺にて)

次、アオギに対して「撮る気スイッチ」が入るのは、
果たして何年後になるのかなぁ(笑)







by ikechannomp | 2017-03-27 19:00 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

「安~~~いレアもの」 ~オイランヨウジ~

今日のオイランヨウジは「池ちゃんの中では」
レアものである!!

あくまでも「池ちゃんの中では」だからね(笑)

ま、「池ちゃんの中では」という条件付きだけど、
多分今までで見たのは、1500本以上潜ってきて
10回あるかどうかっていう感じである。

「レアもの」と言ってもバチは当たらないような気がする^^

ただ、他の方のブログやらFBなんかではたまに見ている
気がするんで、「安~~~いレアもの」っていう感じもしなくはない(笑)

ただそれでも10回近くは見てきているハズなのに、
このブログでは初登場である!!

「何故か?」って、答えは簡単♪

今までちゃんと撮れた事がなかったのだ(笑)

オイランヨウジは比較的浅場の岩穴の中で見掛ける。
穴の中の魚って、基本ライトの光を嫌う。。。
ライトを点けると、すぅ~っと穴の奥に逃げていく。
狭い岩穴の奥だったりすると、どうにも動きがとれなくなる。
 「また今度」
っていう事になるのだ(笑)

ただ今回の子は、逃げていかなかった^^
最初はライトを点けずに頑張ってたんだけど、途中からは
ライトを点けてもほとんど逃げなかった♪

オイランヨウジ
a0155467_15415870.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(17年1月28日 砂辺にて)

この手のヨウジウオの仲間は、やっぱ尾ビレを入れ込みたい^^
ちなみに尾ビレが開いていないと。。。

a0155467_15473255.jpg
ただの「棒」である(笑)

ペアでいたんで、こんなズルイ写真を撮ってみた♪

オイランヨウジの「目」と尾ビレ
a0155467_15505041.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(17年1月28日 砂辺にて)

池ちゃんと言えば、やっぱf2.8でしょ♪

オイランヨウジ開放バージョン
a0155467_15522482.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(17年1月28日 砂辺にて)

う~ん、我ながらチャレンジャーである^^

で、このオイランヨウジって、「コレ」に似ていない!?

塗り箸
a0155467_15552300.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f8(17年1月28日 砂辺にて)







by ikechannomp | 2017-03-12 16:26 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

いつもの子だけど

さて、ちょっとだけ振り返ってほしい。

1/22のドルさんトコでは、バイオレットボクサーシュリンプ
始まって、ナカモトイロワケハゼ青のハナヒゲウツボ
黄色のハナヒゲと来て、最後に芸達者なジョーフィッシュ
フィニッシュとなった訳なんだけど、

コレがビーチダイブ2本の成果だっていうのも

スゴイよね(^0^)

一昔前なら、全部が全部スーパースターと言っても過言では
ないような気がする♪

ところがだ!!

1/28、つまり今年の池ちゃんの初セルフとなると
こうはいかない(笑)

1本目は、クアマノミの幼魚とカクレクマノミしか
撮らなかったように記憶している。

でも、コレが池ちゃんのセルフダイビングなのだ^^

だってショップダイビングでこういう撮影スタイルって、
まぁ出来ないよね♪

極々ありふれているけど、大好きなクマノミの撮影に
タンク1本を捧げるダイビング。
人様は何と思うか分からないけど、
とにかくそれが楽しいんだも~ん(^0^)

クマノミ幼魚
a0155467_22513341.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(17年1月28日 砂辺にて)

こうやって見ると幼魚っぽくないけど、ちょっと
引くと♪

キーン
a0155467_22563583.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(17年1月28日 砂辺にて)

この胸ビレと腹ビレの角度は簡単にやぁ撮れないよ(笑)
って、コレもマグレなんだけどね^^

で、この後でカクレに♪

青抜き、センジュイソギンチャクの色合いと
そのボケ具合に、全体的な構図。

何気ないけど、まぁまぁお気に入りだ♪

ザ・カクレ:カクレクマノミ
a0155467_23002077.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(17年1月28日 砂辺にて)

まぁピントがチト怪しいのが、やっぱ池ちゃんなんだけど、
こういういつもの子の撮影も楽しいのだ(^0^)













by ikechannomp | 2017-03-09 00:11 | 沖縄 砂辺 | Comments(6)

強い味方!? ~ミヤコキセンスズメダイ幼魚~

このブログをいつも見てくれてる方は、
「しつけーな」って思うかもしれないけど(笑)、
池ちゃんはスズメダイの幼魚が好き♪

そーいった意味でも、この時期の砂辺は困っちゃう(>_<)

ま、1年を通して産卵をするクマノミの仲間なら、
この時期の砂辺でも運が良ければ会える!!

でもやっぱ夏場なんかと比べると、その数はうんと少なくて、
色んなイソギンチャクを見て回っても、チビはいない事の方が多い。。。

ただ、そんな12月の砂辺の強い味方が、
今日のミヤコキセンスズメダイ^^

毎年この時期でも、1.5cm~2cmくらいの幼魚に会える♪

ただ~~~し、

ご存じのように、居る場所は浅い。。。
砂辺だと、だいたい水深1mってトコだ・・・。

おもいっきし潮の影響を受ける。
撮影には覚悟がいるのだ(笑)
ちょっとでもうねってるようだと、まず撮影は不可能。

この日は穏やかな海だったし、被写体にも困ってたんで(笑)、
ミヤコキセンにチャレンジ!!

とーぜんの様に、f2.8で挑む池ちゃん^^

ミヤコキセンスズメダイ幼魚
a0155467_19321236.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年12月18日 砂辺にて)

バックに少しでもピンクが入ってる感じで
撮りたかったんだけど、ヒレの開きがもう一つだし、
肝心のピントも怪しいモンだ。。。

お次は♪

浅場の可愛い子ちゃん
a0155467_19364920.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年12月18日 砂辺にて)

ヒレとピントはまずまずなんだけど、バックがなぁ。。。

12月の砂辺の強い味方のハズなんだけど、

撮影は簡単ではナイ(>_<)






by ikechannomp | 2017-02-01 19:42 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

ハンパない無理やり感

12月の砂辺での撮影。

ネタに困る時も多々ある(>_<)

撮りたいなっていう被写体を探して、時間とエアばっか
消費していく時の焦燥感ったら(笑)

趣味で潜ってるんだし、しかも一人で潜ってるんだから、
焦る必要なんかナイんじゃない?
っていう人もいるかもしれない。

そのとーりなんだけどね。。。

考えてもみたまえ!
12月の寒空に、一人ででっかいカメラを持って
冷たい海に入るのだ。。。

1枚でもお気に入りが撮りたいじゃないか!
たとえお気に入りが撮れなくとも、せめて楽しく
被写体と対峙したいじゃないか!!

でも見つけられない(>_<)

ま、そんな時もある♪

この日は無理やりテーマを見つけての撮影だった(笑)

あれ、ミズタマサンゴのすぐ下にコジカイソハゼだ。
どっちもゴロゴロ転がってるような被写体だ^^

裸電球の下で:コジカイソハゼ
a0155467_18593358.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年12月18日 砂辺にて)

コレを撮って、ちょういと閃いた^^
ミズタマサンゴを電球に見立てて♪

LED白色電球に乗って:イソギンチャクモエビ
a0155467_19034723.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/80秒・f2.8(16年12月18日 砂辺にて)

ラストはあったかい感じで♪

オレンジ電球に:バブルコーラルシュリンプ
a0155467_19083095.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年12月18日 砂辺にて)

どーです、このハンパない

無理やり感(笑)







by ikechannomp | 2017-01-30 19:13 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

普通のイソギンチャクで ~クマノミ幼魚~

去年もずいぶんクマノミの写真を撮った。
でも8月以降は、そのほとんどがイソギンチャクの白化が
メインと言うか、とにかく白化と絡めての写真ばっかだった
ように思う。

もう何回か書いてるけど、イソギンチャクは白化では
死なないと聞いてるし、何といってもイソギンチャクの
白化はキレイだ!!
だからついつい白化と絡めて撮っちゃう^^

池ちゃんがホームグラウンドにしている真栄田岬なんざぁ、
白化していないイソギンチャクを探すのに苦労する感じだった。。。

ところがだ!!

10/1に入った砂辺では、ほとんどのイソギンチャクが
白化していなかった^^
10/1の水温は29℃。
自分じゃ入ってないけど、8月後半とか9月なんかは
30℃くらいはあったんじゃないかなって思える。
いずれにしても白化していても不思議ではない水温だ。。。

水温が比較的高いと思われる浅場(7~8m)でも全然白化
してなかった(^0^)
真栄田なんかじゃ、-29mのイソギンチャクは白化してたのにね。。。

イソギンチャクの種類?

確かに白化に強い種類もあるのかもしれない。
でも、同じタマイタダキイソギンチャクでも、真栄田のは
真っ白だったのに、砂辺の-12mのそれは全然白くなってなかった!!

なぜ砂辺のイソギンチャクは白化しなくて、真栄田の
それは白くなるのか???

ぜ~~~んぜん分かんない(笑)

全然分かんないけど、イソギンチャクが白化するのは
水温だけの影響っていう事ではなさそうーだね^^

ま、10/1にも砂辺でクマノミは撮ったんだけど、
あっぱれ全部ボツ(笑)

だけど、11/12の砂辺じゃ、こんな可愛い子を見つけた♪

チビクマ:クマノミ幼魚
a0155467_18271140.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年11月12日 砂辺にて)

大きさ7~8mmの一番可愛い盛りの子だ^^

おっ~~~と、普通の砂抜きだ(笑)

砂抜きチビクマ
a0155467_18311705.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年11月12日 砂辺にて)

美しくも悲しいイソギンチャクの白化と絡めての
撮影も、もちろんいいんだけど、何かこういう普通の
シチュエーションでの撮影も楽しいなぁ(^0^)

おすましチビクマ
a0155467_18364905.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年11月12日 砂辺にて)











by ikechannomp | 2017-01-05 19:00 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

オドリハゼあるある

このオドリハゼって大好きなハゼだ^^
見つけたら100%と言っていいほどカメラを向けてる。

って、見掛けるのは年に2~3回しかないんだけどね(笑)

真栄田で、すっごく寄れるオドリがチョコチョコ
出てるらしいんだけど、出てるっていう情報しかなくて、
自分で見つけた事はない。。。

その分という訳じゃないんだけど、毎年砂辺では
だいたい2個体は見つけてる^^

それも砂辺NO.1とNO.2っていうポイントで
毎年1匹ずつ見掛けるのが、ここんとこの通例だ^^

1回見つけちゃえば、運が良ければ何回かは会える。

ただよく分かんないんだけど、1ヶ月くらいでいなくなる。。。

ホント、この「1ヶ月」がどのくらい正しいのか
分かんないだけど、とにかく一定期間で必ずいなくなる。
で、砂辺ってどんな季節でも毎週潜るっていう感じではない。
多くても月に2~3回だ。
だからオドリが出たばっかの時に、出会えれば
あと1回くらいは会えるのだ!!

池ちゃん的オドリハゼあるあるだ(^0^)

ま、今回この子との出会いは1回だけだったけど、
けっこう寄れる子だった^^

まずはいつもの開放から♪

オドリの開放
a0155467_19523459.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年10月1日 砂辺にて)

この写真を見てると、自分で言うのも何なんだけど、

開放で撮る意味が分かんない(笑)

正面方向から♪

オドリハゼの正面バージョン
a0155467_19572008.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f10(16年10月1日 砂辺にて)

どーでもいいけど、全然寄れてる感がないね(>_<)

って事で♪

いつも一緒
a0155467_19590552.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f10(16年10月1日 砂辺にて)

エビさんに押し出されて、オドリも全身出てるし、
働きモンのエビさんも全身出てる!!

オドリとエビさんの位置がお気に入り(^0^)








by ikechannomp | 2016-12-08 20:12 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

精一杯 ~ソラスズメダイ~

今日の被写体はソラスズメダイ・・・。

池ちゃんがダイビングを始めた海は、千葉の内房だった。
その千葉の海にもいたソラスズメダイ。

池ちゃんがスズメダイ好きだとしても、あまりにも
身近すぎてるせいか、まともにカメラを向けたのは、
今回で2回目だ。

1回目も、そう遠い話ではない。
2.5cmくらいとそこそこの大きさなのに、体が透き通ってる
個体を見つけたんで、喜んでカメラを向けたのが去年の6月だった^^

そう、20年ダイビングをしていて、初めてソラスズメを
撮ったのが去年だったのだ(笑)

その時の1枚♪

a0155467_18094571.jpg

そんだけスルーし続けてきたソラスズメだけど、
何故かちゃんと撮ろうと思ったのだ!!

今回の子は透き通ってもいない、ごくごく普通の
3cmくらいのソラスズメ!!

そんなちょー普通のソラスズメを、何故か分からんけど

一生懸命撮っていた^^

何をもって、ただの写真なのか、それとも作品
呼べるのかは分からない。
分からないなりにというか、分からないくせにというか

とにかく作品を撮るぞー!!

っていう意識でファインダーを
覗き込んでたのを覚えてる。

まずは開放からだ♪

ソラスズメダイ開放バージョン
a0155467_18170381.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年10月1日 砂辺にて)

正面方向から♪

ソラスズメダイ正面バージョン
a0155467_18204312.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年10月1日 砂辺にて)

う~ん、目つきの悪さは健在だ(笑)

ちょっと絞ってみた♪

正々堂々ソラスズメダイ
a0155467_18224254.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f10(16年10月1日 砂辺にて)

ホント、作品かどうかは別として、精一杯撮ったみたのだ^^

精一杯ソラスズメ
a0155467_18251247.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年10月1日 砂辺にて)

1枚1枚はたいした事ないようだけど、4枚集まると
そうまんざらでもないような気がする(^0^)

あっ、やっぱ思いすごしか!?





by ikechannomp | 2016-12-05 18:41 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)

どーでもいい事 ~フタスジタマガシラ幼魚~

水中写真のプロならばその作品で勝負する。

当たり前の事かもしれないけど、とってもスゴイ事だと思ってる!!

その点池ちゃんは逃げも隠れもしない、
ただのシロートだ(笑)

だから、写真の出来以外の事をウダウダとこのブログに書いている。
 「思いもかけず、こんなトコで出会えた!」
 「久しぶりこの子と会えてうれしかった!!」等など
このブログの文章が無駄に長くなる理由の一つだ(笑)

写真を作品として見るのなら、

そんな事はどーでもいい事かもしれない。

でもシロートとしては、撮っている過程のうれしさとかも
何か残しておきたいっていうか、誰かに分かってもらいたいんだよねぇ^^

っていう事で、今日もどーでもいい事を♪

まずはこちらを

フタスジタマガシラ幼魚
a0155467_17043591.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年7月31日 砂辺にて)

背ビレをピョコピョコ開いたり閉じたりしながら泳ぐ様が
可愛くて、けっこう好きな子だ^^

動きのある1枚も♪

ひらりフタスジ
a0155467_17151290.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f2.8(16年7月31日 砂辺にて)

今シーズン初見だったのもあって、けっこう時間もかけたし
まずまずのが撮れたと思ってた^^

ただ、砂辺のガイドロープの先端付近で撮ったと言えば、
分かる人には分かると思うけど、背景はいかんともし難いトコだ。。。

この辺も、見てる人にはどーでもいい事っていうか、
ただの言い訳だね(笑)

で、この翌週^^
同じく砂辺の、もそっと深いトコでまた出会えた♪

フタスジタマガシラ幼魚その2
a0155467_17214679.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/125秒・f2.8(16年8月6日 砂辺にて)

で、この子なんだけど、
1枚だけこんなバックで撮れたぁ!!!

グリーンスポットとフタスジタマガシラ
a0155467_17250338.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/100秒・f2.8(16年8月6日 砂辺にて)

あのね、見てる方にはどーでもいい事なんだろうけど、
砂辺でこのバックでフタスジが撮れた事がウレシイんだよなぁ(^0^)

ね、どーでもいい事でしょ(笑)






by ikechannomp | 2016-11-02 17:35 | 沖縄 砂辺 | Comments(4)