「白花」シリーズ もはや『奇跡』!? ~キツネウオ幼魚~

ようやくこの『白花』シリーズもラストの第4弾まで
やってきた。

「皆さん飽きてませんかぁ?」

と言いながら、書いてるこっちが飽きてきた(笑)

ただ、この出会いには正直

びっくらこいた!!


このキツネウオの幼魚と、このシチュエーションで
出会えるとは、まったく考えた事もなかったのである。

キツネウオの幼魚はどっちかって言うと、真栄田でより
砂辺の砂地で出会う事の方が多い。
で、海底から10cmくらいの高さのトコを泳いでいる。

こう書くと、分かる人には分かってもらえると思うが、
このキツネウオの幼魚をステキな背景で撮るのは、
まぁ困難なのである。

っていうか、この子に背景を求めたりはしないのだ(笑)

ただし、被写体自体はけっこうキレイだと思ってる。
だから、そのシーズンで最初に出会ったキツネウオの幼魚は
カメラを向ける事が多い♪

そんなキツネとの、思わぬトコでの出会い(^0^)

キツネウオ幼魚

a0155467_00360676.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f6.3(17年7月22日 真栄田にて)

このヤギって、ほぼ垂直に切り立っている壁の、
海底から2mくらいのトコにあるのだ。

今まで海底から10cmくらいトコでしか見た事がないのに、
海底から2mのトコだよォ~!!!

ホントにまさかこんなトコで会えるとは思いもしなかった♪

ただ、この出会いが『奇跡的』なものかどうか分からないし、
何より『奇跡』なんていう言葉を軽々に使いたくはナイ!!

でもねぇ、この子との出会いはやっぱり瞬間的というか、
シャッターを3枚切ったトコで、壁にそって下の方へ
泳いでいったのだ。。。

『奇跡的な出会い』という言葉を使わないとしたら、
やはり水中写真の世界でよく使われる

『一期一会』な出会いなのであろう^^

ただ~~~し、

シャッターを3枚しか切っていないのに、
これだけシャッターチャンスに弱い池ちゃんが、
2枚もブログアップできるのは、

もはや『奇跡』

と言っても過言ではないかもしれぬ(笑)

白花とキツネ

a0155467_00504717.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/60秒・f6.3(17年7月22日 真栄田にて)




by ikechannomp | 2017-09-05 01:01 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(6)