相変わらずだ ~ハマクマノミ幼魚~

今回も一応、白化と言えば白化なのだが、今日の
イソギンチャクは完全に脇役だ!

って言うか、正直イソギンチャクはどーでもいいって
いう感じだ(笑)

今回の主役は完全にハマクマの幼魚だ♪

ってハマクマの幼魚なんざぁ、このブログではチョー
常連様だ(笑)
多分もう何十回って出てるハズ^^

でも、今回の状況はチト、レアだ!!
イヤ、ホントはチョーレアなハズだったのだ!!

7月末くらいに、その存在は、いっつもすっごくお世話になっている
ariyaさんから聞いていた。
またこのブログにもよくコメントをしてくれる潜りたおしさんのブログ
拝見もしていた^^

そう、何と一つのイソギンチャクにハマクマの幼魚だけが3匹。
しかも、それぞれが1本ライン、2本ライン、3本ラインの幼魚
だっていうから、こりゃスゴイ!!

成魚はいなかったとの事だから、何かの原因でたまたま
成魚がいなくなったイソギンチャクに、ホントにたまたま
1本ライン、2本ライン、3本ラインの子が流れ着いたんだろう
なって想像できる。

ものすっごい「たまたま」だ!!

だが、そこは池ちゃん♪
池ちゃんがそんなスゴイ状況に出会えるとは思えない(笑)

そう、池ちゃんがそれを見た時は、こんな状況だった。

2匹の2本ライン:ハマクマノミ幼魚
a0155467_19280536.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f7.1(16年9月17日 真栄田にて)

潜りたおしさんのブログと見比べてみると、1本ラインだった一番の
チビがいなくなっていたようだ。
んで、3本ラインの一番デカかった子が2本ラインに成長していた♪

相変わらずの引きの弱さだ(笑)

でも、2本ラインの2匹だけって、実はチト珍しいのだ!!

2本ラインのシンクロ!?
a0155467_19333330.jpg
Canon EOS 50D   レンズ EF100mmIS
1/250秒・f7.1(16年9月17日 真栄田にて)









by ikechannomp | 2016-11-26 00:03 | 沖縄 真栄田岬 | Comments(2)

Commented by ariya-photo at 2016-11-26 12:18
二匹になってたんですか?
ありゃ〜〜〜

この場所、岩の隙間が深いのでイソギンが引っ込むと撮りにくいのに
ハマクマノミの表情がよく出て良いですね。
このイソギンも復活できそうですか?
真っ白だったけど.....
Commented by ikechannomp at 2016-11-27 10:09
ハイ、2匹になってました。。。

真栄田では、その他のイソギンチャクも白いまんまです!
イソギンチャクは白化では死なないと聞いてるんで、
そう願いたいですね^^